久米島ブログ

2005年04月


■沖縄関連リンク

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

空からの眺め・・・

0422.jpg
ココ1・2年、久米島でパラグライダーをする人々を見るようになりました。
空港側のシンリ浜や宇江城城址・そしてココイーフビーチなどが出没場所です。
時々ドライブしていると、彼らとばったり遭遇して、喜んで手を振る子どもたちに、気さくにこたえてくれたりしていました。

空中にぽわ~んと浮かんでいるその姿はとっても優雅で、どちらかといえば鳥というよりは風船みたいな感じです。

今日はビーチで彼らに遭遇。何でも平地から舞い上がるときにはエンジンつきのプロペラを使用するようで・・・。
042202.jpg
背中に巨大な扇風機のようなものを背負っていました。

それにしても、上空から見る久米島はそれはそれは美しく、思わずうっとりの今日この頃・・・。
042203.jpg


2005年04月22日

投稿者 sora@kumejima : 22:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

守り神

0419.jpg
イーフビーチから、遠くはハテノ浜までが一望できる高台に立つこの赤瓦屋根のお家、一見普通の民家のようですが、実はココは「やちむん(焼物)」工房なのです。ご主人がこしらえたぽってりとした素朴な焼物の数々が縁側に展示されています。
そして何よりも、ココでシーサー作りができるのがワタクシのお気に入りです。
041902.jpg
オクサマのご指導を受けながら、のんびりと土を触るのはなんとも言えずいい気分。我が家では子どもたちが作ったシーサーがお家の守り神になっています。
お邪魔したコノ日は、とっても大きなシーサーがおいてありました。
ガラスの目がとっても愛くるしくて、ちょっと一目ぼれしたワタクシです。
041903.jpg
やちむん「土炎房」

2005年04月19日

投稿者 sora@kumejima : 18:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

じぃ~まのおじいのさ~た~や~

久米島を訪れるならば、モチロン「ハテノ浜」や「イーフビーチ」「畳石」なども
ポイントもはずせないのだけれども、それ以外にぜひぜひオススメなのが
「出会い」である。なんだかちょっと怪しげに聞こえるけど、久米島人との出会いは
なかなか味のあるものだと思います。
とはいえ、出会いにはきっかけが必要で(偶然もあるけど)・・・・・。
そこで、本日は久米島にきたら1度は訪ねてほしいところをご紹介。

それは比嘉にある黒糖屋サン「じぃ~まのおじいのさ~た~や~」
昔ながらの製法で黒砂糖を作っているお店です。
041502.jpg
おじいを手伝ってお店を切り盛りするのは、お嫁さんのかずみちゃん。
彼女はとっても気さくで楽しい人。
0415.jpg
その人柄に魅了され、お土産に黒糖をと立ち寄った方々がついついユンタクに花が咲き
気がつけば長居していたなんてこともしばしばです。
というワタシもふらっと立ち寄っては、長居してしまうのですが・・・。
彼女のお店、絶品の黒糖のほかにサーターアンダギー(黒糖を使用してるんですよ)なども
おいてあります。どれもお土産にオススメですよ。
041503.jpg

2005年04月15日

投稿者 sora@kumejima : 20:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

バードアイランド

鳥島漁港を見下ろす高台にある喫茶店「バードアイランド」
今ではすっかり島人の本土出身のオクサマと、海人のダンナサマが営むお店。
二階建ての建物で2階が喫茶店、下階は宿泊することも可能なので本土かのリピーターも多いのです。
店内には、来店の思い出をつづったノートとともにたくさんの写真が貼られているのを見ても納得。
041302.jpg
でも何より、気さくなオーナーご夫妻の人柄に魅力を感じて集るのが本音かなぁとおもいます。何をかくそうワタクシも時々出没しては、ユンタクして行く一人です・・・。
0413.jpg
この時期、ダンナサマは天然モズクの収穫に大忙しですが、6月頃から「ハテノ浜」への送迎もしています。久米島にお越しの際は、ぜひ1度お立ち寄りいただきたいお店です。
ちなみに、ここの「タコライス」かなり絶品ですよ!!
041303.jpg


2005年04月13日

投稿者 sora@kumejima : 15:11 | コメント (0) | トラックバック (0)

久米島でゆくログ: 2005年04月 アーカイブ
久米島ブログ

沖縄県那覇市から西方94Kmの東の島から
あんなことやそんなことまで

空からの眺め・・・

0422.jpg
ココ1・2年、久米島でパラグライダーをする人々を見るようになりました。
空港側のシンリ浜や宇江城城址・そしてココイーフビーチなどが出没場所です。
時々ドライブしていると、彼らとばったり遭遇して、喜んで手を振る子どもたちに、気さくにこたえてくれたりしていました。

空中にぽわ~んと浮かんでいるその姿はとっても優雅で、どちらかといえば鳥というよりは風船みたいな感じです。

今日はビーチで彼らに遭遇。何でも平地から舞い上がるときにはエンジンつきのプロペラを使用するようで・・・。
042202.jpg
背中に巨大な扇風機のようなものを背負っていました。

それにしても、上空から見る久米島はそれはそれは美しく、思わずうっとりの今日この頃・・・。
042203.jpg


2005年04月22日

投稿者 sora@kumejima : 22:59 | コメント (0)

守り神

0419.jpg
イーフビーチから、遠くはハテノ浜までが一望できる高台に立つこの赤瓦屋根のお家、一見普通の民家のようですが、実はココは「やちむん(焼物)」工房なのです。ご主人がこしらえたぽってりとした素朴な焼物の数々が縁側に展示されています。
そして何よりも、ココでシーサー作りができるのがワタクシのお気に入りです。
041902.jpg
オクサマのご指導を受けながら、のんびりと土を触るのはなんとも言えずいい気分。我が家では子どもたちが作ったシーサーがお家の守り神になっています。
お邪魔したコノ日は、とっても大きなシーサーがおいてありました。
ガラスの目がとっても愛くるしくて、ちょっと一目ぼれしたワタクシです。
041903.jpg
やちむん「土炎房」

2005年04月19日

投稿者 sora@kumejima : 18:33 | コメント (0)

じぃ~まのおじいのさ~た~や~

久米島を訪れるならば、モチロン「ハテノ浜」や「イーフビーチ」「畳石」なども
ポイントもはずせないのだけれども、それ以外にぜひぜひオススメなのが
「出会い」である。なんだかちょっと怪しげに聞こえるけど、久米島人との出会いは
なかなか味のあるものだと思います。
とはいえ、出会いにはきっかけが必要で(偶然もあるけど)・・・・・。
そこで、本日は久米島にきたら1度は訪ねてほしいところをご紹介。

それは比嘉にある黒糖屋サン「じぃ~まのおじいのさ~た~や~」
昔ながらの製法で黒砂糖を作っているお店です。
041502.jpg
おじいを手伝ってお店を切り盛りするのは、お嫁さんのかずみちゃん。
彼女はとっても気さくで楽しい人。
0415.jpg
その人柄に魅了され、お土産に黒糖をと立ち寄った方々がついついユンタクに花が咲き
気がつけば長居していたなんてこともしばしばです。
というワタシもふらっと立ち寄っては、長居してしまうのですが・・・。
彼女のお店、絶品の黒糖のほかにサーターアンダギー(黒糖を使用してるんですよ)なども
おいてあります。どれもお土産にオススメですよ。
041503.jpg

2005年04月15日

投稿者 sora@kumejima : 20:20 | コメント (0)

バードアイランド

鳥島漁港を見下ろす高台にある喫茶店「バードアイランド」
今ではすっかり島人の本土出身のオクサマと、海人のダンナサマが営むお店。
二階建ての建物で2階が喫茶店、下階は宿泊することも可能なので本土かのリピーターも多いのです。
店内には、来店の思い出をつづったノートとともにたくさんの写真が貼られているのを見ても納得。
041302.jpg
でも何より、気さくなオーナーご夫妻の人柄に魅力を感じて集るのが本音かなぁとおもいます。何をかくそうワタクシも時々出没しては、ユンタクして行く一人です・・・。
0413.jpg
この時期、ダンナサマは天然モズクの収穫に大忙しですが、6月頃から「ハテノ浜」への送迎もしています。久米島にお越しの際は、ぜひ1度お立ち寄りいただきたいお店です。
ちなみに、ここの「タコライス」かなり絶品ですよ!!
041303.jpg


2005年04月13日

投稿者 sora@kumejima : 15:11 | コメント (0)