名古屋からの沖縄移住

« お使いは楽しいな | メイン | お手伝い »

30.01.08

浜で

昼間は島をぐるッと廻ろうと、ドライブに出掛けることに。
朝からテレビを見てダラッとしている息子に声を掛けると
「オレ 行きたくない。それつまんないもん」という。

じゃあ一日中ダレダレとテレビ見てDSやってるつもりなのかと 軽くイラッときたが 
なるべくなら怒鳴らずに過ごしたい・・

「あ~ちゃん うみにいきたい」 というリクエストもあり タオルと着替えと足洗いにペットボトルに水を入れて 昨日の冷や飯を、ツナ入りケチャップライスにして大タッパーに入れ、サランラップも、さんぴん茶も、ぐずる息子も、車に積んだ。

洗濯物も屋上に干したし、バイトちゃんと子供達でイザ出発っで山道を下っていくうちに 

なあぁあああにいぃぃぃぃっっ!!!
雨が降ってきたがねーっ!となる。

帰ろうとしたが それも悔しいのでそのままドライブを続けたったら、
なんと晴れ間が出て、海に着く頃にはカンカン照りの海遊び日よりになってくれた。
よかった。帰らなくて。
 
人っ子ひとりいない静かな浜で、子供たちはおパンツさんになる。
まさか 海水浴しないだろうとタカをくくっていたので 名古屋から水着を持ってこなかったのだ。
こんなにカンカンな日があるなら、やはり持って来るべきだったか。

浜には日本のゴミじゃないものも色々落ちていた。
これらは対岸のアジアのゴミだ。
怪しい漢字の書かれたジップロックの束が落ちていた。

バイトちゃんはそれを吸殻入れにし 
もうひとつには私の拾った貝殻を入れてくれた。

 子供たちは流れ着いた船の浮きのロープを引きずりまわして遊び、アタシとバイトちゃんは
 アダンの木の日陰に腰をおろし 一緒に青い空と海と子供達を眺めた。

 発泡スチロールをテーブルにして、ラップでケチャップライスをおにぎりにして食べた。
 
 美味かった。
 
 

 ささやかな出来事に心を向けると

 今が いかに愛しいかが分かる

 ささやかな今に 幸せを感じられないのは

 忙しすぎるからだ 
 
 幸せを感じるヒマもない程

 みんな 忙しすぎるからだ


%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%82%82%E6%9A%AE%E3%82%8C%E3%81%9F.JPG


投稿者 名古屋おんな : 30.01.08 23:22

コメント

コメントしてください




保存しますか?