2006年11月30日

スピリチュアル コンサート

Ron%26Alfie.jpg
誘われるままに、ある方からご招待を受けてコンサートへ出かけた。
ロンブラウンさんとアルフィサイラスさんの共演のコンサートだ。

自分はこの方々をあまり知らなかったがロンさんは、スティービーワンダー、ホイットニーヒューストン、ダイアナロス、デュークエリントンなど世界一流ミュージシャンのサポートサックス奏者。アルフィさんはマイケルジャクソン、クインシージョーンズ、ホイットニーヒューストン、クリスティーナーアギレラ、バーバラストライサンド等のバックコーラスとしてのキャリアを持つ歌手で、4オクターブの音階が出るという彼女。早々たる顔ぶれのお二人であった。

ただ、何でこんなお二人が名護の隣町の小さな本部公民館にきたのか不思議だった。
細かいところはわからずじまいだったが、どうやらロンさんはかなりの日本好きで、ギャラが少なくても話しがあったら行かせてくれ!ッて言うぐらい日本が好きなのだそうだ。

そして、日本へ行く作戦として日本語を習い、日本語の弁論大会で優勝するなど前世は日本人?と思わせるぐらい日本を愛している彼を会場に来ていた家族連れやおじさん、おばさんまでフレンドリーな雰囲気で反応し、後半は席を立ってリズムをとるおっちゃんおばっちゃんも出てくるくらいになった。
Ron%20brown.jpg
彼の話からは昔麻薬で落ちるところまで落ちて、友人が断食してまで彼が立ち直るように祈り続けてくれたお陰で、本当に目が覚め息を吹き返したという話しがあった。そしてその友人が信仰していたのがイエス・キリストで彼もそれから深くキリストに信仰している、ということだった。因みにアルフィさんも麻薬から立ち直り似たような生い立ちを持っていた。

曲と曲の間では、何度も「イエス様がいなかったら今の自分はいなかった。」を繰り返し、会場の人たちにも「・・・change yuor heart・・・」を訴えていた。

なんかコンサートでありながら、ロンさんが好きな日本を、もっと良くなってほしいと祈っている伝道師のように感じた。

会場が狭いこともあって、自分の席はパイプ椅子でしかも椅子がやや前に傾斜していてかなりお尻が痛かったが、彼らの音楽の才能はもとより、思想に触れられたことは素直に嬉しかった。狭い会場が逆に親近感がもててよかったな。

やはり、その人本来の人間性に触れると人は垣根を取っ払い、近寄りたい、一緒にいたい、統合されたいと思うのだろうね。

世界をまたにかけて活躍している人が素晴らしいメッセージを発している姿、本当に感動しました。
招待していただいた方や関係者にも感謝!

投稿者 : 11:04 | コメント (0)

2006年10月25日

たどりついたらパワースポット!

asagi.jpg
あと2ヶ月で年末だ。
なのに自分はまだ半そでのポロシャツと膝までのパンツで夏服のまま。
気温は27度、夏日だ。
ただ、朝夕は比較的涼しくなってきたので季節の移ろいを感じることができる。

本日は、体験ダイビングとサバニ海人体験をスタッフに任せて大宜味村にやってきた。
何しにきたかというと、萱葺きの東屋を作りたくてその屋根の素材を調べに来たんだ。

最初は、芭蕉布は芭蕉の幹から繊維をとって作っていると聞いたので芭蕉会館に行けばさぞかしたくさんの芭蕉の葉があるだろうと思っていったが、確かに葉っぱは捨てるほどあるのだが、この葉っぱは枯れると形を保てず屋根代わりにならないことがわかった。
因みに芭蕉はバナナと同じ種類であの葉っぱをイメージしてもらえばいい。

芭蕉会館の親切なおばちゃんと話しているうちに、20年ほど前に大宜味村で萱葺きの集落があったとかで、役場で聞いたらどうかとの事、早速国頭村村役場へ向かった。

そして役場の詳しい人と話した結果、その集落は安田だったことを突き止める。
しかし、東海岸へと横断しなければならないな、と思案していたら近くの比地大滝で有名な比地の集落にアサギ(神様が降りてくる拝所で村の神事をつかさどるところ)があって、それに使っていることが判明。素材は琉球竹、いつもやんばるの森の中で見ているやつだ。

近くに行ってもわかりづらい場所だったので、道中いろいろな人に行き方を教えてもらう。

そしてとうとう目指すアサギとご対面。
沖縄のアサギは現在はほとんど瓦葺が多い中、萱葺きが残っていること自体にも感激した。
meditation.jpg
そして、その周辺を見てまたまたビックリ。

大きな木々が静かに、しかし威風堂々と生息している。
しかも巨木だらけ。

たぶん大アカギだと思うが、首里の内金城御嶽(ウチカナグシクウタキ)の有名なアカギが樹齢200年~300年らしいので、このアカギは軽く200年はいってそうだ。

まるで、ロードオブザリングで巨木達が戦う為に体を揺さぶりながら行進する場面があったが、まさにあの感じの巨木のパワーだ。

信じられないかもしれないが、その場所にいる間は頭がぼーっとしてしばらく目眩がしていた。
思わず、しゃがんで目をつぶったら今度は、まぶたの内側を稲妻が走る。
何かわからないがその場のパワーだけはすごいものを感じた。

写真ではわかりにくいかもしれないが、上のほうまで枝の太さが太いままで数百年生きてきた存在感に圧倒された。

今日は、ただ萱葺きの屋根を探しに来ただけなのに・・・

たどりついたら、かなりスピリチュアルな場所だったなんて・・・

本日も、思わぬ癒しに感謝!

比地大滝に行かれる方で、その筋が好きな方は是非いかれるといいパワースポットでした。


投稿者 : 18:20 | コメント (0)

2006年10月20日

前世は・・・

syuryo.jpg
最近は、テレビなどでも平気で「前世」について話したりしている。
一昔前なら公に話していたら奇異な目で見られたに違いない。

もちろん今だってそういう雰囲気はある。
しかし、確実に時代が変わってきているのだろう。
アメリカでは日本より輪廻転生を信じている人たちが多いとさえ聞いている。

書籍もベストセラーに「前世療法」ブライアン・ワイス著というのをはじめいくつも出版されている。

丁度昨日も途中からではあるが、たけしの番組の「アンビリーバボー」で自分の3歳の子供が第2次世界大戦に硫黄島で戦死したある人のことを克明に話し出し、調べたところ全て真実だった、という内容だった。つまり、その子供は硫黄島で戦死したその人そのものだったということでこの子供の前世が戦死した軍人だったわけだ。

前述のブライアンワイス博士は精神科医として精神的に病んでいる多くの人々を治療していたのだが、ある時、治療中に患者が過去世の話しをしだし現在の病気の原因を突き止め、一気に容態が改善することを博士は理解した。科学者として最初は否定していたがやがて臨床を重ねるごとに認めざるを得ない事実となったのだ。

つまり、現在のほとんど多くの病やトラブルの原因は過去世にあってその原因を体験しなおすことで結果である現在の病が終息することを発見したのである。

全く不思議ではあるが「原因」と「結果」が必ず存在することから考えれば原因がわかれば結果も改善するのは道理だと思う。

関心のある方は一度読まれると大変興味深い内容が書かれている。

写真は最近、修学旅行に来てくれた若者たちである。

まだまだ、真っ白い心で純粋な感じ方をしていて素敵な青春時代を送っている真っ最中だ。
これからの人生、様々なことに遭遇し未来へのいろんな原因を作っていくのだろうけど、是非間違った原因だけは作って欲しくないと願うばかりである。

ところで自分の前世は・・・?だいたいわかる気もする。感じるものがあるからだ。

たぶん近いうちにもっとはっきりするのではないだろうか。

何故って?それは・・・長くなるのでまた別の機会にしよう。

それより、お隣の将軍様のほうが知りたい。

あんたの前世に何があったのか?誰か彼に前世療法をしてやって欲しいものだ。

原因がわかれば結果がよくなるってことだからね。

投稿者 : 19:48 | コメント (0)