名古屋からの沖縄移住

« Maggio 2006 | メイン | Luglio 2006 »

28.06.06

以前、初めて沖縄芝居というものを観にいった。
前日、寝不足のオットは「オレ…寝ちゃうかもよ~」とシブっていたので 芝居だから義母を誘おうと思いつつも 結局は「子供を義母に預け」オットと2人で行ったのだった。おっほほ!

古典やら色々ジャンルがあるようなんだけど、ホントの沖縄の言葉でのお芝居は外国語に等しいものがある。この時見たのは大和(ヤマト)言葉の『虹が架かる時』というのだった。ヤマトンチュの私にも理解できたがね~。
クライマックスのあと ふと隣を見るとオットが涙をぬぐっていた。
もう、笑ったわ泣いたわでホントに楽しめた。沖縄芝居、どえりゃ~良かったんだわ~!

 ※沖縄芝居「萌葱の会<劇団58号線>」の金城 翔子さん↓
 「萌葱の会」HP→ http://okinawa-sibai.org/index.html
syouko.gif


ちなみに58号線というのは、沖縄本島を縦に走る主要道路です。(名古屋でいったら国道1号線ってとこかな~?)

その沖縄で活躍している女優さんの金城翔子さんに、縁あって近況をお伺いすることが出来たんだわ!

 今秋、公開予定の沖縄を舞台にした映画「涙(なだ)そうそう」の沖縄ロケが5月から始まり

沖縄のイメージ…↓
satoukibi%EF%BC%92.jpg

主演の妻夫木聡さん・長沢まさみさんら役者さんに方言指導をしているとの事。
(「涙そうそう」といえば 沖縄出身の夏川りみさんのヒット曲で全国的にも有名ですね!)

「まさみちゃんも妻夫木くんも すっかり沖縄になじんでイントネーションも上手になってます。
毎日現場焼けをしてすっかり島人(しまんちゅ)ですよ~ 」

沖縄で焼かないようにするのは大変なことなんだよね。色白の女優さんなのに…日焼けしたといっても私ほど黒くはないだろう。
 映画後半に、翔子さんはナース役で出演されるということです。
物語が急展開するときに出るので、よいシーンらしいです。

「9月18日の島言葉の日にかけて前日の17日県立郷土劇場で「ウチナーグチ万歳」という芝居にでます。もう本読みが始まっていますが、撮影でいけない間は代役を立てて進めてもらってます。コピーロボットがほしい今日この頃(^。^;)」 

と、映画にお芝居に大忙しの様子。(ウチナーグチとは、沖縄言葉・方言という意味)
これからも益々注目の女優さんなのです。

県立郷土劇場は、国道58号線沿いの明治橋のすぐ側、モノレール旭橋駅近くにあります。

 是非、沖縄芝居も観てみてみやぁ~て!
 


投稿者 名古屋おんな : 01:38 | コメント (0)

24.06.06

カジュマルの実が色付き始めた。公園の砂場にポトポト落ちて、
娘のおままごとのいい材料になってる。

これっていちじくに似てるんだよね…。
060623_0734~01.JPG


ムグムグ・・ あっ  もしかしておいしい…? (また拾い食いしちゃったよ…)
060623_0735~01.JPG

投稿者 名古屋おんな : 22:29 | コメント (0)

21.06.06

海上保安庁の巡視船「ながれ」こと『するが』が、那覇の安謝(あじゃ)港に入港した。

「ながれ」とは、ドラマ海猿で静岡県の下田にて撮影の時に出演した船である。ドラマではCGで「ながれ」に書き換えていたそうだ。
 この時の主役、放蕩息子のマサト役で波岡さんという俳優さんが出演した回でもある。
(子供なら間違いなく知っているだろう。グランセイザーのセイザ-シロガネ役で出てたお兄ちゃんだ。)

その『するが』が第三管区である下田港からやってきたんである。

その数日前にも沖縄入りして、海上保安庁の方から伊豆の名産、サンオレンジや干物をお土産に頂いてたので、こっちからは石垣パインとパッションフルーツを渡しに家族連れで港にやって来たのだ。
港では魚釣りをしていたおじさん達が 大きな船が入ると分かって次々に竿を引き上げる。

オットが子供達に 「ほら、ウミザルに出てた「ながれ」が入ってくるよぉ」というと
 「あのふねに せんざきだいすけ、のっている?」 と聞く息子。
「乗ってるわけ無いだろっ」「…乗ってたらカアチャンも会いたいわっ!」「あーちゃんもっ!」
などと大騒ぎしながら港で待つ。

おおっ はいってきた!
DSCN3088.JPG


近くの大きな船スレスレ?にぐる~りと旋回して…岸壁に、 ぴたっ!! すごいっ…職人技だ!
DSCN3091.JPG

船の上からオモリのついたロープをヒュンヒュンとまわして岸に投げるのが見える。それを受け取って「どうもすいませ~ん」と釣り人に言いながら、縛りに掛かる港の人。

港に入って魚釣り、やっていいのね…。立ち入り禁止じゃないんだ~と初めて知る。

渡すだけのつもりでいたのが、航海長の豊田さんが中へ招いて案内してくれた。たくさんの船乗りがわらわら船内から沸くように動き回っていた。
ナミちゃんという若い女性も、男性と同じ服装で汗だくになってデッキで働いていた。

「走らないのよ」などと子供にかこつけて、操縦室とか船長が座る椅子やら一番てっぺんの見晴台など…一緒に見学させてもらった。
DSCN3098.JPG

DSCN3094.JPG
一般公開してるときは機関銃みたいなやつのカバーがはずされロープが張られてるらしいが
この時は、シートでグルグル巻きにされていた。うはー! うへー! すごいがね~!
DSCN3101.JPG

いつの間にか一時間は経ってて・…次の日にはまた下田へ向かうと言うのを聞き、仕事に差し支えるので船を下りた。


海猿で色んな出会いがあったオットに便乗して、初めて巡視船を見学することも出来た。…多分 一番楽しんだのは、子供より自分だったろうと思う。

投稿者 名古屋おんな : 10:51 | コメント (0)

17.06.06

tebitizuki2.gif

投稿者 名古屋おんな : 10:28 | コメント (0)

11.06.06


tebitizuki1.gif

投稿者 名古屋おんな : 23:08 | コメント (0)

08.06.06

沖縄本島の北の端、国頭村に向かう途中の山道は、原生林の中にアスファルトの道路が一本。
早朝5時起きで向かい、7時頃通ったその早朝の道はさわやかで気持ちが良かった。
「あ 鳥っ!」「ヤンバルクイナだよ。」「えー あの天然記念物の?」「特別天然記念物だよ。」
初めて見られて感激したわ~。
クチバシが赤かったのですぐに分かる。カラスもよくいた。
4~6月は繁殖期なので道路を横断するヤンバルクイナが毎年よく車にひかれるんだそうだ。

雨の日にはこれまた天然記念物のイボイモリ・セマルハコガメが道を渡るので安全運転で!との看板があり。
さらに走っていくと<ヤンバルテガコガネの乱獲はやめましょう>と森に不似合いな横断幕もアリ。

大昔から棲むヤンバルクイナがいるこの森に、道路を作った人間と数少なくなった希少生物たちを守ろうとする人間とあっ!と知らずに車でひいてしまう人間。
繁殖期に森を歩き回るヤンバルクイナ。雨の日に這い出してくるイモリにカメ。
ずっとそこに棲み続けるテナガコガネ…

頭はぐるぐる回ったまま、流れる景色とシダの森の緑だけが目に焼きついた。


山奥の川でこんなの見つけた。ポヨンポヨンにやわらかくて可愛かった。

yamori.JPG

投稿者 名古屋おんな : 15:10 | コメント (0)

04.06.06

全員参加でPTAの役員になったまでは良いが、何でか私が委員長までやらないかん事になってまったがね~。

息子の学校でレクレーションをやる為、経験豊かなキヨちゃんママのおウチへ打ち合わせがてら遊びにいった。
彼女は旦那さんが自衛隊なので来年の夏までしか沖縄にはいられないという。(殆どは夏休みの間に転勤になるんだそうだ。)
息子のクラス、3分の1は自衛隊の子供だと聞いてはいたが、役員の半分が自衛隊の奥様達で占められている。

で、打ち合わせも一区切りし、子供達も慣れてきて一緒に遊んでいるので 雑談。
 沖縄に越してきた時の話になった。

自衛隊は住まいが割り当てられるので、決められた場所へ引越しになる。
前のおウチのすぐ近くのマンションであるキヨママの部屋、引っ越してすぐ家の中がおかしいことに気が付いたらしい。


気配が…する。極めつけは、寝る前に何回も確かめてカギをかけたことを確認しても
 朝になると玄関のドアが5センチほど開いているという日が続く。
でも住まいは簡単には変えられない、という事で お札を貼ってもらい今は気配が治まってるとのこと。

キヨママは、沖縄に来てから見えるようになった人…だ。
おウチの中でも、戦時中に壕のあった観光地でも見えちゃうんだそうだ。
隣接して楽しい遊具のある公園があるんだけど、上の子供もモノノケ(?)が見えちゃうので行きたがらないらしい。
岐阜県出身の彼女の祖母の兄2名が、沖縄戦で亡くなってるという。本来なら去年の夏に転勤の予定が、一年延びたのは名高いユタに見てもらったら(信憑性は分からないが)沖縄に来たのには何か意味がある。沖縄でするべきことがまだ終わってないので引き止められた、という話だったという。
(ちなみに一時間半で5000円。)
縁があるから来た…かぁ。誰にでも当てはまる事ではないが 私の沖縄でするべきことは何だろう?
何か意味があって来たのかな~?なんて思いが脳裏をかすめたが、とにかく沖縄は不思議な土地だねぇ~という話に落ち着いた。
何でだかわかんないことは、「ふっしぎぃ~」にとどめておくのだ。いつか分かる時が来る それでよいのだ。


投稿者 名古屋おんな : 01:04 | コメント (0)

01.06.06

matiguwa2.gif

投稿者 名古屋おんな : 00:23 | コメント (0)