名古屋からの沖縄移住

« Dicembre 2007 | メイン | Febbraio 2008 »

30.01.08

昼間は島をぐるッと廻ろうと、ドライブに出掛けることに。
朝からテレビを見てダラッとしている息子に声を掛けると
「オレ 行きたくない。それつまんないもん」という。

じゃあ一日中ダレダレとテレビ見てDSやってるつもりなのかと 軽くイラッときたが 
なるべくなら怒鳴らずに過ごしたい・・

「あ~ちゃん うみにいきたい」 というリクエストもあり タオルと着替えと足洗いにペットボトルに水を入れて 昨日の冷や飯を、ツナ入りケチャップライスにして大タッパーに入れ、サランラップも、さんぴん茶も、ぐずる息子も、車に積んだ。

洗濯物も屋上に干したし、バイトちゃんと子供達でイザ出発っで山道を下っていくうちに 

なあぁあああにいぃぃぃぃっっ!!!
雨が降ってきたがねーっ!となる。

帰ろうとしたが それも悔しいのでそのままドライブを続けたったら、
なんと晴れ間が出て、海に着く頃にはカンカン照りの海遊び日よりになってくれた。
よかった。帰らなくて。
 
人っ子ひとりいない静かな浜で、子供たちはおパンツさんになる。
まさか 海水浴しないだろうとタカをくくっていたので 名古屋から水着を持ってこなかったのだ。
こんなにカンカンな日があるなら、やはり持って来るべきだったか。

浜には日本のゴミじゃないものも色々落ちていた。
これらは対岸のアジアのゴミだ。
怪しい漢字の書かれたジップロックの束が落ちていた。

バイトちゃんはそれを吸殻入れにし 
もうひとつには私の拾った貝殻を入れてくれた。

 子供たちは流れ着いた船の浮きのロープを引きずりまわして遊び、アタシとバイトちゃんは
 アダンの木の日陰に腰をおろし 一緒に青い空と海と子供達を眺めた。

 発泡スチロールをテーブルにして、ラップでケチャップライスをおにぎりにして食べた。
 
 美味かった。
 
 

 ささやかな出来事に心を向けると

 今が いかに愛しいかが分かる

 ささやかな今に 幸せを感じられないのは

 忙しすぎるからだ 
 
 幸せを感じるヒマもない程

 みんな 忙しすぎるからだ


%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%82%82%E6%9A%AE%E3%82%8C%E3%81%9F.JPG


投稿者 名古屋おんな : 23:22 | コメント (0)

24.01.08

5日目。

昨日も 海の幸、食いすぎ。
朝はトーストとカフェオレがいいなぁ・・ カフェオ・・? あーっっ牛乳がなぁああい!!
と叫んでいたら

「あ~ちゃん、かいにいってもいいよ。」と 娘がいうので

牛乳買いに行ってもらおう。歩いていける距離に商店が一軒あるのだ。

ココに来た時に100円握らせてお菓子を買いに行った経験を2回つんだ。

娘をおつかいに行かすことに。

島なら安心して一人歩きさせられる。変なおじさんもいない(ハズだ)し、車もゆっくり走ってるからだ。
%E5%B3%B6%E3%81%AE%E7%8C%AB%E3%83%BC.JPG

笑顔で帰って来た。すっかり一人で買い物が楽しくなった娘は
「おかぁさぁん なんか、かってくるものなぁい?」と聞いてきた。

充実感と達成感でいっぱいの感じ。

投稿者 名古屋おんな : 23:18 | コメント (0)

4日目。
朝からミジュン釣り。(またぁ~?)

ざくざく釣って、民宿に帰ってチマチマさばいて冷蔵庫にブッこんだ。

%E5%8F%8E%E7%A9%AB.JPG

娘は 岸にへばりついた貝(トコブシ?)を収穫。
その頃 ミジュンを餌に、オットがダツを釣り上げていた。体が青くて鋭い歯を持つ魚だった。
あと カツオの仲間かなんか変な分からん魚と。

夕飯は、へんな分からんやつとダツの刺身とミジュンのつくね。
バケツいっぱいの、ちんまいミジュンを、バイトちゃんと厨房でさばきまくる。
あまりの多さと単純作業で、2人してナチュラルハイとなり
○ラエもんに「ミジュンのウロコ取り器」を出してもらおうと意見が合致。
これ、ひとりでやってたら 泣いてたと思う。

先日はすり鉢にて大変苦労したので、東京移住夫妻にフードカッターを持ってきてもらった。
さばいたミジュンは あっという間にグィ~ンとつくねに。こりゃどえりゃ早え~って。
味噌とショウガ入れて片っ端から丸めて、小麦粉まぶして大鍋で揚げまくって、
あっという間に揚げ団子だわっ!!それみやぁ~!

さて、このダツ。
%E3%83%80%E3%83%84.JPG

背の身は白く、腹部分は青い。 うぅ~ん 青い刺身かぁ…
皮も硬ってぇ!! 骨を取ろうと刺抜きでウジウジと引っ張ってたら、なかなか硬くて抜けなくて身がグチャグチャになってまった。
皮は破らずに身をはがすことが出来た。


背骨周辺の身は スプーンでこそげて丸めて、バターと庭のローズマリーで焼いた。
息子は食べながら「おかーさーん、これハンバーグぅ?」と聞いていた。 こりゃいいワイ。ヘルシ~♪
オットがきゅうりの細切りと一緒に刺身を酢味噌で和えて コレも美味かった。
%E3%83%9F%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC.JPG

海の幸、有り難う。

投稿者 名古屋おんな : 22:27 | コメント (0)

3日目。 息子がすっかり釣りに夢中の為、 朝からミジュン(いわし)釣り。

水面にオキアミをスプーンでポトッと落とすと
向こうから、うじゃらうじゃらと集まってくるんである。
%E3%83%9F%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%BE%A4%E3%82%8C.JPG

その群れに 釣り糸をたらすと、 あら釣れたったら また釣れた。

「あーちゃんも、やるっやるっ」 で、5歳でも釣っちゃうんである。
で、民宿に帰って 厨房で、ちまちまと小さなミジュンのウロコとり。さばいて、とりあえず冷蔵庫へ。

そして夕方もミジュン釣り。(また?)
帰ってから、民宿のバイトの女の子と 厨房でウロコをこそぎ
ハラワタと頭を取る作業に追われた。 ふう…

オットが小さく刻んですり鉢ですって、息子はテレビのマンガを見る片手間にショウガをすった。
味噌とだしの素、、ニンニクを入れ ツミレにした。

裏庭の島義母が耕した畑で、菜っ葉を摘んできた。
%E7%95%91%E3%83%BC.JPG

%E7%95%91%E3%81%AE%E9%87%8E%E8%8F%9C.JPG

夕食はツミレ汁。 バイトちゃん、オットと子供たちで食べた。

海で魚、畑の野菜 と。

ああ 今日は、自給自足。
%E5%A4%95%E7%84%BC%E3%81%91%E3%83%BC.JPG

ああ そして、日が暮れた。

投稿者 名古屋おんな : 20:09 | コメント (0)

夕方もミジュン釣りに出掛ける。
%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%81%A1%E3%82%83%E3%83%BC%E3%82%93.JPG

娘はカニを堤防で捕まえた。
「カニちゃん、食べる。」と 食う気マンマンなので
一緒に連れて帰り…。

%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%8F%8E%E7%A9%AB%E3%83%BC.JPG


夕方、カワハギみたいな魚はバターとニンニクと庭に生えてるローズマリーと共に炒めて

まな板の上で遊んでいたカニちゃんも 包丁で 包丁で …

「お命頂戴します!」ブシッ!!っと 一気にまっぷたつにしてフライパン行き。
 

近所に住む、東京から移住してきた夫妻と共に、海の幸で夕食。

投稿者 名古屋おんな : 19:57 | コメント (0)

20.01.08

朝、義兄の釣り竿を借りて 港へ

ミジュン(いわし)を釣りに行きました。
%E9%87%A3%E3%82%8A.JPG

口に引っかかった針を外すのに、ぐちゃぐちゃいじりすぎて ひっくり返ってます。
%E3%83%9F%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3.JPG

やりたがり。 頭をキコキコ落としてます。
%E3%81%82%E3%83%BC%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%82%84%E3%82%8B%E3%83%BC.JPG


民宿に帰って ミジュンをさばき、から揚げに。
遅めの朝食を取りました。

投稿者 名古屋おんな : 17:26 | コメント (0)

18.01.08

やっとかめ(久しぶり)でやんす。

実は一年二ヶ月ぶりに、オットの暮らす沖縄へ行ってきたのよ。

朝イチの飛行機で那覇空港に着いて

 080108_1630~01.JPG

初日に船で島に渡ったのだ。
080108_1601~01.JPG

投稿者 名古屋おんな : 22:15 | コメント (0)