名古屋からの沖縄移住

« Aprile 2006 | メイン | Giugno 2006 »

31.05.06

matiguwa.gif

投稿者 名古屋おんな : 00:20 | コメント (0)

28.05.06

息子の小学校のPTAの集まりで学校に出かけていった。

暑いだろうな~と思いながら普段が運動不足なので
日焼け止めをぬったくり、歩いて出かけていくことにした。
沖縄はもう日差しが強くてさ。汗だくで教室にたどり着くと…
あらっ クーラーがガンガンにきいてるがね!
室温28度になるとつけるらしい。

それに飛行機の音がうるさく、窓を閉めないと授業にならないとか。
空港自衛隊の近くにある学校なので、クラスの3分の1が自衛隊員の子供達なんだそうだ。

今こんなに涼しくしちゃって真夏になったらどうするんだろう。
一日クーラー漬けかぁ…いまどきは沖縄でなくてもクーラー設置されてる小学校は多いんでしょうか?


投稿者 名古屋おんな : 00:18 | コメント (0)

24.05.06

po_ku_manga4.gif

埋立地がいっぱい、とかで「プラスチックも燃やすごみ」になり、ごみの出し方が変って以来
「燃やさないごみ」がめっきり減って、出す回数も当然の事ながら減った。

 何のことはない。 原因は全て自分で作り上げていたんだがー! なーにぃ~もぉ~!

投稿者 名古屋おんな : 13:36 | コメント (0)

23.05.06

po_ku_manga3.gif

投稿者 名古屋おんな : 13:35 | コメント (0)

20.05.06

po_ku_manga2.gif

投稿者 名古屋おんな : 13:33 | コメント (0)

19.05.06

po_ku_manga1.gif

投稿者 名古屋おんな : 13:31 | コメント (0)

16.05.06

オキナワではお母さんの事を「アンマー」と呼ぶんだそうだ。
三人の母に、初めてそれぞれ花を送った。名古屋の実母と義母と島義母へ。
沖縄に来てからは より一層母たちのありがたみが身に染みるようになったから、と気持ちの余裕も出てきたお陰である。

個性の待ったく違う3人の母たちだが、それぞれのやり方で気に掛けてくれる。沖縄は特に、嫁というものを大事にしてくれる所だと聞くがそのとうりだと感じている。田舎だと行事などで嫁の活躍が期待されてるからなのか?必要とされれば、やりがいも出てくるというものだろう。
沖縄に嫁に来ようと思ってる人は、安心していいと思う。

アンマー いつもありがとう。

hahanohi.gif.gif

投稿者 名古屋おんな : 12:42 | コメント (0)

09.05.06

4月に行う沖縄の行事で、清明祭というのがある。

あの陰陽師とは無関係だと思うが、きっと中国の歴史などが絡んで
沖縄独特のものに変化していったものでないかと踏んでいるのだが…。

つい先日まで、スーパーに行くと{清明祭フェア}とかのノボリが立っていて
お供えお惣菜や沖縄菓子などが山積みになって、特別コーナーが設置されていた。

ついでに 紙コップや重箱、ピクニックシートなんかも一緒に並べられてたりして。

昔からの季節行事でご先祖の供養、などと堅いお言葉で書くと重苦しいが、現代では
親族が集まり、お墓掃除をしてその前にブルーシートかなんか敷いちゃって、
持ち寄った弁当を食べる

  「親族墓参りピクニック!」  のようなものらしい。


先日義母に「シーミーなんだよ~!お墓掃除行かないと~!」と呼ばれ、行ってきた。

「覚えときなさいよ~。おかずが決まってるわけよ。ソーキとカマボコと昆布の三品の時は
 餅は3つ。これに魚のてんぷらとごぼうの煮付けが入って5品になったら餅も5つ。」

「ふぅ~ん・・・」

「…っ! ふ~ん、じゃないさー!メモしとかないとっ!」

「はいっ」

「あんたもそろそろ、火の神(ヒヌカミ)も自分でやらないといけないよ~ 
 あたしが生きてるうちに、みーんな教えるからよ~・・」

「ふぁい お願いしますぅ」

火の神とは、ヒヌカミと呼ばれていて沖縄独特の神様らしい。
si_mi.gif

義母を見てると、この(ヒヌカミ)からご先祖の伝言を受け取ったり、子供や孫の健康を祈願している。
お願いもする代わりに、1日とか15日とか決まった日にお供えしたりする。

義母はこれを忘れて出掛けていくと、出先で怪我したりして、家に戻る羽目になるそうである。

「怖いと思っちゃだめだよ~ 教えてるんだよ神様が。何か忘れてないか~って。そこで考えるわけさ~
 何かあったかなーって。そこでやっと気が付くわけさ~」

そういわれても… なんだか、ちょっっぴりコワいよ やっぱし。

投稿者 名古屋おんな : 13:11 | コメント (0)

07.05.06

息子がこの春、小学生になった。
生活はバタバタだったが なんとか学校に間に合わせることはできた。
今は元気に通い始めて、やっとアンキ(ホッと)したトコだわ~。

娘を保育園に送った後、息子と一緒に二人だけで久しぶりに歩いた。

卒園してから2週間ほどのお休みの間に、
小学校までの道のりを覚えるためである。

もう 外では手をつながなくなってしまった。「オレ、もう道わかるし。」と
クチビルをつんとさせて少し離れて歩く息子である。

車で走れば気付かない低い民家の庭木やら花やらを眺めながら坂道を歩いた。
こんなトコに公園、あったんだな~。
隣には小さな御嶽(ウタキ)がある。

少し歩くと民家との間にひっそりと 小さな石作りのほこらのようなのもあり。
記念に撮ってみたら、アータ。家に帰ってよく見ると…

ほこら前の木の根元辺りから、空に向かって白いもやが写っちゃっててさー

コレナニッ!って怖くなっちゃったんだわ~。

オットにも見てもらった。
「わ ゾッとした… んー レンズの汚れか・・? 」

わからない。汚れかもしれない。そうじゃないかもしれない。

とにかくああいうものは 写すものじゃない、ということを感じたんだわ。
utaki.gif

投稿者 名古屋おんな : 11:44 | コメント (0)

01.05.06

4月27日、新都心(都会だよ?)シネマQにて「海猿」試写会、行ってきました。
子供らは、この日のために預け・2人で。
sisyakai.gif

投稿者 名古屋おんな : 02:38 | コメント (0)