久米島ブログ

2005年05月


■沖縄関連リンク

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

雨の日の過ごし方・・・

只今、梅雨真っ只中の久米島。
せっかく旅行に来るのに、雨が降ったら・・・・
という思いは、当然のこと。
とはいえ、コレばっかりはダレがどうすることもできずに・・・

今年の梅雨明けは6月20日ごろと聞いています。
この間、久米島に訪れる皆様へ、
もしも雨が降っちゃった時の過ごし方を・・・・。

その1:施設めぐり 
 小さな島ながら、以外に施設の多い久米島。自然文化センターをはじめ、ウミガメ館やホタル館。紬の資料展示館をこころゆくまでご堪能いただきたい。

その2:文化体験
 施設は訪問済みの場合は、ぜひぜひ文化体験をしてみては??
 「島の学校@久米島」を利用して、「紬織り体験」や「やちむん体験」、「三線教室」などはいかが??
久米島の文化に触れる良いチャンス!!
 ※ただし、メニューによっては事前予約も必要なのでご注意ください。

その3:なにもしない贅沢
 といっても、宿泊先で1日ボーっとするわけではない。
 海洋深層水温浴施設「バーデハウス」を訪れて、まったり過ごしてはいかが??

その4:穴場
 いずれも終了した場合・・・・。
 「バードアイランド」や「おやつ村」を訪れて、島の住人とお友達になりましょう。
 久米島のとっておきなネタを聞ける可能性も大。
 おそらく、時の経つのも忘れてユンタク(おしゃべり)に花が咲くかも・・・。

久米島の梅雨は毎日雨のこともあれば、ウソみたいに晴れが続く時もあります。
その日によっては、海遊びがきつい日はあるのですが、この島ならではのゆったりとした
時間の流れに身をまかせ、のんびり過ごしていただきたいなぁ・・・。

2005年05月26日

投稿者 sora@kumejima : 04:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れの大物・・・

つり好きにとって久米島は憧れの島でもあるらしい・・・・。
確かにこれからの時期、いくつかのつり大会がこの島では
行なわれます。
釣りには、あまり興味のないワタクシですが、計量の時だけは
なぜか見に行ってしまいます。
どんな大物がかかっているのかワクワク・ドキドキがたまらんのでしょう・・・

さてそんなシーズンに先駆けて、昨日島の海人(漁師さん)が大きな
本マグロを釣り上げました。
体調2メートル30センチ・胴周り1メートル80センチ・重さ200キログラム。
丸々太ったマグロです。
0522.jpg
船底から見える頭の大きさだけでも驚きでしたが、
その全貌が明らかになると更に大迫力。
しとめるまでに2時間ほどかかったという漁師さんの話に、思わず納得のワタシです。
052202.jpg

2005年05月22日

投稿者 sora@kumejima : 21:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

続・旅のご予定に・・・

梅雨入りしたものの、ここ2・3日は青空ののぞく久米島です。
さて、本日も6月中のイベントをご紹介。

みなさん、「ハーリー」ってごぞんじですか??
那覇あたりではゴールデンウィーク中にかなり大きなイベントをするので
ご覧になった方も多いのでは??
もともと海人(ウミンチュ=漁師さん)が安全と大漁を願って行なう海神祭。
久米島では毎年旧暦の5月4日(ユッカヌヒと呼びます)に行ないます。
ちなみに、旧暦で行なうので毎年日にちは一緒ではないのです。

島内では、3箇所の地区で今でも行なっていますが、儀間地区と
鳥島地区は職域部門もあって、一般の方々でも参加することが可能です。
ただし、一艘に10~11人ほど乗るので人集めをしなくてはなりませんが、
毎年この時期に島を訪れ、参加される方もいるんです。

0520.jpg

例え参加せずとも、見るだけで十分楽しめるハーリーです。
たびのご予定にいかがですか・・・。

2005年05月20日

投稿者 sora@kumejima : 22:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

旅のご予定に・・・。

昨年までは、海開きの頃に行なわれていた「久米島マリンフェスタ」
今年は6月11日(土)に行なわれるそうです。イーフビーチをメイン会場に
はての浜では「浮き球ベースボール大会inはての浜」を開催予定。

ちなみに「浮き球ベースボール」とは、定置網などに使うアノ浮きを使って
やるのですが、カタチがまん丸ではないので、何処に飛ぶのかわからない。
その上、ビーチという足場も不安定な場所でやるので、なにが起こるかわからない
おもしろさ!!
大人も子どもかなり熱くなっちゃうんです。
051404.jpg

そのほか多彩なメニューの「久米島マリンフェスタ」。
ご旅行のメニューにいかがですか?

2005年05月15日

投稿者 sora@kumejima : 02:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

まえはら屋

おそらくパッと見ただけではわかりにくいのですが、優れもののお店が「まえはら屋」
メインはEM牛乳(EM酪農という方法で飼育している牛さんのミルク)を使ってつくった
EMアイス。
16種類のフレーバーをもち、どれも素材の味が生きています。
やさしい甘さが特徴で、後味がさっぱりしているのも良いんです。
↓コーヒーとストロベリー
051402.jpg

休日になると、子どもたちにせがまれて出向くワタシなのですが、実は時々ふらっと一人で
いったりすることもあります。特に仕事が詰まってPCに貼り付けなんてことが続くと・・・。
まえはら屋でアイスを買って海を眺めながら食べると、心身ともにリフレッシュという感じ
でしょうか・・・。

そんな「まえはら屋」のお楽しみの一つに、週末になると登場する手作りスィーツがあります。
この頃のHITはミルクとカフェオレが二層になったゼリー。
051403.jpg
こちらも、しつこさがないのでいくつでも食べられちゃう感じです。
しかし、なんと言ってもオススメはタピオカ粉でつくった「ミルクもち」
ちょっと葛餅と食感が似てるのですが、一度食べたら癖になるおいしさ。
ただし登場するのは不定期なので、食べれる確立は???

店内には久米島の特産品の数々もおいてあるので
ぜひお立ち寄りあれ・・・。
0514.jpg

投稿者 sora@kumejima : 01:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

比屋定バンタ

0506.jpg
比屋定バンタ・・・バンタとは「崖」のことだそうです。
久米島で絶景を楽しむならば、ぜひとも訪れていただきたい場所です。
天気の良い、澄みきった日には「ハテノ浜」や周辺離島の渡名喜・粟国島やケラマ諸島まで
見渡せるヴューポイントです。

この連休、お天気の良いのを見計らって「比屋定バンタ」に行ってきました。
あいにくこの頃の久米島は、霞が立ったような日が続き水平線はぼんやりとして
おりましたが、それでも目の前に開ける海の色には引き寄せられずにはいられません。

さて、ワタクシがここを訪れる理由のなかに、比屋定バンタの展望台売店で売っている
「ターム(田芋)パイ」をゲットすることがあります。
050602.jpg
一見、揚げ餃子のようにも見えますが、中には田芋をふかしてつぶしたあん(??)が入り
素朴な味わいが癖になります。
あまり数を作っていないのと、なかなかの人気商品のため売切れてしまうこともあるのですが
時々、コレ食べたさに展望台まで出向くワタクシでありました。

ぜひ、ご賞味あれ・・・。

2005年05月06日

投稿者 sora@kumejima : 17:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨

例年より6日も早く梅雨入りした久米島は、曇り時々雨のち晴れを繰り返す一日となりました。

ここ数日は、すっきりしない天気でありながら、気温ばかりはしっかりと上昇するものだから
このところの湿度は半端ではないです。
もともと、亜熱帯気候ということもあり湿度は高めの久米島ですが、さすがに85%ぐらいになると
スチームサウナにいるような気分にさえなります。

初めて久米島の地に降り立った時、空気がとても濃厚に感じられたことを今でも覚えています。
こんな体験も、きっと久米島ならでは。
残り少ないゴールデンウィークですが、久米島に来て見ませんか。

2005年05月03日

投稿者 sora@kumejima : 22:19 | コメント (0)

久米島でゆくログ: 2005年05月 アーカイブ
久米島ブログ

沖縄県那覇市から西方94Kmの東の島から
あんなことやそんなことまで

雨の日の過ごし方・・・

只今、梅雨真っ只中の久米島。
せっかく旅行に来るのに、雨が降ったら・・・・
という思いは、当然のこと。
とはいえ、コレばっかりはダレがどうすることもできずに・・・

今年の梅雨明けは6月20日ごろと聞いています。
この間、久米島に訪れる皆様へ、
もしも雨が降っちゃった時の過ごし方を・・・・。

その1:施設めぐり 
 小さな島ながら、以外に施設の多い久米島。自然文化センターをはじめ、ウミガメ館やホタル館。紬の資料展示館をこころゆくまでご堪能いただきたい。

その2:文化体験
 施設は訪問済みの場合は、ぜひぜひ文化体験をしてみては??
 「島の学校@久米島」を利用して、「紬織り体験」や「やちむん体験」、「三線教室」などはいかが??
久米島の文化に触れる良いチャンス!!
 ※ただし、メニューによっては事前予約も必要なのでご注意ください。

その3:なにもしない贅沢
 といっても、宿泊先で1日ボーっとするわけではない。
 海洋深層水温浴施設「バーデハウス」を訪れて、まったり過ごしてはいかが??

その4:穴場
 いずれも終了した場合・・・・。
 「バードアイランド」や「おやつ村」を訪れて、島の住人とお友達になりましょう。
 久米島のとっておきなネタを聞ける可能性も大。
 おそらく、時の経つのも忘れてユンタク(おしゃべり)に花が咲くかも・・・。

久米島の梅雨は毎日雨のこともあれば、ウソみたいに晴れが続く時もあります。
その日によっては、海遊びがきつい日はあるのですが、この島ならではのゆったりとした
時間の流れに身をまかせ、のんびり過ごしていただきたいなぁ・・・。

2005年05月26日

投稿者 sora@kumejima : 04:46 | コメント (0)

憧れの大物・・・

つり好きにとって久米島は憧れの島でもあるらしい・・・・。
確かにこれからの時期、いくつかのつり大会がこの島では
行なわれます。
釣りには、あまり興味のないワタクシですが、計量の時だけは
なぜか見に行ってしまいます。
どんな大物がかかっているのかワクワク・ドキドキがたまらんのでしょう・・・

さてそんなシーズンに先駆けて、昨日島の海人(漁師さん)が大きな
本マグロを釣り上げました。
体調2メートル30センチ・胴周り1メートル80センチ・重さ200キログラム。
丸々太ったマグロです。
0522.jpg
船底から見える頭の大きさだけでも驚きでしたが、
その全貌が明らかになると更に大迫力。
しとめるまでに2時間ほどかかったという漁師さんの話に、思わず納得のワタシです。
052202.jpg

2005年05月22日

投稿者 sora@kumejima : 21:57 | コメント (0)

続・旅のご予定に・・・

梅雨入りしたものの、ここ2・3日は青空ののぞく久米島です。
さて、本日も6月中のイベントをご紹介。

みなさん、「ハーリー」ってごぞんじですか??
那覇あたりではゴールデンウィーク中にかなり大きなイベントをするので
ご覧になった方も多いのでは??
もともと海人(ウミンチュ=漁師さん)が安全と大漁を願って行なう海神祭。
久米島では毎年旧暦の5月4日(ユッカヌヒと呼びます)に行ないます。
ちなみに、旧暦で行なうので毎年日にちは一緒ではないのです。

島内では、3箇所の地区で今でも行なっていますが、儀間地区と
鳥島地区は職域部門もあって、一般の方々でも参加することが可能です。
ただし、一艘に10~11人ほど乗るので人集めをしなくてはなりませんが、
毎年この時期に島を訪れ、参加される方もいるんです。

0520.jpg

例え参加せずとも、見るだけで十分楽しめるハーリーです。
たびのご予定にいかがですか・・・。

2005年05月20日

投稿者 sora@kumejima : 22:52 | コメント (0)

旅のご予定に・・・。

昨年までは、海開きの頃に行なわれていた「久米島マリンフェスタ」
今年は6月11日(土)に行なわれるそうです。イーフビーチをメイン会場に
はての浜では「浮き球ベースボール大会inはての浜」を開催予定。

ちなみに「浮き球ベースボール」とは、定置網などに使うアノ浮きを使って
やるのですが、カタチがまん丸ではないので、何処に飛ぶのかわからない。
その上、ビーチという足場も不安定な場所でやるので、なにが起こるかわからない
おもしろさ!!
大人も子どもかなり熱くなっちゃうんです。
051404.jpg

そのほか多彩なメニューの「久米島マリンフェスタ」。
ご旅行のメニューにいかがですか?

2005年05月15日

投稿者 sora@kumejima : 02:05 | コメント (0)

まえはら屋

おそらくパッと見ただけではわかりにくいのですが、優れもののお店が「まえはら屋」
メインはEM牛乳(EM酪農という方法で飼育している牛さんのミルク)を使ってつくった
EMアイス。
16種類のフレーバーをもち、どれも素材の味が生きています。
やさしい甘さが特徴で、後味がさっぱりしているのも良いんです。
↓コーヒーとストロベリー
051402.jpg

休日になると、子どもたちにせがまれて出向くワタシなのですが、実は時々ふらっと一人で
いったりすることもあります。特に仕事が詰まってPCに貼り付けなんてことが続くと・・・。
まえはら屋でアイスを買って海を眺めながら食べると、心身ともにリフレッシュという感じ
でしょうか・・・。

そんな「まえはら屋」のお楽しみの一つに、週末になると登場する手作りスィーツがあります。
この頃のHITはミルクとカフェオレが二層になったゼリー。
051403.jpg
こちらも、しつこさがないのでいくつでも食べられちゃう感じです。
しかし、なんと言ってもオススメはタピオカ粉でつくった「ミルクもち」
ちょっと葛餅と食感が似てるのですが、一度食べたら癖になるおいしさ。
ただし登場するのは不定期なので、食べれる確立は???

店内には久米島の特産品の数々もおいてあるので
ぜひお立ち寄りあれ・・・。
0514.jpg

投稿者 sora@kumejima : 01:36 | コメント (0)

比屋定バンタ

0506.jpg
比屋定バンタ・・・バンタとは「崖」のことだそうです。
久米島で絶景を楽しむならば、ぜひとも訪れていただきたい場所です。
天気の良い、澄みきった日には「ハテノ浜」や周辺離島の渡名喜・粟国島やケラマ諸島まで
見渡せるヴューポイントです。

この連休、お天気の良いのを見計らって「比屋定バンタ」に行ってきました。
あいにくこの頃の久米島は、霞が立ったような日が続き水平線はぼんやりとして
おりましたが、それでも目の前に開ける海の色には引き寄せられずにはいられません。

さて、ワタクシがここを訪れる理由のなかに、比屋定バンタの展望台売店で売っている
「ターム(田芋)パイ」をゲットすることがあります。
050602.jpg
一見、揚げ餃子のようにも見えますが、中には田芋をふかしてつぶしたあん(??)が入り
素朴な味わいが癖になります。
あまり数を作っていないのと、なかなかの人気商品のため売切れてしまうこともあるのですが
時々、コレ食べたさに展望台まで出向くワタクシでありました。

ぜひ、ご賞味あれ・・・。

2005年05月06日

投稿者 sora@kumejima : 17:29 | コメント (0)

梅雨

例年より6日も早く梅雨入りした久米島は、曇り時々雨のち晴れを繰り返す一日となりました。

ここ数日は、すっきりしない天気でありながら、気温ばかりはしっかりと上昇するものだから
このところの湿度は半端ではないです。
もともと、亜熱帯気候ということもあり湿度は高めの久米島ですが、さすがに85%ぐらいになると
スチームサウナにいるような気分にさえなります。

初めて久米島の地に降り立った時、空気がとても濃厚に感じられたことを今でも覚えています。
こんな体験も、きっと久米島ならでは。
残り少ないゴールデンウィークですが、久米島に来て見ませんか。

2005年05月03日

投稿者 sora@kumejima : 22:19 | コメント (0)