バスレーン 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

バスレーン 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 雨降り | メイン | バスの運転手 »

2006年04月26日

バスレーン

沖縄の交通といえば、
車、バス、タクシー、そしてモノレール。
だから、車の多いこと・・・。
どっからこんなに出てくるねん!と言いたくなるほど。
特に雨の日はテキメン。
朝の通勤時間なんかもう大変!
渋滞もいいとこ。
逆に、"いつもどうやって通勤してるん?”
って思ってしまう。
バスは市民にとってなくてはならないもの。
・・・といっても昼間のバス利用は少ないみたいやけど・・
でもって、朝と夕方になんと「バスレーン」規制があるのである。
免許取るときにちょこっと習ったような気もするけど、
那覇市内には、結構あちこちにあるのです。
「いえ~い!国際通りもスイスイ行けるでぇ~!!」
なんて思って走ったら危ないでぇー。
だいたい、このメインストリートをバスとタクシーだけしか
走ってない、って現象自体がおかしいから。
それは、バスレーン規制があるからや。

・・・といってる私も、5年くらいバスレーンのこと知らんと
  時々走ってしまってたみたいやねん。

投稿者 関西おんな : 2006年04月26日 13:18

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?


雨降り

雨降り 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

雨降り 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 三線 ~さんしん~ | メイン | バスレーン »

2006年04月12日

雨降り

昨日はすごい雨だった。
視界5メートルくらいしかなかった。
まあ、車はちょうど汚れてたから、きれいになった?けど。

で、沖縄っていうか、那覇市内(しか知らないねんけど)では、
大雨の時は注意せなあかん。
一時的なものはええけど、断続的に降り続くと・・・
道路が浸水したり、排水溝に流れた水があふれ出て
噴水?!みたいに噴き出したり・・・。
アスファルトで舗装されているのは助かるねんけど、
土壌が赤土で水を吸収しないもんだから、余計、水の逃げ場がないみたい。
でも、結構メイン道路でそういうことが起こっているもんだから
渋滞はするし、スリップしないか恐いし・・。
便利になって不便になることもあるねぇー。

でも、沖縄にとって雨は、"ゆがふ雨”といって、
農作物や人々の為の"恵みの雨”と言う。
なんか、"ゆがふ”って響きが好きや。

投稿者 関西おんな : 2006年04月12日 17:12

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?


三線 ~さんしん~

三線 ~さんしん~ 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

三線 ~さんしん~ 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 沖縄の食堂 | メイン | 雨降り »

2006年04月04日

三線 ~さんしん~

三線とは沖縄の三味線のこと。
夏川りみさんとかビギンさんとかが活躍して
三線もすっかり有名になった。
たった、3本の線で沢山の音色を出すねんから不思議やー。

さてさて、本土にも昔から歌われている歌がいろいろあるけど、
沖縄の民謡は、また、特徴的。
圧倒的に恋歌が多いけど、教訓歌もあって"じ~ん”ときてしまう歌も多い。

歌には当然、方言が使ってある。
方言がわからなければ、意味もわからない。
でも、歌の意味は、結構、ストレートな描写でおかしい。
たとえば、方言では書けないけど、意味として
「今晩、愛しいあなたのところに訪ねるから、音が出る木の引き戸をせずに
 すだれにしておきなさいよ・・・」
これは、家の人を起こさないようにこっそり会いましょうね!ってことを歌にしてるらしい。
でも、これを三線を奏でて歌っていると、なんかしんみりとした曲調になってるんです。 

教訓歌では、“てぃんさぐの花”が有名だけど、
その一節を訳すと、
「小さいころ、ホウセンカの花で爪に色を染めた(つけた)でしょう。
 親の言うことは、肝(ちむ)、こころに染めなさいよ(とめなさいよ)。」と。
とってもシンプルなんだけど、この歌はいつ聴いても感動するなー。

投稿者 関西おんな : 2006年04月04日 12:00

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?