« 沖縄の食堂 | メイン | 雨降り »

2006年04月04日

三線 ~さんしん~

三線とは沖縄の三味線のこと。
夏川りみさんとかビギンさんとかが活躍して
三線もすっかり有名になった。
たった、3本の線で沢山の音色を出すねんから不思議やー。

さてさて、本土にも昔から歌われている歌がいろいろあるけど、
沖縄の民謡は、また、特徴的。
圧倒的に恋歌が多いけど、教訓歌もあって"じ~ん”ときてしまう歌も多い。

歌には当然、方言が使ってある。
方言がわからなければ、意味もわからない。
でも、歌の意味は、結構、ストレートな描写でおかしい。
たとえば、方言では書けないけど、意味として
「今晩、愛しいあなたのところに訪ねるから、音が出る木の引き戸をせずに
 すだれにしておきなさいよ・・・」
これは、家の人を起こさないようにこっそり会いましょうね!ってことを歌にしてるらしい。
でも、これを三線を奏でて歌っていると、なんかしんみりとした曲調になってるんです。 

教訓歌では、“てぃんさぐの花”が有名だけど、
その一節を訳すと、
「小さいころ、ホウセンカの花で爪に色を染めた(つけた)でしょう。
 親の言うことは、肝(ちむ)、こころに染めなさいよ(とめなさいよ)。」と。
とってもシンプルなんだけど、この歌はいつ聴いても感動するなー。

投稿者 関西おんな : 2006年04月04日 12:00

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?