久米島ブログ

2005年06月


■沖縄関連リンク

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

展望風呂

イーフビーチホテルの宿泊者限定。
というのが、ちょっと残念ではあるのだけれど
一度は利用したいなぁ・・・。
なんて私欲を交えつつの今日のコラム。

日本の渚100選に選ばれているイーフビーチ。
そこに面して建っているのが「イーフビーチホテル」
全室から、海を見ることができるのも
ガーデンやプールの雰囲気がよいことも
このホテルのオススメどころなのだけれど
実はこのホテル「露天風呂」があるのです。
0625.jpg
アーラ岳から切り出した岩が敷き詰められたこの露天風呂からの眺めは
イーフビーチが一望できます。
まさに気分は爽快!!
その上、このお風呂では海洋深層水(塩分を取り除いたもの)を利用しているので
お肌もスベスベになるそうです。
今回は取材でお邪魔しましたが
次回はぜひ!!利用したいと思うワタクシでした。

2005年06月26日

投稿者 sora@kumejima : 00:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

続・漆喰シーサー

さて、出会いとはひょんなとこからやってくる・・・。
「おやつ村」漆喰シーサーに出会ったワタシ、ぜひとも作っているおじいに
会いたくてお家を訪ねてみました。

新城幸吉おじい。西表島に生まれ、幼いころ久米島に移住したとのこと。24歳で瓦職人となり、シーサー作りは当時の棟りょうから教わったのだそうです。2年前の80歳のころまで、現役の瓦職人として町内の民家の瓦をふき、依頼があるとシーサーを作っていた、とってもがんじゅ~(元気)なおじいが出迎えてくれました。
0610.jpg
 
現役引退後も、頼まれるとシーサーを作っていたそうですが、よく見かけるシーサーだけに、最近は問い合わせが多くなったそうで、今では「おやつ村」で販売しているのだそうです。
 瓦を割り漆喰とセメントで固め、色付けするシーサー作りの行程は、天気が良い時でも一体作るのに四日かかるのだそうで、時々は海で拾ったサンゴなどを利用することもあり、おじいのその日の気分でシーサーの表情が決るというお茶目なところもあるのです。
061002.jpg
このコ↑、実はずいぶん前に作ったコなんだそうですが、風雨にさらされちょっぴりお疲れ気味になってきたので、新たに色付けをしておめしがえ中なんだそう。

そういえば、「おやつ村」のシーサーも色が新しくなってたっけ・・・。
その上、確か笑い顔に変わっていたコもいた気がする・・・・。

2005年06月10日

投稿者 sora@kumejima : 08:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

漆喰シーサー

久米島の真謝・宇根の集落散策をすると、民家の屋根の上に「でん!!」と鎮座する
シーサーに目をひきつけられるワタシ。

新しいものは「焼き物」だったりもするのですが、もともとはその家の屋根を葺いた
瓦職人さんが、ひまひまをみては漆喰と瓦でつくりあげたものなのだとか・・・。
どうりで、個性的な顔立ちをしているのね・・・。なんて思っていたのですが。

(話は戻って)先日「おやつ村」にお邪魔すると、なんと「漆喰シーサー」が商品として
登場していました。「ん??」どこかでみたような・・・。なんて思っていると、このシーサー
真謝・宇根の集落にあるものとどこかしらに通っている・・・。その上「おやつ村」のシーサーと
同じじゃない!?
それもそのはず、これらは皆同一人物の作品なのでした。
何でも現役を引退した瓦職人のおじいさんが作っているとのこと。
とっても味のあるこのシーサーぜひとも作っているご本人に会いたいものだと思いました。
0613.jpg

2005年06月09日

投稿者 sora@kumejima : 15:18 | コメント (0)

スリーピース

060802.jpg
「ピリ辛」という文字につられて頼んだ「味噌ソバ」
実は本日はじめての注文だったのですが、
コレはウマイ!!と大絶賛のワタシです。

ホテル日航久米アイランドの直ぐ前にあるお店「スリーピース」。
ちょっぴり「海の家」とか、「屋台」なんて雰囲気が無きにしも非ず。
なのですが、OPENなつくりが気軽に立ち寄れる雰囲気を出していていい感じ。
060803.jpg

友人たちと「ソバ食べてこようか」とお昼に立ち寄りました。
お店の前に「味噌ソバ」のノボリ。
(ふ~ん、味噌ソバねぇ・・・・。)
なんて思っていたのですが、自他共に認める「辛い」もの好きのワタクシ。
メニューにある「ピリ辛」の文字を見るや否や、迷わず「味噌そば」とオーダーしてしまいました。
一緒にいった友人たちは「沖縄ソバ」を頼んだのですが、「味噌そば」の誘惑につられて
追加注文!!(2人で半分コしていたとはいえ、ソバのおかわりはかなりヘビー!!)
しっかりと、平らげておりました。

続いていただいたのが「ぜんざい」なのですが。
0608.jpg
これまたウマイ!!
「おやつ村」の黒糖(正確には黒糖として固める前の、サトウキビの絞り汁を煮詰めたもの)をぜんざいの上にかけているのですが、コレがなんともいえずにおいしい。聞くだけだと、ちょっとくどそうな感じがするのですが、侮る事なかれ!!
意外や意外、まったくいやみがないんです。
また一つオススメの「久米島スィ~ツ」の発見です。
「え~??」と思う皆様、ぜひご自分でチャレンジしてくださいね。

はなぞうさま
14日から久米島にいらっしゃるとのこと、
たしかに、久米島は小さいながらもアップ・ダウンがある島なので自転車で回るのは
しんどいかもしれません。
実は、ワタクシも1度だけチャレンジしたことあります(かなり、昔の話ですが・・・)
ひぇ~~~!!と思うことしばしばの一周でしたが、まさに風を感じるなら自転車がベスト!!
と、今でも思っています。
きついところは押して歩くと、また新しい出会いや発見もあるのも自転車ならではかなぁ・・・。
いずれにせよ、楽しいご旅行になるといいですね。
けっこう、どこかでばったりなんてこともこの島ではありありですので・・・。

2005年06月08日

投稿者 sora@kumejima : 21:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

イーフマリンフェスタ2005

先日もご紹介したのですが、「マリンフェスタ」改め「イーフマリンフェスタ2005」のプログラムを入手したので、お知らせしたいとおもいます。
「イーフマリンフェスタ2005」
【日程】  平成17年6月11日
【場所】  メイン会場 イーフ大駐車場・マリン会場 イーフビーチ・浮き球会場 はての浜
【問い合わせ】  イーフマリンフェスタ実行委員会事務局 TEL090-4342-5020 
【プログラム】
はての浜会場   午前9~午後14時  浮き球ベースボール予選 
イーフビーチ会場 午前10~午後12時  チビッコ宝さがし・竹馬体験・ビーチフラッグ・ウインドスクールナナボート体験・カイトセール体験・シーカヤック体験・サーフィン体験など
イーフ大駐車場会場 午後51時55分~22時   オープニング・ ねいぐるみショー・ プチ久米島選出  バンド演奏・地元民謡・ エイサー太鼓
など、、まるごと1日でもOKな、盛りだくさんのメニューを準備しています。

2005年06月06日

投稿者 sora@kumejima : 23:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

久米島でゆくログ: 2005年06月 アーカイブ
久米島ブログ

沖縄県那覇市から西方94Kmの東の島から
あんなことやそんなことまで

展望風呂

イーフビーチホテルの宿泊者限定。
というのが、ちょっと残念ではあるのだけれど
一度は利用したいなぁ・・・。
なんて私欲を交えつつの今日のコラム。

日本の渚100選に選ばれているイーフビーチ。
そこに面して建っているのが「イーフビーチホテル」
全室から、海を見ることができるのも
ガーデンやプールの雰囲気がよいことも
このホテルのオススメどころなのだけれど
実はこのホテル「露天風呂」があるのです。
0625.jpg
アーラ岳から切り出した岩が敷き詰められたこの露天風呂からの眺めは
イーフビーチが一望できます。
まさに気分は爽快!!
その上、このお風呂では海洋深層水(塩分を取り除いたもの)を利用しているので
お肌もスベスベになるそうです。
今回は取材でお邪魔しましたが
次回はぜひ!!利用したいと思うワタクシでした。

2005年06月26日

投稿者 sora@kumejima : 00:19 | コメント (0)

続・漆喰シーサー

さて、出会いとはひょんなとこからやってくる・・・。
「おやつ村」漆喰シーサーに出会ったワタシ、ぜひとも作っているおじいに
会いたくてお家を訪ねてみました。

新城幸吉おじい。西表島に生まれ、幼いころ久米島に移住したとのこと。24歳で瓦職人となり、シーサー作りは当時の棟りょうから教わったのだそうです。2年前の80歳のころまで、現役の瓦職人として町内の民家の瓦をふき、依頼があるとシーサーを作っていた、とってもがんじゅ~(元気)なおじいが出迎えてくれました。
0610.jpg
 
現役引退後も、頼まれるとシーサーを作っていたそうですが、よく見かけるシーサーだけに、最近は問い合わせが多くなったそうで、今では「おやつ村」で販売しているのだそうです。
 瓦を割り漆喰とセメントで固め、色付けするシーサー作りの行程は、天気が良い時でも一体作るのに四日かかるのだそうで、時々は海で拾ったサンゴなどを利用することもあり、おじいのその日の気分でシーサーの表情が決るというお茶目なところもあるのです。
061002.jpg
このコ↑、実はずいぶん前に作ったコなんだそうですが、風雨にさらされちょっぴりお疲れ気味になってきたので、新たに色付けをしておめしがえ中なんだそう。

そういえば、「おやつ村」のシーサーも色が新しくなってたっけ・・・。
その上、確か笑い顔に変わっていたコもいた気がする・・・・。

2005年06月10日

投稿者 sora@kumejima : 08:52 | コメント (0)

漆喰シーサー

久米島の真謝・宇根の集落散策をすると、民家の屋根の上に「でん!!」と鎮座する
シーサーに目をひきつけられるワタシ。

新しいものは「焼き物」だったりもするのですが、もともとはその家の屋根を葺いた
瓦職人さんが、ひまひまをみては漆喰と瓦でつくりあげたものなのだとか・・・。
どうりで、個性的な顔立ちをしているのね・・・。なんて思っていたのですが。

(話は戻って)先日「おやつ村」にお邪魔すると、なんと「漆喰シーサー」が商品として
登場していました。「ん??」どこかでみたような・・・。なんて思っていると、このシーサー
真謝・宇根の集落にあるものとどこかしらに通っている・・・。その上「おやつ村」のシーサーと
同じじゃない!?
それもそのはず、これらは皆同一人物の作品なのでした。
何でも現役を引退した瓦職人のおじいさんが作っているとのこと。
とっても味のあるこのシーサーぜひとも作っているご本人に会いたいものだと思いました。
0613.jpg

2005年06月09日

投稿者 sora@kumejima : 15:18 | コメント (0)

スリーピース

060802.jpg
「ピリ辛」という文字につられて頼んだ「味噌ソバ」
実は本日はじめての注文だったのですが、
コレはウマイ!!と大絶賛のワタシです。

ホテル日航久米アイランドの直ぐ前にあるお店「スリーピース」。
ちょっぴり「海の家」とか、「屋台」なんて雰囲気が無きにしも非ず。
なのですが、OPENなつくりが気軽に立ち寄れる雰囲気を出していていい感じ。
060803.jpg

友人たちと「ソバ食べてこようか」とお昼に立ち寄りました。
お店の前に「味噌ソバ」のノボリ。
(ふ~ん、味噌ソバねぇ・・・・。)
なんて思っていたのですが、自他共に認める「辛い」もの好きのワタクシ。
メニューにある「ピリ辛」の文字を見るや否や、迷わず「味噌そば」とオーダーしてしまいました。
一緒にいった友人たちは「沖縄ソバ」を頼んだのですが、「味噌そば」の誘惑につられて
追加注文!!(2人で半分コしていたとはいえ、ソバのおかわりはかなりヘビー!!)
しっかりと、平らげておりました。

続いていただいたのが「ぜんざい」なのですが。
0608.jpg
これまたウマイ!!
「おやつ村」の黒糖(正確には黒糖として固める前の、サトウキビの絞り汁を煮詰めたもの)をぜんざいの上にかけているのですが、コレがなんともいえずにおいしい。聞くだけだと、ちょっとくどそうな感じがするのですが、侮る事なかれ!!
意外や意外、まったくいやみがないんです。
また一つオススメの「久米島スィ~ツ」の発見です。
「え~??」と思う皆様、ぜひご自分でチャレンジしてくださいね。

はなぞうさま
14日から久米島にいらっしゃるとのこと、
たしかに、久米島は小さいながらもアップ・ダウンがある島なので自転車で回るのは
しんどいかもしれません。
実は、ワタクシも1度だけチャレンジしたことあります(かなり、昔の話ですが・・・)
ひぇ~~~!!と思うことしばしばの一周でしたが、まさに風を感じるなら自転車がベスト!!
と、今でも思っています。
きついところは押して歩くと、また新しい出会いや発見もあるのも自転車ならではかなぁ・・・。
いずれにせよ、楽しいご旅行になるといいですね。
けっこう、どこかでばったりなんてこともこの島ではありありですので・・・。

2005年06月08日

投稿者 sora@kumejima : 21:52 | コメント (0)

イーフマリンフェスタ2005

先日もご紹介したのですが、「マリンフェスタ」改め「イーフマリンフェスタ2005」のプログラムを入手したので、お知らせしたいとおもいます。
「イーフマリンフェスタ2005」
【日程】  平成17年6月11日
【場所】  メイン会場 イーフ大駐車場・マリン会場 イーフビーチ・浮き球会場 はての浜
【問い合わせ】  イーフマリンフェスタ実行委員会事務局 TEL090-4342-5020 
【プログラム】
はての浜会場   午前9~午後14時  浮き球ベースボール予選 
イーフビーチ会場 午前10~午後12時  チビッコ宝さがし・竹馬体験・ビーチフラッグ・ウインドスクールナナボート体験・カイトセール体験・シーカヤック体験・サーフィン体験など
イーフ大駐車場会場 午後51時55分~22時   オープニング・ ねいぐるみショー・ プチ久米島選出  バンド演奏・地元民謡・ エイサー太鼓
など、、まるごと1日でもOKな、盛りだくさんのメニューを準備しています。

2005年06月06日

投稿者 sora@kumejima : 23:22 | コメント (0)