沖縄の風景 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

沖縄の風景 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】


リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

2010年05月19日

Old Town~夕暮れの迷い道

TS375807.JPG

いつもの道ではなくて、ふとした気まぐれで裏道を通ってみた。景色が
まったく違う。本当にここは、いつものまちなのか、まるで違う場所のようだ。

このように私たちの日常は、ちょっとした変化が起きれば、非日常となる。
その非日常が、望ましい形でってくるのであればよいが、ときには、
とんでもない事態となる場合もある。

明日とは、それほどに、不安定なのだ。だから、今日を大事にしたいと、思う。
愚痴や、人の噂や、過去へのこだわりなどで、大事な時間を潰したくはない。
それが、希望のある明日をつくることになる。


投稿者 masako : 22:03 | コメント (0) | トラックバック

2010年04月28日

与那原良いとこ、一度はおいで

与那原といえば、すぐに思い浮かぶのが大綱引き。 そして、まちなかを歩いていると、思わぬ発見もある。これは、 誰でも借りることのできる、まちかどの無人図書館だ。

TS375716.JPG

新しい家と古い家が混在しつつ、心地よい空間を作り出しており、
緑も多いので、歩くだけでも楽しい。

TS375717.JPG

まちなかには、小さな店がポツリポツリと点在している。そして
それらの店たちは、ちゃんと生きている。この店で見つけたのが、
軽便鉄道をモチーフにした菓子だ。

TS375713.JPG

地域ならではの手作りの産品が心に染みる。

TS375720.JPG

ただし、商店街としての機能は、もはや、無いに等しい。
かつては栄えてたであろう商店街は、住宅街となりつつある。

TS375711.JPG

それでも、与那原のまちには、人と人が触れ合える場所としての
素朴な魅力がたっぷりと残されている。町の散策を楽しめる場所だ。

TS375712.JPG

投稿者 masako : 18:23 | コメント (0) | トラックバック

2010年04月14日

ご先祖様の引っ越し

那覇市。新都心につらなる地域の開発が進み、宅地分譲も進んでいる。
それらの住宅に住む人たちが便利なようにと、道路も作られている。
だから、お墓は撤去される。
TS375645.JPG

この地で眠るご先祖様たちは、本当に引っ越されたのであろうか。

TS375643.JPG

投稿者 masako : 13:47 | コメント (0) | トラックバック

2010年04月01日

医食同源、ぬちぐすい

最近、沖縄の食が乱れていると言われていますねー。おかげで、
沖縄の長寿に赤信号です。一昔前の食生活に戻したくても、
みんな忙しくなって、手間暇のかかる自然素材重視の琉球料理を、
家庭で作ることは少なくなりましたよね。

DSCN3096.jpg

豚肉をたくさん食べるようになる以前の琉球料理とは、
こんな感じだったのかなぁ~。笑美さんちの長寿御膳です。

DSCN3127.jpg

投稿者 masako : 15:48 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月29日

おでかけシーズンですよー

青い空~、白い雲~、沖縄はいま、春~♪
毎日毎日、いい天気。あ~あ、海に行きたいなぁ。

sorasora.JPG

投稿者 masako : 17:30 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月22日

沖縄はいま黄砂の空

DSCN3003.jpg

すこし、青空っぽくなってきたけど、昨日からずーっと、
汚れた都会の色をしている沖縄です。犯人は、黄砂! 

秋縄の空は、パッキリといさぎよい「青」でなくては、いかんねぇ~。

投稿者 masako : 11:22 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月04日

沖縄立博物館・美術館

なかなか足が向かなかった沖縄県の博物館。なんとなく、威圧感を感じる建築群なので、入りたい気持ちにならなかったのが正解。たと比較するのは失礼なのだが、建築デザインに対するイメージだけでいうと、浦添市の美術館は秀逸だ。

なんだろう、あれ。

行ってみたい。

なかはどうなっているのか。

よし、はいってみよう!


そんな気になるのだが、どうもこの建物は、苦手……。
あ、中の展示は良かったであるよ。
TS375525.JPG

投稿者 masako : 14:21 | コメント (0) | トラックバック

2010年02月22日

伐採屋さん

DSCN2890.jpg

沖縄にしか、無い、と思う。


本土だと、植木屋になるか、はたまた、便利屋さんか。

投稿者 masako : 13:32 | コメント (0) | トラックバック

2010年02月10日

映画館は魚屋さんになる

TS375449.JPG


日本中探しても、かつて、映画館だった建物が、
今は魚屋になっているなんて、めったにないだろうなぁ~。

投稿者 masako : 17:02 | コメント (0) | トラックバック

2010年01月28日

浦添は芸術のまち

カタツムリの胎内にいる気分のらせん階段を、ひーこら、ひーこら登っていくと、

ほら、絶景なり~の、浦添美術館の展望台に到着です。

芸術の街をうたう浦添市だけあって、デザインセンス抜群ですよね。しかも、
企画展の内容が実に素晴らしいのです。

美術館で発見したのが、うらそえアートマップでした♪

投稿者 masako : 12:00 | コメント (0) | トラックバック

2010年01月26日

街なかのフェデックス(米版宅急便)

TS375373.JPG

コザを散歩してて、ふと、思ったこと。

街の上を戦闘機や軍用ヘリが飛んでたり、
スーパーマーケットやショップでドルが使えたり、
こんな看板があることを、見過ごしていたり、

それらは、沖縄で暮らす私たちにとって当たり前の光景だけど、
よーく考えると、おかしなことであるよ、うん。

ということで、gooニュースでは
名護市長選の結果について、アメリカ人の意見が紹介されています。

投稿者 masako : 15:40 | コメント (0) | トラックバック

2010年01月10日

沖縄の成人式

DSCN2339.jpg

今日は、可愛い七五三に会いました~♪

あ、ちがった、成人式です。


みんなお揃い。

かっこいいねー。

投稿者 masako : 18:03 | コメント (0) | トラックバック

2010年01月08日

南風原文化センターは必見です

個人的に、超~おすすめの施設が南風原文化センターです。
一度は見に行っていただきたい!と思うのでありました♪

DSCN1605.jpg

DSCN1599.jpg

DSCN1608.jpg

〒901-1113  沖縄県南風原町 喜屋武 257
お問合せ電話 098-889-7399 FAX 098-889-0529
メール bunka-c@town.haebaru.okinawa.jp
URL http://www.town.haebaru.okinawa.jp/

投稿者 masako : 16:17 | コメント (0) | トラックバック

2010年01月05日

がっつり沖縄そばで迎春です

2010年、新春。

沖縄も、旅行客減で厳しい状況ですが、がんばるっきゃないさ~♪
ビンボーでも楽しく生きていく方法は、ちゃんとあるさ~♪
自分の足元をしつかり見つめてみるさ~♪

DSCN2230.JPG

今年もよろしくお願いいたします。

投稿者 masako : 16:23 | コメント (0) | トラックバック

2009年12月12日

がんばれ普天間門前町!

TS375218.JPG

普天間門前まちづくり期成会、ガンバってます。
参考 普天間の未来を語る会

確か10年前、普天間には美味しいパン屋さんがあって、
コザから、いつも買いに行ってました。

普天間神宮の鍾乳洞、行ってみよー!

投稿者 masako : 17:49 | コメント (0) | トラックバック

那覇のホテル業界の現実

DSCN1790.jpg

駅のホームからよ~く見えるように、ビルの壁面を使っての盛大な広告。このビルは、布団などが手すりに干してあるところをみると、マンション系。

ウィークリー・マンスリーか、それとも賃貸か、んなことはどーでもいいけれど、広告内容はホテルの宣伝だぁ~。

那覇のホテル業界、ただいま苦戦中!

観光客1千万人をぶち上げた結果が、外資の進出、ホテルの乱立、地元資本の弱体化だったとしても、いまさらひっこみつかずの沖縄は、アジアを含めた世界のリゾート地としての道しか、残されていないかもしれない。

一歩間違えるとそれは、沖縄のホスピタリティと文化力を失うことにもなりかねない。沖縄の自然文化に敬意を払うのではなく、単なるリゾートを求めてやってくるお客様に奉仕する民族と位置づけられかねない危険性をはらんでいるのではないか。

そんな気がしてならない私は心配症なのだろうか。

投稿者 masako : 11:41 | コメント (0) | トラックバック

2009年12月03日

沖縄の風景が変わる

先日、那覇の農連市場再開発についての説明会が開催されました。
計画自体は、相当古くから進められていたものの、具体的には、
なかなか進展していませんでした。やっと、という感じです。

防災上危険であるから再開発をというわけですが、
もしかしたら、ガープ川氾濫による事故も関係しているかも
しれませんね。

ところで、沖縄に何度もやってくるディープなリピーターさんたちが、
沖縄に何を求めているのか、偶然発見したホームページに答えの一部を
見つけました。農連市場をはじめて散策した時の感想文です。
一部分を引用しますね。、全文はこちらです。

僕らが“沖縄のマチグヮー”と呼んでいた場所は、そう遠くないうちに過去のものになってしまうんだろう。…ひょっとすると、僕が勝手に惚れ込んでいる“沖縄”ってのは、幻みたいなものなのかもしれない。その幻がすっかり消え去ったとき、たぶん僕の沖縄通いも終わるんだと思う。そこいらへんで普通に見られるもの、触れられるもののために、わざわざ沖縄まで旅したりはしない。

いま、那覇の農連市場も変わろうとしています。

投稿者 masako : 15:41 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月24日

米軍基地内のショッピングセンター

嘉手納米空軍基地内にオープンしたショッピングセンターを見学してきました。
イオンとかサンエーみたいな感じです。
DSCN1541.jpg

もちろん、売ってるものは違います。洋服なんかの価格は、
日本と同じぐらいだと思われますが、アウトドアの道具類に関しては、
品ぞえろが豊かで、安いですねー。
DSCN1539.jpg

ただしビジネスとして利益を追求するためのカデナ出店ですから、
お隣のカミサリーと同じ商品なのに、値段が高いものがあります。
DSCN1547.jpg

一番気に入ったのがお年寄りのためのショッピングカートです。
折りたたみだから、車からの出し入れが簡単なんです。
日本のものよりデザインがとってもおしゃれ~。89ドルでした。
DSCN1546.jpg

といいつつ、米軍関係者の皆さんの日常のお買い物はカミサリー♪
カミサリーとは、軍隊の食物配送センターといったところでしょうか。
仕入れたものを仕入れた価格で売るシステムだから、安いんです。
ただしIDがないと中に入れませんし購入もできません。
DSCN1554.jpg


投稿者 masako : 17:51 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月19日

新都心のコンセプト

ヤマダ・テックランド那覇本店、いよいよ明日20日、
那覇新都心でオープンします。

TS375159.JPG

パソコン、家電だけでなく、生活雑貨に食料品。
カー用品にDVDソフト、ゲーム、玩具など、
あれもこれもの大店舗。

テックランド那覇本店のお隣は、おおーっと、
でっかいパチンコ屋のジャンボさん♪

TS375162.JPG

んで!

これら商業施設の真ん前にあるのが!!

おおー、やはり、沖縄県立博物館・美術館。
んーと違和感……、たっぷり……。ムードなし。
しかも道を挟んでサンエーのメインプレイス…。

TS375161.JPG

街づくりのコンセプトが、本当は、
しっかりと作られていたとしても、商売優先、ビジネス優先。
経済中心だと、必ず、そうなりますから、よほど心してかからないと、
街の設計は、たとえ小さな通りだろうと大きな商業地だろうと、
出来ないさ~♪

投稿者 masako : 10:57 | コメント (0) | トラックバック

2009年10月10日

祭り日和の沖縄

10月に入り、やっと気候が穏やかになって、とくに朝晩は過ごしやすくなっています。行楽日和、祭り日和の沖縄。旅行にも最適なシーズンです。

TS374926.JPG

今夜のコザは、月に一度の毛遊びの夜。那覇から参加申込みをいただきましたので、お客様をお連れして、毛遊びとは何ぞやを、今宵しっかりと味わってみましょう。ただいま私は、お客様が来るのを待っています。

そして今日のハロウィン・ホーンテッドハウス。民宿ごーやー荘のヘルパーさんが、ボランティアで参加してくれています。

本人はとっても美女なのですが、こんなになっちゃいました!
すごーく怖いです……。

ところで、今夜は土曜日なのに、パルミラ通り周辺はとっても静かです。きっと、那覇祭りの影響でしょう。国際通りの大パレード、58号線を止めての大綱引き、そして、旗頭行列と、那覇は祭り一色です。

明日は、縁起の良い綱を持ち帰ろうとする人たちで、大混雑するはず。那覇祭りの詳細は那覇ナビでご確認くださいね。

投稿者 masako : 18:33 | コメント (0) | トラックバック

2009年10月06日

那覇の街にお化けが大量出現

台風18号が、沖縄本島をかすめて、日本列島に向かっているまっ最中、
那覇市の国際通りに、お化けが大量に出現した。
016.JPG

ハロウィンだ。怖いお化けもいるけれど、かわいい魔女たちも勢ぞろい。
彼らは、国際通りから市場、アーケード街まで歩きまわり、ハロウィンを
盛大にアピールして、注目を浴びていた。
015.JPG

那覇の街にやってきたのは、10月9日からスタートするハロウィンinコザを、
地域ぐるみで街を盛り上げようとする人たち。かわいい魔女たちは、
大庭学園ソーシャルワーク専門学園の学生さんたちだ。
004.JPG

沖縄市のハロウィンタウンプロジェクトは、既存イベント新規イベントをつなげて、
点を面にしていこうとという取り組みである。日頃なかなか協働できない各団体が、
ネットワークをつなげることでエネルギーロスを減らし、地域活性化に、より多くの
効果をあげようと取り組んでいる。これは、ありそうでなかったプロジェクトだ。

詳しい日程はこちら。
問い合わせは実行委員会事務局へ。
電話098-939-4845

投稿者 masako : 20:39 | コメント (0) | トラックバック

2009年10月01日

末吉宮~熊野三山から琉球の島へ

DSCN0582.JPG

末吉宮は、琉球王国時代、王府から特別の扱いを受けた琉球八社の一つ。祀られているのは熊野権現だ。第6代琉球国王尚泰久の時代に建てられたという。


熊野権現。

熊野三山といわれる熊野本宮、熊野速玉、そして熊野那智。それらは、奥深い紀伊半島の聖なる地であり、太古の信仰が今も根強く残る地である。

紀伊半島の、はるか遠くに浮かぶ琉球の島々。

DSCN0586.JPG

末吉宮は、石の文化といわれる琉球の石灰岩をたくみに活用した石段やアーチ門と、ヤマト文化、あるいは大陸文化の建築様式をしのばせる本堂が文化的に共存する形で、今もひそやかに信仰を集めている。

DSCN0584.JPG

首里の高台。いまや住宅地となってしまったその奥に、遠い遠い、はるか異国の琉球王国にまで影響を及ぼした熊野三山の神々が、静かに眠っているのだった。

投稿者 masako : 15:32 | コメント (0) | トラックバック

2009年09月20日

老いた団地の手すり

たぶん、40年以上前に建てられた団地。立ち退きが決まって半数以上が無人となり、残っている人たちには高齢者も多い。そのせいであろうか、団地内の階段部分にはすべて手すりが設けられている。

TS374850.JPG

40年前といえば、こうした集合住宅がもてはやされた時代だ。均質な労働者を生み出す核家族化を図る上で、団地は非常に役立った。その代わり団地には、じいちゃん、ばぁちゃんの部屋はない。

新婚夫婦。小さな子供のいる家庭。団地内の公園で、
小さな世界を構成しながら子供たちは育っていく。

鉄のドアで区切られた箱の中では、人生の、かなり長い部分を過ごした人も多い。喜び、悲しみ、人それぞれにドラマがあったことだろう。

いつのまにか団地は老朽化し、時代に取り残されていった。もっと広くて、もっと贅沢な居住空間を求めて、働き盛りの人たちは出ていった。しかしその一方で、団地と共に老いていく人もいた。

街に歴史があり、建物も年を取る。取り壊されて、街の歴史は消え、人も消えていく。

投稿者 masako : 11:26 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月14日

ホッピーより泡盛がいいさー♪

TS374427.JPG

さいきんの沖縄では、ホッピーを見ます。庶民感覚のお酒ですよね。
でもさ、安~く飲むにしても、やっぱ私は、こっちがいいなぁ~♪

TS374428.JPG

投稿者 masako : 20:09 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月12日

寂しいショッピングセンター

隣町に新しいのが出来てから、なんとなく、元気がない。
そんな感じのするショッピングセンター。

navel.jpg

以前よりも活気がない。でも、それよりもずーっと前から、
このショッピングセンターは、テナントの入れ替わりなどで、
繁栄と衰退を繰り返していた気がします。

日々の商売を淡々と続けていくのは、とっても難しいですね。
周辺の変化に対応しながら、やっていかなきゃなりません。


投稿者 masako : 10:54 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月10日

北谷のサンセットビーチにて

北谷、アメリカンビレッジ。サンセットビーチにて。
TS374275.JPG

なかなかおしゃれな看板ですよね。さすがは北谷。
さりげなさの中の、ちょっとおしゃれなセンスは、簡単なようでいて、
なかなか難しいと思うのさー♪

投稿者 masako : 01:00 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月07日

沖縄の出入国バランス

この看板を見て、


ふんふん、それがどーしたの?

ってな反応になってしまったら、あなたはもう、完璧に!
沖縄に染まっています! 

沖縄に引っ越しちゃった人たちは、最初のうちこそ、きゃー、なにこれ!
騒ぐものの、いつしかすっかり、ウチナー化。

いやいや、ウチナー化できない人もいたりして、そーいう人たちは、
2~3年で、こんな島いやだー!とばかりに戻っていきます。

これで沖縄の出入国バランス(?)が、なんとか保たれておるのだなぁ~。

投稿者 masako : 21:27 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月11日

浦添市の住み心地

浦添城址公園からは、首里城まで見渡せます。
keshiki.JPG

復元工事が進む浦添グスクと浦添ようどれですが、浦添は
ゆいレールの延伸も予定されており、住む環境としては、
なかなかベスト。文化と教育に力を入れています。

南部、北部に行くにも便利で、緑が豊か。知人が、
浦添市から離れたがらない気持ちが理解できます。
朝と夕のラッシュさえ緩和されたら言うことなし!

投稿者 masako : 16:21 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月07日

死者の国から

TS374165.JPG

癒しの島には、かつて、たくさんの死体があった。それはほんの少し前の出来事だった。このガマでも、何百もの死体が積み重なり、相当の死臭が漂ったという。

しかしいまは、静かに静かに。

ML_TS374164.JPG

沖縄の聖地、ガマ、御獄、そして古墓。あるいは王墓。
対象がなんであろうと、無意識ながら手を合わせてしまう。
私にとってそれは宗教ではなく、死者に対する敬意。

未来と過去が、沖縄という島では濃密に交差している。

投稿者 masako : 23:25 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月06日

誰の土地?

TS374130.JPG

ふーん、なんか変だ。

ML_TS3741310001.JPG

投稿者 masako : 15:49 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月03日

桜坂にて

誰も信じないのですが、私は、基本的に引きこもり系でございます。ずーっとずーっと、口をきかず、本を読み続ける生活も平気。夢は、古書店の店主。これでは、まず間違いなく、生活できん……。

なにしろ社会では、人と人のコミュニケーションが必要。人は1人では生きられない。なかには「1人のほうが良い」と言う人もいますが、完全に孤立した独り、はありえません。人間は必ず誰かとかかわっています。そんなこと言う人に限って、周囲に甘えているだけのことです。

TS374074.JPG
桜坂にて

投稿者 masako : 18:18 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月01日

太陽の下の緑のアーチ

ML_TS374087.JPG

再開発が進み、道路がどんどん広くなり、古い家屋が軒並み消えていく。そんな光景を見ることが多くなった最近の沖縄ではあるけれど、太陽をいっぱい浴びて生命のエネルギーを取り込み、空いっぱいに緑を茂らせている元気な古木たちもいます。


投稿者 masako : 12:35 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月31日

その根拠が知りたい

TS374055.JPG

二番目に安い!?

それは本当のことなのでしょうか。根拠はどこにあるのでしょうか。
では、一番安いのはどこなのでしょうか。

知りたい!

投稿者 masako : 15:17 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月25日

仏事はすべからく旧暦です

昨日は旧暦の5月1日でした。御先祖様にお供えするチャーギを替える日です。
TS374031.JPG

沖縄では、まつりごとはすべて、旧暦で動きます。
本土では、仏壇に備えるのは宗派によって菊などの花だったり、
あるいは榊だったりしますが、沖縄では、榊の代わりに
チャーギ(イヌマキ科)を備えるようです。

チャーギは、硬くて、美しく、湿気にも病害虫に強いため、沖縄では
建築用材や家具、仏壇などに重宝されてきました。

投稿者 masako : 12:14 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月24日

梅雨で晴れてますが何か?

一昨日、撮影した写真なんですが、沖縄はいま、梅雨です。
そりゃあ、晴れてますけど、。なにか、文句あります?

TS374006.JPG

梅雨だからといって、毎日毎晩ざーざーっと降り続くわけではない。
雨のち晴れのち雨??? ってな感じでしょうか。

ワタクシ的には、曇り空がうれしい…。
太陽がイタくないから……。

でも、日焼けするのは晴れだろうと曇りだろうと同じですので、
要注意!


投稿者 masako : 14:51 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月21日

梅雨の青空

沖縄はいま、梅雨真っ盛り! のはずが……、

こんな空なんです!

TS374003.JPG

梅雨シーズンの沖縄には来ない、なんて人がいるとは思うけど、
それって、意味なし! お天気は運次第なんです。

雨のはずが、昨日も今日もピーカン、快晴、暑い!


投稿者 masako : 11:24 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月17日

誰かが見ている

TS373978.JPG

誰かが見ている。

視線を感じる。

振り返るとそこには、馬が居た!

沖縄市の田舎道にて。

投稿者 masako : 18:06 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月14日

那覇のビーチといえば

TS373909.JPG

那覇市内でただ一つのビーチ。ただいま沖合で道路工事中のため、
景観が著しく低下しておりますが、市内からちょこっと行ける点では、
便利、ではあるなぁ~。

観光視点ではちょっとイタいけど、ご近所さん、家族づれなどが、
自転車で遊びにいくポイントになりつつあります。

那覇市若狭の波の上ビーチにて♪

投稿者 masako : 13:14 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月10日

母の日のお絵かき

TS373871.JPG

5月10日は、母の日。お母さんを描いた絵がいっぱいです。
名前を眺めていて、世の中変わったなぁと、改めて実感。

子どもたちの名前が、

りいず、とか、りん、とか、ひな、とか、今風でございます。
男の子の名前も、沖縄的な命名ではなくなってます。
男子は、韓国と同じに、土、水、火などヘンを重要視するのですが、
最近はそれが消えかかっているのかもしれません

ゆたか、だい、ひろし、といった一文字が増えてます。

沖縄も、大きく変化しつつあります。

投稿者 masako : 15:32 | コメント (0) | トラックバック

空が青いので

TS373875.JPG

空が、あまりにも青いので、車を走らせてみました。
5月の日曜日の沖縄は、人も車ものんびりと、
心地よい気候を楽しむように、
ゆったり過ぎていきます。

投稿者 masako : 14:33 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月08日

飲酒運転ワースト県返上作戦

沖縄市のゴヤ十字路にて。

後ろから見たら「みんな並んで何してるの?」だったので、
前に回ってみました。すると、

TS373853.JPG

交通安全活動です。飲酒運転禁止を訴えて、皆さん道路に向いて並んでいたわけです。

納得できて、胸すっきりだー!


投稿者 masako : 18:53 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月06日

とみとんの沖縄そば博

TS373829.JPG

豊見城のショッピングセンター「とみとん」にある沖縄そば博。
しっかりと人を惹きつけています。観光の方もけっこういます。
那覇にコレがあったとき、苦戦していたと思われるのですが、
とみとんでは、うまく運営されています。

なんでかなぁ。

内装のせいなのか、運営手法なのか、それとも立地?

いずれにしても豊見城は、今年の夏、ブレイクしそうですね。

投稿者 masako : 13:56 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月28日

納得できる張り紙

TS373736.JPG

沖縄は猫が多いですね。野良ネコちゃんも元気に繁殖しています。

投稿者 masako : 15:35 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月23日

やっぱりアナログが好き

沖縄の街は変化が激しく、道路拡張による立ち退きも多いため、半年ぶりとか1年ぶりに行くと、存在していたものが無くなり、同時に新しいものが生まれていたりで、驚いてしまうことがあります。

全く変化のない街というのも、これはこれで問題があるわけですから、街が生きているのだ、と思わざるを得ないのですが、道路が広くなることに関しては、はて、それってどうよ? と思ってしまうことがあります。

道路拡幅によって渋滞は緩和されますから車にとっては便利。でも、人の暮しという面で見ると、歩く楽しみが無くなっていく。だから、路地裏や筋道の魅力がクローズアップされる昨今です。

TS373706.JPG

日々激しく変化する私たちの暮らし。スピードアップされる社会について行くしかないのでしょうが、それでもなかには変化を拒む店もあります。

そんなお店を見つけるのが最近の楽しみの一つ。
那覇のローズルームにて。


投稿者 masako : 13:59 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月20日

ほんとに日本?

ここはどこ? もちろん沖縄。北谷で開催された天下一ファイトの会場です。

IMG_1024B.jpg

といっても、なかなか信じられないようで、那覇の人がびっくりしてました。

IMG_1025C.jpg

このように初めての人はおどろくのですが、沖縄本島中部のコザや北谷では違和感のない風景であり、こうした催しもまた、誰でも気軽に観戦できます。

天下一ファイトは毎月第三日曜日に実施中!

投稿者 masako : 22:27 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月14日

豊見城の夕暮れ

TS373629.JPG

沖縄本島南部。最近人気の豊見城タウン。
那覇のベッドタウンとして、あるいはシティリゾートとして
今年の夏は、大勢の人でにぎわいそうです。

投稿者 masako : 16:17 | コメント (0) | トラックバック

2008年06月27日

惜しい! 那覇のバーにて

那覇の、おしゃれなバーにて。

でも、この夜景は……、とっても痛い。

P1050657.JPG

痛い理由は聞かずもがな、ですよね。
せっかくのナイトスポットなのになぁ。


投稿者 masako : 02:32 | コメント (0) | トラックバック

2008年06月24日

古い扇風機

TS372876.JPG

あまりにも、暑い、暑いを連発するものだから、
ご近所から扇風機をもらいました。

こんなの、もう売ってません。
ナショナルのロゴが旧体ということは、
うーん、20年以上前のもの?もしかしたら30年前?

でも、元気に回っています。
心地よい風が送られてきます。


投稿者 masako : 13:40 | コメント (0) | トラックバック

2008年06月21日

人類は退化する

世の中は携帯時代だというのに、まだまだ生きてるダイヤル電話。

HIGH2.JPG

しかし、ダイヤルを回すことができません。最後までうまく、
ジーコジーコとやれないのです。

これもまた、人類の……、退化?

記憶することを、私たちは外部で行っていますよね。
脳のなかに、では無い。

そのかわりに、とんでもないディスク量を手に入れた。
ありとあらゆる情報を記憶にとどめることができます。

それらは、上手に整理してこそ役立つ。
整理がヘタな人間は、どれだけ情報を貯め込もうと、
結果として活かしきれない。私などはその典型。

整理上手じゃないと、やってけないなぁ~。

投稿者 masako : 15:57 | コメント (0) | トラックバック

2008年06月19日

原色の島

P1050571.JPG

梅雨が明けて、真っ青な沖縄の空。

梅雨といっても、カラ梅雨で豪雨もなければ、長雨もなく、
わりと快適に過ごせましたよね。そういえば去年も…。

夏の沖縄はひときわ青く、その青と海の青が重なり、
雲が彩りをそえ、地には緑。

原色が似合う島です。


投稿者 masako : 13:49 | コメント (0) | トラックバック

2008年06月06日

クースでキッスはないでしょー!

TS372847.JPG

かねてから気になっていた、この看板。古酒泡盛の宣伝なんですが、
あまりにも、カッコ悪くて、そのせいで妙に印象に残ります。

何の意味があるんじゃろねぇ? 単なる語呂合わせだけ?

内容的にはかなり無理があると思うのだけど、だからこそ
印象も強いわけで、これを採用した泡盛酒造所の英断に拍手!


投稿者 masako : 11:34 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月16日

おき☆マニって、どーよ

P1040799.JPG
おきマニ???

ヘナボディアーティストのDANさんに、無理やり!
こんなものを描かせたのはau携帯サイト・沖縄マニアックス編集部!
よーく見てくださいね。ウサギのウンチコロコロまで入っています。

P1040800.JPG

おき☆マニとは、沖縄にハマっている人のための
おもしろコンテンツ満載サイトでーす♪

投稿者 masako : 12:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月07日

海辺での出会い

海までひとっ走り。

別に、海水浴がしたいわけではなくて、
ぼーっと海を眺めて過ごす。

ただそれだけのことで、心が軽くなるから不思議。
海には、それだけ大きな魅力があります。それは、
私たちが海からやってきた生き物であることの証。


地元のオジィに声をかけられました。

どっから来たの? 旅行?
いえいえ、住んでいるんですよ。

人に対して用心する必要の無い沖縄では、
見ず知らずの人とも気軽におしゃべりが始ります。

20~30分、あれこれ会話して、昔話なども教えてもらい、
じゃ、また会おうね~で、お別れ。

そして、ほんとに会ったりするから世の中は不思議です。
というか、沖縄が小さな島であるからかも知れないなぁ。


投稿者 masako : 02:55 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月03日

ありふれた沖縄の光景

地元のオジィ・オバァが、オープンカフェでくつろいでいます。
みんなが食べているのはハンバーガー。
みんなが飲んでいるのはアイスティー。

沖縄の、ごくごくありふれた日常です。

投稿者 masako : 15:01 | コメント (0) | トラックバック

2008年04月26日

ハナコとテツロウの沖縄ウェディング

結婚式の定番、それは豚の丸焼きだー!

先日、沖縄でウェディング&新婚旅行の際、コザ滞在というトンでもない快挙をしでかしてくれた、ハナコさんとテツロウさんから、結婚式の写真をいただきました。

こんな結婚式って、とってもステキですよね。これらの写真からは、2人が本当にリラックスして楽しんでいる姿が伝わってきます。

きっと、お2人の生き方、考え方がピッタリとマッチしているのでしょう。2人の笑顔を見ていると、私も思わずニッコリです。

ユニークな家庭を築くのは、間違いなし!



投稿者 masako : 03:56 | コメント (0) | トラックバック

2008年04月25日

沖縄定食の王様はBランチであった

なぬ? ニッポンのソウルフードとな? 沖縄を忘れちゃ困ります。
とーぜん、ベタなコザのフードをご紹介するのだ!
つけ緬、激甘カレーに、負けられないのだ!

ソウルフードといえば、やっぱり味噌汁なのだ!
そして……。

と威張りつつ沖縄の大衆料理トップ3を勝手に決めてみました。
P1010586.JPG

投稿者 masako : 02:36 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月30日

もったいない!

P1040440.JPG


もったいない!

はい。その通り!

エコな生活をしましょうね~♪

住宅街のなかの、
さらにその奥にあるリサイクル工房でした。

投稿者 masako : 18:45 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月24日

ウートートーのシーズン

TS372737.JPG

そろそろシーミーです。シーミーを漢字で書けば清明祭。
まぁ、お彼岸のようなもので、ご先祖様の眠るお墓の前で
親族一同うちそろい、供養をするのではございます。

ウートートーとは、拝みの言葉。
オバァが仏壇の前で手を合わせ、孫たちに
「さぁ、ウートートーしようね」などと教えているのです。


投稿者 masako : 17:26 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月16日

沖縄の海シーズン

P1040236.JPG

そろそろ沖縄では、シーズン突入です。
ぽかぽか陽気どころか、あっというまに暑~沖縄。
海辺が恋しくなる季節の到来に、

車をとばして海に行ったら、
なんと引き潮真っ最中。

時間があれば、
このまま満ちてくるのを待っていたかったなぁ。
だって魚たちが、どどーんと押し寄せてくるのですよ。

どれもこれも、美味しそうな魚たちさ~♪

投稿者 masako : 09:25 | コメント (0) | トラックバック

2008セントパトリックスデー

2008年3月15日(土)に行われたセントパトリックスパレード。
天気のよいこの日、コザではあちらこちらでイベントが開催され、
心地よい1日を楽しんだのでありました。

P1040284.JPG

P1040281.JPG

P1040280.JPG

P1040288.JPG

P1040302.JPG

投稿者 masako : 01:52 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月15日

二ヶ国語表示

P1040243.JPG

沖縄は、注意書き看板やらなにやらが、
二ヶ国語で表示している確率が高いですよね。
特に中部。

そういえば、自動車道でチケット発券のとき、
「テイキアティケット」のアナウンスに、
妙な感動を覚えたことあり。

投稿者 masako : 04:14 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月09日

コザ局1ケタの電話番号

昨日、うるま市で見つけた看板。
お、ご近所の病院だ。

TS372699.JPG

そんなに古ぼけていないのだけど、この電話番号では意味無し。
いったいいつごろ設置されたのでしょうか。

現在のコザ、すなわち沖縄市は3ケタの局番となっています。
ところが看板は1ケタ。しかもコザの文字。

おかげで、看板をじっくりと眺めてしまいました。
私の様に、この手のものに惹かれる人が
沖縄にはけっこう多いはずだから、
広告効果は高いはず。

もしかして、ワザとやった???

んなことは無いですよねぇ~。

投稿者 masako : 00:17 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月06日

コザの春

P1040189.JPG

気温は低いけど、確実に春。
陽の色、空気の色が違います。

コザ・パルミラ通りに、鮮やかな花が咲き出しました。
街路樹も、もうすぐ緑を茂らせるでしょう。

これからの季節は、ベンチにすわって読書したり、
お茶したりが楽しい、コザのストリートです。

投稿者 masako : 13:04 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月24日

沖縄の子供たち

P1030968.JPG

道を使って、ケンレンパッ。

P1030967.JPG

コザのパルミラ通りは、車が入らない遊歩道となっているので、
子供たちは安心して遊べます。

日曜日の午後のひととき。

沖縄の子供たちは、とても素直。
ケンケンパー作りに余念がありません。

子供の声が聞こえる日曜日が、私は大好き。

こうやって、地域の中で子供たちは育っていきます。
大人になっても、地域に対する愛着を、きっと忘れない…。

投稿者 masako : 13:59 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月19日

商店街散歩

TS372639.JPG

寒いですねぇ。だから、沖縄だって、こんなもんを
売ってたりしますのよ。しかも安い!

久しぶりに商店街を、じっくりと眺めながら歩きました。

おおっ!

TS372637.JPG

琉球人形とおたふく人形だー!

投稿者 masako : 19:37 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月14日

春の沖縄

TS372626.JPG

久しぶりに、空が青い。
空気が澄み切って、思わず深呼吸。

沖縄は、春。

あと一ヶ月もすれば、八重山で海開き
子供たちのにぎやかな声。若者たちの笑い声。

いまは、海で遊ぶ人はないけど、もう少ししたら、
みんながやってきます。
TS372607.JPG

やっぱり沖縄は、夏がいいですよね。

投稿者 masako : 11:15 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月11日

がんばれ沖縄ちんどんや

P1030628.JPG

NPO沖縄ちんどんや同好会、略して沖ちん同。

本業ではなくて、町興しのためのボランティア団体として、
3年前に結成されました。

古い商店街や沖縄の共同売店などの盛り上げに、
大きな役割を果たしています。

大きな商業施設ではチンドンを行わない、というのが
彼らのポリシー。そのかわり地域を支援するためには、
呼ばれなくても駆けつけるのです。

いろんなメンバーが加わって、
活動の幅も広がって、多角的視野でがんばってます。

そんな沖チン同を見かけたら、
声をかけてあげてくださいね♪

投稿者 masako : 15:56 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月08日

神さまのお告げ

kami.jpg

シルミチューの神様が、参拝に訪れる人間たちに、
ゴミをちゃーんと持って帰りなさいね~と告げておられます。

神様を、嘆かわしい思いにさせたらいかんです。

シルミチュー霊場は、琉球開闢神話にまつわる聖地。
詳しくはこちらをどうぞ。


投稿者 masako : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月05日

飛行機と猫

TS372602.JPG

空を飛ぶ飛行機を撮影するのって、けっこう難しいです。
「こんなに近い!」と思っても、写真で見るととてもチッポケ。

この写真なんか、かなりよく撮れているほうだと思います。

ここは南部。那覇空港を離着陸する飛行機が、轟音を響かせて
頻繁に行きかいます。

飛行機を撮影しただけのつもりだったのですが、
よーく見ると、あ、猫……。

なんか可愛い。

投稿者 masako : 01:40 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月30日

ネズミ返し

P1030485.JPG

ご存知、フグ提灯。

しかし沖縄では、食べられてしまう運命のハリセンボン。
なにしろアバサー汁は、とってもうまいさ~。

そしてまた、かつてはネズミ返しに活用されたそうです。

食料をぶら下げておく際に、このハリセンボンを取り付けて、
ネズミがかっぱらいに来るのを防いだとか。

生活の知恵ですよね。

投稿者 masako : 16:29 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月23日

アートする街

P1030379.JPG

沖縄の木の実って、いろんな形があるんですねぇ。

可愛いでしょ?

これを使ってアクセサリーを作っているのが、木彫工芸「ゆん」。
アーティストの幸さんは、制作中は一心不乱。
黙々と彫り続けます。

P1030373.JPG

でも、仕事が終われば……、とっても天然ボケ~♪
可愛い先生なのであります。

ゆん先生の作品は、沖縄市の工芸館「ふんどう館」に
展示しています。

P1030357.JPG

「ふんどう館」は、沖縄市のアーティストたちが立ち上げた
ギャラリーです。色んな作品が楽しめますよ~♪

P1030386.JPG

P1030372.JPG

P1030389.JPG

国道330沿い。ゴヤ十字路からうるま市方向に2つ目の信号。
すぐそばです。年中無休。

投稿者 masako : 22:09 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月21日

水曜日の夜だけですか?

P1030339.JPG

コザの社交街で見つけたこのお店。

最初、店の看板ではなくて、張り紙のほうに目がいきました。
募集広告なのですが、年齢不問(すてきー!)にドキドキ。
「もしかして、私も……、おーけー???」

なにしろ、コザのスナックの求人情報には
「年齢 80歳ぐらいまで」!があったりする……。

で、張り紙には、続いて「水曜日の夜」とありましたので、
「なんだ、週1のバイトか」と思ってしまった。だけど、何気なく
お店の名前を確認しようと見上げれば、

なぬ? 店名が「水曜日の夜」とな???


もしかして、この店、水曜日だけの営業???

だとしたら、とってもうらやましぃわ~♪

投稿者 masako : 04:24 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月16日

風雨に耐えて幾歳月

P1030219.JPG

イケてる建物に出会うと、思わず頬がニヤリ。

かなり古そうですが、まだまだ元気にがんばってます。

建てられた当初は鮮やかな色だったろうに、
風雨にさらされて良い味をかもし出してます。

沖縄だからこそ、このような色があうのであって、
本土で、建物にこんな色を使ったら、とっても
安っぽく見えてしまいます。

気候と色には、大きな関係があるようですねぇ。

投稿者 masako : 02:12 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月15日

今日はムーチービーサ

P1030182.JPG

今年のムーチーは、1月15日。

「ムーチービーサ」というものの、今年はそんなに寒くないですよね。

例年ならば、「餅冷え」とはよくぞ言ったもので、
「さむぅ~」となる日が続きます。

昨日、浜比嘉島にいきまして、ジャブジャブと海に浸かってみました。

「あったかーい、これなら泳げる」!

TS372564.JPG

でも、本土はけっこう寒いようで、観光で来られた方が、
「沖縄はあったかーい」と口をそろえておっしゃいます。

神経痛、リュウマチ、高血圧など、持病が気になる人は、
冬こそ沖縄に来るべし!

投稿者 masako : 04:27 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月30日

姉妹理髪店

P1020037.JPG

那覇で見つけた姉妹理髪店!

気になります。とっても! 気になります。

どんな姉妹がやっているのでしょうか。

何年前からやっているのでしょうか。

姉妹のお歳は、いまいくつなのでしょうか。

このように、いろいろ、あれこれ想像させてくれるお店が多い沖縄です。

素敵な看板に乾杯!


投稿者 masako : 23:38 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月16日

シーサー、しぃ~さぁ~

P1020602.JPG

よーく見るとシーサーです。 真実の口バージョンであります。

P1020601.JPG

こちらは、わりとノーマルなシーサー。

P1020599.JPG

お気に入りのシーサーがこれ♪

いずれも、12月15日にオープンした工芸館「ふんどぅ館」にいました。
「ふんどぅ館」は、沖縄市中心部330号線沿いにあります。

沖縄市のアーティストグループが中心になって運営します。

お立ち寄りになってみてはいかがでしょう。

投稿者 masako : 13:27 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月11日

ロシアからの旅人

P1020092.JPG

国際通りで偶然見つけたのが、このバイク。年季が入っています。

P1020086.JPG

ロシアを出発して世界中を旅しているオジサンでした。
このように沖縄には、いろんな旅人がやってきます。

若い人の沖縄一周自転車旅行やバックパッカーは多いけれど、
彼の年になると、人生の終着駅をどこかに見つけるための旅ではないかと、
ふと、思ってしまいました。

彼が、ロシアを出発したのは2000年。すでに、8年…。
一体、何台のバイクを乗りつぶしたのでしょう。

ロシア語のホームページを見ると、ご本人自身に、
8年の年月が刻まれているようです。

P1020088.JPG

人生は旅。

彼の世界旅行が成功することを祈り、
1000円をカンパ~♪

投稿者 masako : 01:29 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月04日

農作業の定番といえば!

沖縄のホームセンター「メイクマン」。いつ行っても人であふれています。
クリスマスコーナーも充実しており、見ているだけで楽しくなります。
TS372463.JPG

買い物をすませて、入り口のパーラーで一休み。すると…、
年配のご婦人方がコカコーラを飲みながらユンタク中。
とても可愛くて、ついついパチリ。
TS372462.JPG

さらに、メイクマンの駐車場でステキなニィニィ(?)を発見! 
思わず写真を撮らせていただきました。
TS372464.JPG

米軍払い下げの迷彩服は、
農業などの作業に精を出す人たちに大変重宝されています。
なにしろ、頑丈! 畑で作業しているオジィたちの、
定番ファッションなので~す。

投稿者 masako : 02:57 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月30日

沖縄のクリスマス・イルミネーション

P1020105.JPG

クリスマスムード全開の沖縄。那覇のパレット久茂地もシックに模様がえ。

なんだけど、

P1020103.JPG

夜の国際通りは、まるでラスベガスだー!

キラキラ、ピカピカがいっぱいで、思わずウキウキ~♪

ということで沖縄のイルミネーション。オススメはこちらです。
沖縄本島5ヶ所の ご推薦スポットです。

でも、普通のおうちも凝りに凝ったイルミネーションでガンバってますし、
最近は、うるま市兼箇段の、だだーっと広がる電照菊畑が、
隠れたスポットになっているらしい……。


投稿者 masako : 01:57 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月23日

銀天街の落書き

落書きは、嫌われますよね。街の景観をそこねてしまいますもの、
活気のある街では、そんなことは起こりません。でも、

きゃー、かわいい! と思う私は……、どっか変?
P1010929.JPG
沖縄市、銀天街の屋台祭りの最中、
舞台ではいろいろなイベントが行われ、
地域の人たちがのんびりユンタク中でしたが、

私が一番気に入ったものといえば、
誰かが描いたと思われるコレでした♪
P1010959.JPG

こんな落書きならば、町の人だって歓迎するはずよー♪

残念ながら銀天街は、かつての栄光をよそに、苦しんでいます。
日本全国津々浦々。同じ悩みをかかえた商店街だらけです。

なんだけど、行き着くところまで行ってしまったら、あとは上昇するだけ、
というのが世の習い。銀天街では新しい試みが始っています。

全国からアーティストたちが集まりだしています。
街を変えるのは、創作力を持つアーティストの力に負うところが
大きいと実感しています。

がんば、銀天街!


投稿者 masako : 05:46 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月22日

痴漢に注意?

P1020108.JPG

ゆいレールに、果たして「痴漢」が出るのでしょうか。

ううむ。

投稿者 masako : 02:39 | コメント (0) | トラックバック

2007年10月26日

700ドルのお人形

TS372364.JPG

コザのお土産ショップにて。
サイズがわかりにくいと思いますが、身長150センチ程度です。

等身大のニッポン人形 700ドルなりぃ~♪

こんなん、私も欲しいです。

投稿者 masako : 16:52 | コメント (0) | トラックバック

2007年10月25日

沖縄の下がり花?

PAP_2382.JPG

屋根を覆うように、元気に茂った樹木。
下がり花の一種らしいです。

ふわふわと、風に揺れる様に風情を感じます。

夏も冬も、色鮮やかな沖縄。花が絶えない島です。

投稿者 masako : 00:59 | コメント (0) | トラックバック

2007年10月23日

秋のビールは

PAP_2411.JPG

やっぱり、オリオンでしょ!

食わず芋のデッカイ発破が生い茂る庭を眺めながら、
秋風吹けども気温は高い沖縄で、グイッと一杯、乾杯さびら!

投稿者 masako : 17:53 | コメント (0) | トラックバック

沖縄的なお店

PAP_2377.JPG

おしゃれで便利なお店も良いけれど、わたしはやはり、
沖縄的な色を濃厚に漂わせている地域店が好き……。

便利なコンビニが増えていますけど、地域の人と交流できるのは、
やはり、こーした地元店。旅人の皆様にも足を運んでほしいなぁ。

ということで、
なにげない商店のたたずまいに、ついつい惹かれてパチリ。


投稿者 masako : 01:26 | コメント (0) | トラックバック

2007年10月18日

沖縄の紅葉

P1010045.jpg

沖縄はいま、紅葉シーズン。
山が、赤く染まってきれいです。

ととと、これはウソ。

松くい虫被害が、いっこうに無くなりません。
日本中の松林で同じことが起きていますよね。

これ、自然界の正常なサイクルの一環に過ぎず、
こうした淘汰を経て、山林の樹木分布が熟成する、
といった論調もありますが、

今までなかったものが、ボーダレス化によって持ち込まれ、
松が侵食を受けているのですから、人為的であり、
自然循環の一環とは言えない気がするのですが…。

まぁ、そんなことを言い出せば、
全てのモノが国境を越えて行き来する昨今ですから、
こうした害を防ぐには、鎖国しか手がないことになる。

ふむ。それはそれで絶対無理ですよね。


投稿者 masako : 17:16 | コメント (0) | トラックバック

沖縄も秋の空

PAP_2226.JPG

空気が、夏とは違います。もちろん空も。

沖縄はいま、秋。相変わらずTシャツ1枚で過ごしているのですが、
朝夕は涼しくなりました。今の時期の沖縄は、過ごしやすくてgood。

あ、でも、日中はまだ、クーラーつけてる私……。

ロサンゼルスの秋みたいで、ちょっとステキです。

投稿者 masako : 03:43 | コメント (0) | トラックバック

2007年10月12日

まだまだカキ氷のシーズン

P1010121.JPG

東京で、カキ氷を食べる気にはならないと思う今日この頃。

でも沖縄では……、

ご近所のカフェ・ギャラリー、アジアンフレーバーズにて、
ご婦人方が、どーんとデカいカキ氷をご注文!

そーよね、そーよね。

まだまだ沖縄は暑いもの。
まだまだクーラーかけてますもの。

ホットコーヒーを頼む気にはならないので、
私はクールなカフェラテで一服の涼♪

アジアンフレーバーズのグラスは、いずれも
一点ものの琉球ガラスなので、ちょっとオシャレな気分になれて、
ステキです。

投稿者 masako : 16:33 | コメント (0) | トラックバック

2007年09月19日

コザの夜

TS372067.JPG


賛否両論、何かとお騒がせなコザのミュージックタウンにて。

昼よりも、夜の景色のほうがステキ。

ミュージックタウンは、立ち上がったばかりでソフト面の充実はこれからです。ワタクシ的には、音市場の音響の良さと、一階音広場の活用さえうまくいけば、あとはどーにでもなる、と思っています。

10月に入れば、毎晩音楽をやるライブハウスと、
デカいカラオケボックスが施設内にオープンします。

カラオケかい!というご意見もございましょうが、
テナントはテナントですから、いいんじゃないかい?
って感じ。

このミュージックタウンで勘違いされていることがひとつ。
全部の運営責任が沖縄市、だと誤解されています。
沖縄市は、音楽をやる音市場と、広場、そして駐車場だけです。

あとの部分。マンション、分譲商業部分、賃貸部門などに関しては、
別の事業所の責任です。つまり、市の財政に負担をかけない。

責任の所在がわけわからん状態と言われるのは、そのせいでしょう。
ま~、一市民の立場から言わせてもらえば、所詮箱は箱。
活かすも殺すも人次第。つまりはソフトってことですよね?

だけど

オープン前、地域のシビアな意見を無視して、がんがん推進してきた方々は、わしゃ知らんとばかり、運営の厳しさに無関心。反対に「ほれ。見たことかー」と効果を疑問視してきた方々のほうが「何とかしなきゃ」と心配しつつ、ライブイベント参加などに協力していると思うのは、私の気のせいでしょうか?


投稿者 masako : 13:11 | コメント (0) | トラックバック

2007年09月09日

思い出のウチワ

TS371986.JPG

今年はなぜか、ウチワがいっぱいです。
夏のイベントで配られたウチワたちですが、
こんなに集まってしまいました。

壮観でしょ?

来年に備えておいておきます。思い出のウチワとして…

投稿者 masako : 02:33 | コメント (0) | トラックバック

2007年08月25日

南の島の貝殻

PAP_1820.JPG

やったー、やっと画像アップロードに成功。
どういうわけか数日間、画像がアップロードできなかったのです。

ということで、これ、可愛いでしょ? 
ご近所のお店のウィンドーを飾っている貝殻たちです。

沖縄の海で貝殻やサンゴのかけらを拾ってお持ち帰りする人は
けっこう多いと思います。だけど、持ち帰っても放置……、では
もったいない!

こういうふうに工夫して楽しんでみてはいかが?
ポスターカラーを使えばかんたん、かんたん。

おうちが南の島に変身するのだ!

投稿者 masako : 03:18 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月31日

沖縄の定番はコレ

TS371753.JPG

沖縄のレストランにつきもの、ですよね。

投稿者 masako : 18:28 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月22日

世代から世代へ

TS371698.JPG

夏だなぁ、と、つくづく思う。

年をとって、時間がどんどん足りなくなって、
夏の到来を待ちのぞむ子どもの気持ちなんぞ、
取るに足らぬものとして、どこかに蹴飛ばしていたなぁ。

世代から世代に。
親から子に。

伝えていかなければならないものは多い。
それは、口先で語るものではなくて……。


ふむ。なんていうか、今日は、ちょっとおかしい私。
それは……、たぶん……、エイサーを見たためかも。

ウチナーの心を感じざるを得ませんから。

この島に生まれて良かったなぁと、
若い人たちが心から思ったであろう一瞬を
共有することができました。感謝。

投稿者 masako : 02:43 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月16日

美人スナック

TS371647.JPG

かねてより気になるお店が、中の町社交外街にあります。

こんな店名をつけられると、美人なのか、そうでないのか、
こりゃあぜひとも真相を解明したい!と思うのが、
人間の心理というもの。

男性諸氏は、とくにそうだと思うのですが、
いかがなものでしょう……。

美人スナック。それはうそ????


投稿者 masako : 10:41 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月12日

本部の山で出遭った風景

ML_TS371612.JPG

こうも暑いと、木陰に惹かれます。沖縄本島の北部にいくと、
確実に気温は下がります。だから……、

涼しげな山の中に避難したいぞー!

こーいうトコで昼寝したいぞー!

と、いつもいつも、サボることを考えている今日この頃。

だから、台風……、来ないかなぁ……。
(罰当たりなセリフですが)

投稿者 masako : 04:58 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月09日

人間販売店?

やんばるの山の中で見つけた看板。
を販売しているようです。この方でしょうか。

ML_TS371623.JPG

「無人」の「無」が消えると、恐ろしい意味になりますねぇ。
売っているのはお野菜なので、お買い求めになった方は、
お金をココに投入してください。

TS371622.JPG

いえいえ、どういたしまして。

投稿者 masako : 13:18 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月06日

コザの忍者

TS371552.JPG

ヘンな人が生息する確率は、沖縄本島ではコザがダントツ!
かもしれません。

こんな看板を街角でみっけ♪

コザに忍者が出没している模様……。

投稿者 masako : 16:27 | コメント (0) | トラックバック

2007年06月04日

象が逃げます!

070602_1509~01.jpg

象のオリが壊されています。象が……、逃げます。

象のオリが壊れる前の写真はこちら何でも沖縄さんのブログです。

通称「ゾウのオリ」。米海兵隊の施設で、極東一帯の電波を傍受する通信基地です。直径200m、高さ30mの巨大アンテナが、全方向の交信用短波に備えていました。

日本の防衛庁にも象のオリがあります。それらは、航空機や船舶の電波を傍受して、日本上空を行き交う外国語や暗号の解読に活用されているそうです。

投稿者 masako : 14:36 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月30日

沖縄のフリマ

沖縄のフリーマーケットは、お宝の宝庫、という説があります。
レトログッズが豊富なせいです。

5c0c.jpg

が……、こんな商品を……、買う人がいるのでしょうか……。

65e7.jpg

うーむ。うーむ。

4084.jpg

なかには、こうしたフリマで入手したモノをヤフオクに出し、
生計を立ててる人もいますから、きっと……、
欲しい人にとっては、お宝なのだなぁ。

投稿者 masako : 13:56 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月28日

年齢制限アリ!

981b.jpg

カラオケですか。レストランで歌うのですね。

でも、年齢制限あり。45歳~128歳までとのこと。
さすがは沖縄。

そういえば……、

あるテレビ局が、長寿で有名な沖縄の某集落を取材したおり、
100歳超過の元気なオジィにカメラを向けて、
「長生きの秘訣は何ですか?」とたずねました。

オジィいわく「毎晩の酒と煙草」!

「やるなぁ」なんですが、このシーンは……、カットされたそうな……。

投稿者 masako : 02:38 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月24日

沖縄のおでんやさん

TS370853.JPG
おでんやさんの灯りって、なぜかしら哀愁をそそります。

粋な女将が1人でやってるこじんまりとしたお店
というイメージがつきまとうのは私だけ?

実際は口やかましいオバァのお店だったり、
頑固なオヤジさんがやってたりするのでしょうが、
沖縄のおでんやさんが個人店であるのは確か。

企業組織が経営する沖縄おでん店なんて、
聞いたことがありませんもーん。

沖縄のおでんやさんは庶民の心のよりどころ。
おでんの灯りがいつまでも夜の町にともることを祈ってます。

投稿者 masako : 01:30 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月21日

ローソン?それともファミマ?

070508_151336.jpg


うーむ。うーむ。

いったい、どっちなんだー!

思わず突っ込みたくなる沖縄のコンピニ看板でございました♪

投稿者 masako : 03:15 | コメント (0)

2007年05月16日

月桃の花が咲きました

070515_1311~01.jpg

きれいだなぁ。

沖縄の花は鮮やかな原色が多いのですが、
月桃は、ゴージャスでありながらも清楚。

ちょっと見とれてしまいました。

投稿者 masako : 15:09 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月11日

哀しいパンダ……

070510_1354~01.jpg

沖縄市泡瀬の運動公園で見つけたパンダは、
心なしか哀しい瞳で私を見つめていました。

パンダのお仕事は、水のみ場の管理。
子ども達のために、長年働いてきたのでしょう。

風雨にさらされ、台風にあおられ、それでもけなげに
お水の当番。

だれか、このパンダをきれいにしてあげてくださ~い。


投稿者 masako : 13:28 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月05日

沖縄の釣りは根性で

IMG_0604.jpg

読谷の残波岬灯台から、釣り人を発見。しか~し、この人たちは、
足場の悪い、危険な磯で、キャンプしながら釣り???

根性だ……。

これで釣れなかったら、とっても悲しい……。

見も知らぬ方々ながら、この根性に敬意を評し、
ネットのこちらから大漁祈願!

投稿者 masako : 16:15 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月04日

沖縄市の泡瀬漁港

DSCF0185.JPG

リラックスできる場所は、沖縄のいたるところにあります。
人ごみが苦手な私は、マイナー・スポットが大好き。

何をするでもなし。

ボケ~と海を眺めているだけで心地よい沖縄です。


投稿者 masako : 14:41 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月30日

サービス業はつらいのだ

TS371174.JPG

ゴールデンウィーク真っ最中! みんな、旅行やレジャーを楽しんでいるはず。

なのに、私の周囲には明日〈振り替え休日〉も仕事という人が……。

サービス業やIT管理などの人はつらいのだ! 

世の中が便利になるのに比例して、勤務体系は過酷になる。
誰かが楽をするためには、誰かが犠牲になる。

おーまいがっ。

そんな方は、私のへたっぴい撮影ですが沖縄の写真でも眺めて、
ホッと一息、コーヒーブレイクを♪

投稿者 masako : 04:07 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月20日

嘉手納なのにコザ?

TS370726.JPG


福岡入管

那覇支局

嘉手納出張所

なのに、なぜか、コザにあります。

投稿者 masako : 12:13 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月16日

シーミーの季節です

TS371114.JPG

沖縄はいま、シーミー(清明祭)の真っ盛り。
ご近所のお店も休みです。知人もお墓参りにいきました。

シーミー。詳しくはこちらをどうぞ。

いつものお惣菜屋さんも清明祭モード。

TAG 清明祭 市場

2007/04/09 12:46 posted by ぴらつか

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]

中国から伝わったようですが、本土でも、
春の彼岸にはお墓を掃除してお供えをしますよね。

さて、シーミーが終わると、
沖縄には本格的な夏がやってきます。

投稿者 masako : 14:04 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月14日

沖縄が消える

TS370844.JPG

観光整備がされればされるほど、ありのままの沖縄が消えていく。
そんな危惧をいだいています。

観光客の皆様向けにサービス、設備の行き届いた大規模なお店が増えるに比例して、沖縄の素朴な個人店がすみっこに追いやられてしまうのではないか。

そんな個人店を大事にしていくのが、住む者の役割かもしれない。
じゃないと、本当に! 沖縄らしさが失われてしまいます。

投稿者 masako : 10:19 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月09日

荒風ファミリー ミスターX

玉富士のぶちゃん号

荒風ファミリー ミスターX

ひよこ組 あやせちゃん号

ヒットマン友人会号

古堅モータース従業員号

伊良皆圧送 元気くん

ジグザグヒーゲー

山原パンダ


ふむ。なかなか、味わいのあるお名前ではないですか。
いずれも沖縄の闘牛さんたち~♪

もし、私が闘牛を持っていれば、どんな名前をつけるかなぁ。

昔、コザには超~強い闘牛がいたそうです。1960年代の頃です。
名前は「ゆかり」ちゃん、あ、「ゆかり号」です。
当時、女の子が生まれたら「ゆかり」と命名する人が相次いだとか。

さて、こちら↓は読谷村の闘牛場です。試合日じゃなくても、
牛さんたちの練習風景に出会えます。

yomitan4.JPG


投稿者 masako : 14:56 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月29日

道の駅カデナから

DSCF0790.JPG

嘉手納米軍基地を一望できるのが嘉手納の道の駅。
ここができたおかげで、安保の丘に登る人なし。

日によっては、様々な軍用機が離着陸する様子を見られるので、
基地について学ぶ場所であるとともに、
飛行機好きの名所ともなってるようです。

こちらに立ち寄ったら、資料館奥にあるシアタールームにどうぞ。
10分程度のショートムービーをいつでも見ることが出来ます。
内容は嘉手納町と基地とのかかわり、そしてエイサーについて。

沖縄には、いろんな顔があることを理解してもらえるはずよー。


投稿者 masako : 13:14 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月27日

この道を行くと海

TS370569.JPG

この道をまっすぐ行くと海に出ます。

沖縄の、なんてことない風景だけど、
樹木の緑や、空の青、流れる雲のひとつひとつに
しみじみしちゃうのはなぜかなぁ。


投稿者 masako : 00:17 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月20日

火焔木が燃え盛る

57a1.jpg熱帯の世界三大花木は、ジャカランダ、鳳凰木、火焔木だそうです。

これが火焔木。

沖縄では、いまを盛りと咲き誇っています。

ほんとうに、火が燃えているみたい。

あ、ちょっと見にくいですよね。アップ~♪

57a11.jpg

投稿者 masako : 05:52 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月13日

沖縄ベイブルース

ta7.JPG

林を抜けて坂道に出たら海が見えました。
沖縄の海です。

海をまじかに見ながら育つ人と、立ちはだかる山を見ながら育つ人は
性格含めて、文化的にも違う感覚を持つと感じています。

自分が何で沖縄に来たか。よーく考えれば、やはり海があるから。


子どもの頃から、海は見慣れた光景でした。
街に住んでいても、少し走れば海。そんな環境が当たり前だった人間は、
山で暮らすことはなかなか出来ないと思うのです。

海を見ながら暮らす。それは、無意識ながらも、常に、
海の向こうを意識して生きていくことになる……。

海から何かが、あるいは誰かがやってくる。あるいは、誰かが、
海を越えていってしまう。その人は帰ってくるかも知れないし、
二度と帰らないかもしれない。もしかしたら……、その人は、
帰らないのじゃなくて、荒れた海に飲み込まれて……。

沖縄民謡の背景にも、やはり、海があるような気がします。

海で隔てられた何かへの憧れ。
そして海そのものに対する畏敬と恐怖。


沖縄ベイブルースという歌は、沖縄の人が作ったものではないけれど、
海を越えて去って行った人への想いがテーマとなっており、
私の好きな歌です。

投稿者 masako : 10:07 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月03日

いつか、どこかで見た……

TS370840.JPG

私が子どもの頃って、田舎のおうちの中は確かこんな感じだったなぁ。


何気ない暮らしの日常のなかに、風を通し、暑さ寒さをしのぐ工夫が、
沖縄の古い家だけでなく、日本の中にもちゃんとありました。

家屋の変化と共に、人も変わりました。

おじぃがいて、おばぁがいて、子どもたちが庭で遊んでて、
お父さんの帰る時間が近づくと台所からはコトコトと料理する音が聞こえきて……。

みんな、どこに行っちゃったのかなぁ。


投稿者 masako : 14:21 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月26日

暑い1日

TS370769.JPG

久しぶりに朝早く外に出たら、空が、とても青い。

花々もげんき、げんき。

TS370767.JPG


陽春の沖縄です。

投稿者 masako : 17:30 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月09日

哀愁の屋台ゲーム

TS370610.JPG

お祭りの楽しみは屋台。沖縄では、素朴なゲームの屋台も多いですよね。これは、ダーツで風船を割り、割った数によって賞品を獲得、というもの。

しかし、なかなか難しくて、真ん中の、人相の悪い大きなぬいぐるみゲットは成らず。でも、小さな熊さんを獲得♪

単純なゲームですが、ついつい意地になります。


現在はゲームセンター全盛時代。
コンピューターで管理されるハイテクゲームが多い。
しかし祭りの屋台は、手作り感覚ゲームの独断場。
それらのほとんどは、出店者が知恵を絞って考えたもの。

昭和の匂いプンプンで少々泥臭いのですが、
なぜか、ハマります。

いってみれば、哀愁の屋台ゲーム……。

投稿者 masako : 12:53 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月07日

キジムナーの家を発見

tree.JPG

ガジュマルの古木を見ていると、
実際にキジムナーが住んでいるような錯覚を覚えてしまいます。

沖縄のキジムナー。
北部では別名で呼ばれていますが、
本土で言うところの座敷わらし。
韓国ではイタズラ者の妖精、トッケビ。

さらにはアイルランド……。

という風に、世界各地にこのような伝承が残っているのはなぜかしら。

もしかして、本当にいたのかも知れませんよね?

投稿者 masako : 02:51 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月03日

冬のアカバナー

北風がやんだとたん、寒さも少し和らぎました。
そこで今日はドライブ。

TS370671.JPG

海辺の公園にはアカバナーが咲いていました。
すっくと枝葉を伸ばして、太陽の光をとらえようとしています。

亜熱帯の花なのに……、
冬の寒さのなかで咲くこともないのに……、
夏の、ぎらぎら太陽が恋しいだろうに……、

ちばりよ~!

思わず声をかけてしまった。

投稿者 masako : 15:58 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月29日

沖縄の桜

一分咲き、二分咲きのこんな桜もあれば、
sakura2.JPG

盛大に咲き誇る桜もある沖縄です。

TS370621.JPG

今年の桜、見ごろは2月最初の日曜日頃かしら?


投稿者 masako : 17:13 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月25日

沖縄の釣り人

TS370565.JPG

無心に糸を垂れる釣り人を見るのが好きです。

ひとりでぽつんと竿を投げながら、何を考えているのかな?
釣れるであろう筈の、まだ見ぬ大物?
それとも、まったく関係のないこと?

釣りをしている人って、本当に、釣りに没頭しているのか、何か考え事をしているのか、よく分かりません。どんな心理なのかしら。

釣り人が、哲学者に見えたりする沖縄の海……。

投稿者 masako : 03:18 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月22日

沖縄の夕暮れ

冬の陽が落ちようかというこの時間、
なんとなく寂しさを感じてしまいますよね。
灼熱の、ジリジリ照り付ける夏が恋しいなぁ。
(しにぃ暑いけど……)

TS370556.JPG

公園のベンチには、年配の女性が2人。
何を語らっているのかは分かりませんが、
そろそろおうちに帰る時間ですよ~♪

TS370560.JPG

ところで、このカテゴリー(沖縄の風景)の写真、
お使いになりたい方はどうぞご自由に♪

ただし、人物が特定できるものだけは
ゆくログとして許可を得たものですので、
絶対にダメ! よろしくお願いします。 

投稿者 masako : 20:29 | コメント (0)

2007年01月18日

花の島

TS370541.JPG

これはなんていう花なのかな?
民家の庭からはみ出して、咲き誇っています。


1月だというのに、あちらこちらで花が咲いています。
住宅街を少し歩くだけで、いろんな花たちに出会います。

今日のハイビスカスブログを見ていると、ハイビスカスはすごい種類があるのだなぁと実感します。

沖縄は花の島…。

投稿者 masako : 09:20 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月14日

お宝の宝庫

TS370506.JPG

世の中には本(漫画)とかレコードのコレクターが大勢います。
モノによってはプレミアがついて何千円、何万円。

ところが沖縄には、そうした市場価格を知らない古本屋さんが多い。大手系列のリサイクルショップで、何千円とか何万円で取引されている希少な漫画などが、ここではなんと500円だったりする。

「それってどこよ?」はナイショ。

教えちゃったら、とたんに買いが入って値が荒らされますもん。地元のコレクターに怒られてしまいます。でも、沖縄各地の、アナログ的なリサイクル店のなかには、お宝が眠っている可能性大!

投稿者 masako : 13:37 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月10日

沖縄の散策スポット発見

TS370483.JPG

北中城村までおでかけしてきました。
すてきな散策スポットがあるんです。

この辺は、いま、あるものを活かす、をテーマに、地域の皆さんが協力して集落の保全に努めています。もしかしたら、金城町の石畳よりも、濃厚な沖縄に出会えるかも知れません♪ 文化財「中村家住宅」のすぐそばです。探してみてくださいね。

TS370481.JPG


投稿者 masako : 15:41 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月05日

コザの笑顔

TS370458.jpg


とても、素敵な光景を見つけました。
静かなコザの街に広がる笑顔です。

全国的に苦戦を強いられる古い商店街のなかにあっても、
そこで生きる人たちは元気。

みんなみんな、逞しく、優しく、コザで生きています。

投稿者 masako : 16:26 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月02日

沖縄の空の下

P1000056.JPG


新年の初更新です。みなさまいかがお過ごしですか?

お正月のレジャーを楽しんでいる人。
ご家族でのーんびりしている人。
仕事に精出すサービス業の方。

それぞれの年越し。それぞれのお正月。

良いことも、そうでないこともあったでしょうが、年が変われば、「よーし、もうちょっとガンバってみるかー」という気持ちになりますよね。そうやって、年々歳々、過ごしていくのでしょう。

さて、沖縄では、元旦は少し天気が崩れましたが、2日は、午後になって回復。青空を眺めることができました。


私なんか、盆も正月もない生活をしているためか「何が悲しくていつも時間に追われてジタバタやってるのよ」と、よく言われますが、幸せ感というのは人によっては実に単純なもので、私が幸せを感じるのは、大きな青空を眺めたとき。

「ああ、いいなぁ」

これで、疲れも悩みも吹っ飛びます。
沖縄の空の下で、生かされている喜びを感じます。

さて、

2007年は、皆様にとって素敵な年になるはず。
そんな予感がしています。どうぞ、
一緒に人生を楽しみましょうね♪

投稿者 masako : 19:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月29日

原色の花

P1021.JPG

沖縄の冬は色鮮やかです。
花は原色。なのになぜか哀しさを感じさせたりもする。

大晦日を間近に控えているせいで、
そんなことを考えてしまうのかも……。

投稿者 masako : 15:35 | コメント (0)

2006年12月24日

愛車は錆び車

sabisabi.jpg

沖縄では、この手の車をよく見かけますよね。

手入れを怠れば、錆び、錆び、錆びー!

あ、やば。

私の車もお手入れしなくちゃ!!!!

投稿者 masako : 18:40 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月27日

読谷の夕暮れ

%E8%AA%AD%E8%B0%B703.JPG


もうすぐ12月。本土では冬。

でも、今年の沖縄は昨年よりもあったかい。
だから私は今日も半そでです。

さっき、北海道のブログ写真で、雪の中にサンタさんを発見。
北と南の差を実感……。


投稿者 masako : 16:10 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月20日

古宇利島にて

P1000029.JPG

ここのところ、天気が少しご機嫌斜め。
写真(古宇利大橋)のような青空ではなくて、
晴れているのか曇っているのかよく分からない今日の空。

ところで、

夕暮れ時に、子供達が外で騒いでいたら、翌日は雨、
という説があるそうです。ほんとかなぁ。

でも、
確かに最近、子供がガチャガチャしているぞ!
君達のせいで雨なんだな!

投稿者 masako : 14:20 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月16日

候補者のお嬢さんですか…

TS370303.jpg

沖縄はいま選挙真っ最中。
おおっと、候補者のお嬢さんですね。

うーむ、なるほど…。
選挙って、大変なのねぇ。


投稿者 masako : 01:18 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月14日

スペアリブはいかが?

TS370282.jpg


見た目、グロいですが、スペアリブです。
ビッグサイズです。

ベース内の屋台で、みんなで食べようと購入したものの、プラスティックのナイフとフォークでは、大の男でもなかなか切れず、結果、ワシワシと噛み付くことに。

うまい!

投稿者 masako : 14:53 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月06日

普天間基地と飲酒運転

写メールで届いたこの写真。

061006_1317~01.jpg

微妙~やさー。

果たして、比較できるのであろうか……。


ううむ……。


投稿者 masako : 15:20 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月28日

青空

P1000006.JPG

空が、高いなぁ……。

投稿者 masako : 14:28 | コメント (0)

2006年09月25日

秋の沖縄

DSCF0682.JPG

今年の沖縄は、とてもさわやか。湿度が少なくすごしやすいのです。
おかげで、よく眠れること!

ドライブにも最適です。

沖縄のハイシーズンは「夏」ですが、実際にはこれからの季節が最高でしょう。最近では「冬の沖縄」で避寒滞在という方が増えています。

若い人は、あちちっの夏をエネルギッシュに遊べるけれど、私の世代になると、だらだら~と楽したい派が圧倒的に増えます。滞在型の沖縄旅行です。

となると、宿泊施設の居心地のよさが大きなポイント。
リゾートホテル、シティホテル、コンドミニアム、民宿……。

幸いなことに沖縄は、バラエティにとんだ滞在施設がたくさんあります。
口コミランキングでチェックしてみるといいですよね♪

投稿者 masako : 16:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月21日

密航、密輸、不審船?

DSCF0190.JPG


泡瀬漁港にて


うーむ。うーむ。

こんな看板があるところを見ると……、

かつて、実際に事件があったのかも……。

投稿者 masako : 14:50 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月20日

国道330号線・ニワトリ目撃情報

沖縄のニワトリ

先日、国道を走っていた私は、信号でとまったとき、視野に入った「何か」に違和感を覚えました。こんなところに居るはずのないモノが居たからです。

ニワトリでした。

どこから逃げてきたんじゃー?


投稿者 masako : 14:22 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月17日

沖縄の蝶々

沖縄の蝶々


きれいな蝶々を発見♪


蝶々、ですよね?

蛾じゃないですよね?

投稿者 masako : 15:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月11日

沖縄のクラゲ

沖縄のくらげ

漁港にて。何気なく海面を眺めたら、
なにやら、ホニャラホニャラしたものが漂っていました。

クラゲだぁ。ウヨウヨいました!

もしてかしてこれが、噂のハブクラゲ?
それとも、毒なしの単なるクラゲ???


投稿者 masako : 14:07 | コメント (0)

2006年06月10日

神々しい夕日

言葉は必要なし……。

投稿者 masako : 02:44 | コメント (0)

2006年05月22日

キュートなお魚

キュートな沖縄の魚


可愛い~! 

投稿者 masako : 15:18 | コメント (0)

沖縄の梅雨空

沖縄の梅雨空

はっと気がつきました。久しぶりのブログ更新です。
実は……、バタバタしてました。
お仕事の締め切りに追われまくり、やっと1段落。
ふー。

さて、沖縄はいま、梅雨。

だけど、この空は……、
どうしたんだー沖縄!

一方本土は、まだ梅雨に入っていないというのに、
ジトジトうっとおしい雨、という話を聞きました。

あれま。


投稿者 masako : 14:54 | コメント (0)

2006年05月01日

アラハビーチにて

I.jpg

ゴールデンウィーク最初の日曜日は、快晴でした。

そしていま、私は全身筋肉痛……。

日曜日、北谷ハンビーのアラハビーチで遊んだのですが、準備運動もせず、服をきたまま泳いでしまった……。

わずか20~30メートル泳いだだけで疲労困憊。

その上さらに、

バスケットコートで、ドッジボールして遊んでしまった…。

久しぶりに、子供にかえった気分です。

こんどは、カヌーに挑戦なのだ!

投稿者 masako : 17:37 | コメント (0)

2006年04月30日

沖縄の空

沖縄の空

ゴールデンウィーク突入の日曜日。好天に恵まれた沖縄です。

沖縄の空は、青一色に染まることは滅多になく、今日のように快晴であっても、空には必ず雲が浮いています。

まるで、壁紙みたいな空ですよね♪

投稿者 masako : 18:25 | コメント (0)

2006年04月21日

海からの贈り物

海からの贈り物

沖縄の海で拾ってきたものたちが、とてもステキな作品になりました。

サンゴのかけら、貝殻、シーグラスなどで作ったものです。

素材は、沖縄旅行の際に、ビーチで探してみましょう。
おうちに戻ってから、旅を思い出しながら、
好きなようにアレンジしてみるといいですよね。

海から遠い地域に住んでいる人にはとくにおすすめ。
お部屋の中に沖縄の海からの贈り物があれば、
少々いやなことがあった日でもリラックスできるはず~♪


投稿者 masako : 12:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月19日

ホットなホテル?

ホットなホテル?

このネタ、Yさんからの頂き物です!

ホットなホテルです。

何がホット???

ん? よーく見たら、HOTELがHOTになってるワケね♪

沖縄では、よくあることさ~。


投稿者 masako : 15:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月01日

エイサーのかりゆし君

「かりゆし君」をご紹介♪ といっても、私が勝手につけた名前。
彼は沖縄市のかりゆし園に居ます。

エイサーのかりゆし君


夏になれば沖縄中がチムドンドン。エイサーのシーズン到来です。各地の公民館では、地域の青年達が毎晩遅くまで、エイサーの練習に励みます。


だけど「かりゆし君」は、1年365日、雨の日も風の日も、健気に演舞中……。

投稿者 masako : 12:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月24日

沖縄のイメージ

本土の人が思う沖縄のイメージというのは、

青い海と空のイメージだったり、

鮮やかな花と赤瓦の民家だったりするけど……、

実際はこんなものなのよねぇ。

コザ・パルミラ通りです。我が家の前で撮りました。

投稿者 masako : 03:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月21日

ここはどこ? 沖縄の変な写真です。

変な写真特集です。 何処で撮影したか分かる方は、沖縄通♪

3-20-1.jpg3-20-2.jpg


3-20-4.jpg
3-20-3.jpg

長尾橋、大国林道、オリオンビール、ゆいゆい国頭、でした♪


投稿者 masako : 00:56 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月15日

花のある風景

沖縄の勝連城址

雑草とか、草花とか、道端に咲く植物には名前がない。

いえ、ちゃんとあるんでしょうが、ついつい見過ごしてしまいがちですよね。

お花屋さんで売ってる花も、道端に咲く花も、目を楽しませてくれることに変わりなし。栄枯衰退、勝連城址に咲く草花もまた、このお城の歴史をずーっと見続けてきた、そんな錯覚を覚えます。

実際は、どっかの鳥に運ばれて、ここで根付いただけのことかも♪

投稿者 masako : 16:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月14日

寒い日の島ゾーリ

みんなで、屋台のラーメン屋さんに行ったとき、ふと足元を見たら……。

”寒い日の島ゾーリ"


島ぞーりは夏のものだけではないらしい。

あ、一句できました。

「寒い日は 靴下履いて 島ぞーり」

秀逸~♪ってなワケないですよね。


投稿者 masako : 12:44 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月13日

沖縄の夕日

沖縄で、朝日が上るところを見たことは、まだありません。ていうか、

起きれないさー! 必然的に夕日に心惹かれます。

天気の良い日は、無性に車を走らせたくなります。

海に沈む夕日を見たいから……。


投稿者 masako : 03:37 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月24日

嘉手納基地のお店

嘉手納基地内のお店

嘉手納空軍基地に行ってきました。

こんなお店を発見。うーん……、アメリカ人にはこーいうのが売れるのか……。


ということで、来月から沖縄市では嘉手納基地の体験学習が始まるそうです。詳細が分かりましたら改めてお知らせいたしますね。


投稿者 masako : 01:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月16日

プロ野球キャンプの昼食チェック

play3.jpg

日韓練習試合ただいま沖縄はプロ野球キャンプ真っ盛り♪ そこで!

コザのデイゴホテルを拠点にしている湘南シーレックスの練習を見に行ってきました。場所は嘉手納町。道の駅カデナのすぐそばです。

折りよく今日は、韓国・LGツインズとの練習試合が行われていました。同行したHちゃんは「韓国の選手ってカッコいいですねぇ~」と、関係ないことで感動。

私はといえば、練習よりも気になるのが選手達の昼食。事前に、運動中の昼食は「軽め」と聞いていたのですが、しっかりとチェックしてまいりました♪

 韓国チームの昼食韓国チームの昼食

韓国とくれば、もちろんキムチ! ですよねぇ。韓国式海苔巻き(キムパブ)もありました。パンメニューはロールパンサンド。麺は、クリームシチュー味♪

湘南シーレックスの昼食湘南シーレックスの昼食

湘南シーレックスの方はというと、チーズ&サラダ、サンドウィッチ、おにぎり、沖縄そばのほかに、タコス、チキンソテーのようなやつ、酢豚、ほうれん草のクリームスープ。それに果物、ゼリーなど。

うーん、ゼータク! 韓国チームの方が質素ではないか。湘南シーレックスの昼食は、これが軽めならば、夕食はいったいどうなるんでしょ。デイゴホテルによりますと、20品目のおかず!だそうです。

ううむ。

ま、いずれにしても、どっちの昼食も美味しかったのだ♪
(しっかり食べて来ました)

投稿者 masako : 17:52 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月31日

キビ刈りのシーズン

刈ったキビを運ぶトラック

こーいうトラックを見たことはありませんか? 
キビ刈りのシーズン到来です。

キビ刈りかつて、キビ刈りにあこがれて、中部のやんばると言われる某地域のキビ刈り隊に参加したことがあります。

へこたれた。重、重、重労働ー!

沖縄の若い人たちの多くがサトウキビ畑で働くことを拒否して久しく、その穴埋めとして本土からキビ刈り作業に憧れて人がやってくる、という面白い構図となっています。

年配のウチナーおっちゃんたちに聞くと、けっこう多くの人がキビ刈り経験者でした。

「あれは、キツいよ~」

そのキツい農作業に憧れる人もいるから、世の中不思議。

でも、額に汗して働く。人間の根本かも…。

投稿者 masako : 13:40 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月30日

シーサーと海

シーサーと海

うーん、なかなかイイ写真だなぁ。


投稿者 masako : 11:23 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月26日

美味しい(?)子ヤギ

可愛い子山羊

山羊さんって、とっても可愛いですよね。ペットとして飼いたいぐらい。

某リゾートホテルでは、庭園の草採りスタッフとして山羊を採用しました。すると観光客から大人気。子供たちも大喜び。のんびりと草をついばむ山羊さんは、都会から来た人たちにとっての癒し効果となりました。

一方、庭で放牧状態の山羊たちを見た沖縄の人は、

「うまそうだねー。この山羊、いつ食べるの?」

これぞ食文化の差であります。

投稿者 masako : 10:50 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月22日

冬の海辺

伊江島を眺めて

冬真っ盛りだというのに、ポカポカ陽気が続いたせいか、靴を脱いで浜辺で水遊びする人の姿がちらほら。

遠くに伊江島が見えるでしょ? ということは、ここは本部半島の海洋博公園♪

投稿者 masako : 13:23 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月18日

泡盛三昧

何も言いません。写真重いですが、見てください。


泡盛の蔵

泡盛の蔵

泡盛の蔵

泡盛の蔵

泡盛のお店ではありません。沖縄市のYさん宅です。 貴重な数十年物も山ほど!あります。

昨夜は、この泡盛蔵で、貴重な泡盛を飲ませていただきました。

極楽、極楽♪

投稿者 masako : 13:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月05日

椰子の実

椰子の実

名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る椰子の実 ひとつ


という歌がありますが、ここ沖縄では椰子の実はその辺で成るもの~♪

落ちて、誰かの頭を直撃しないようにネットがかぶせてありました。

投稿者 masako : 08:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月20日

路上寝に注意

牛乳バックの広告

牛乳パックが広告スペースになっています。

路上寝、それは……、けっこう深刻な問題です。

北海道、東北など、寒さ厳しい地域ならば確実に凍死しますが、ここは沖縄。寒さで死んでしまうことはないはず。

しかし、とっても危険な行為です。

なにしろ車は、急に止まれない……。


投稿者 masako : 12:51 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月17日

体感温度

沖縄の海

日本列島大寒波の襲来を受けて、沖縄も例年より寒くなっています。

えーと、ただいま那覇は19度。あれ? 昨日より暖かくなってますね。確か14度ぐらいまで下がってましたもん。

14度というのは、沖縄の真冬(2月)の最低平均気温です。私なんか、一昨日まで極寒仕様のジャケット着て震えてました。

ところが!

昨日北谷の美浜で、すごい方々を発見!

水着の上にタンクトップ姿の女性達が、海の中に!!! もちろん泳いでいませんでしたが、波打ち際でチャプチャプして遊ぶなんて、信じられなーい!!!

そんな話をしていたら、「えー、俺も先週までは泳いでましたよ」とのたまわったのは、沖縄暮らし3年目に突入して、読谷に住むМさん。

ひぇー!!! 

海、ですよね。温水プールじゃないですよね。思わず確認した私達。

以前、ロシアから来た方が、「暖かい」と大喜びして2月の海に飛び込んだことがあります。この人、冬になってロシアに帰る頃には「寒いねー」を連発してました。

体感温度は、人それぞれですが、沖縄暮らしが長くなってくると、寒さに対する感覚も弱体化……。

投稿者 masako : 12:33 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月12日

冬の沖縄

冬の沖縄"沖縄は四季がない、と思っている人がたまにいます。

とんでもない! 沖縄にも、しっかりと四季があります。

気温14度。

本土だと、この温度で冬とは言わないでしょうが、北風が吹くとかなり寒さを感じます。

この間、日本列島に低気圧が吹き荒れたとき、私は……、毛皮を着ました。皮だけだと温かくないんですも~ん。

沖縄移住にあたって、コートやジャケット、革製品を処分した人がけっこうおります。

ダメですってば。しっかり持参しましょうね♪

沖縄に来て1年足らずの方は「ぜんぜん寒くないよー」と言います。

ふふん。何年も住んでりゃ誰だって沖縄の気候に身体がなじんできますって。

まぁ、私の場合はウチナーのみなさまより「寒がり」と言われとります、はい。

冬の沖縄に咲く花は真っ赤です。

投稿者 masako : 16:57 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月02日

いまいゆの店

いまいゆの店

商店街の一角に「いまいゆ」のお店があります。魚屋さんです。

いま=今、つまり新鮮。生のこと。

いゆ=さかな、

つまり、新鮮な魚屋さんだよーということ♪


投稿者 masako : 13:48 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月07日

月下美人が咲きました

月下美人の花

ひと夜だけしか咲かない月下美人が咲きました。

知人のお庭で、一挙に7輪咲いたのです。


闇の中に浮かぶ純白の大きな花。濃厚な香りが漂ってきます、

朝、見たら、もうしぼんでいました。

投稿者 masako : 14:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月24日

沖縄の闘牛

闘牛

来月、沖縄市の闘牛場で全島闘牛大会が開催されます。昨日の日曜日、何頭もの牛たちが練習にやってきました。

闘牛ん? 闘牛の練習ってどんなことするんでしょ???


車から降ろされた牛は、闘牛場の雰囲気を察知していきり立ってました。雄たけびをけたたましく上げて、鼻息も荒くブホブホッ。「ひぇぇ、近づくのが怖いよ~」って感じですが、人間には何もしないそうです。

闘牛場の中に入った牛は大興奮。1人で、いや、1頭で走り回ったり、巨体を砂にこすりつけたり、砂を蹴ちらしたり。

これが練習???


ライバルの牛の匂いをかがせて、闘争心をかきたてるのだそうです。

沖縄全島闘牛大会は11月13日開催予定です♪ くわしくはこちら。

投稿者 masako : 11:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月18日

ステキな津堅島

津堅島の写真

津堅島の写真です! 
って、「どこが離島の写真だい!」と怒られそうですね。

津堅島の海美しい海もご紹介♪

ホントーに、何も無い島です。

とってもステキ。

人間がどれほど簡素に生きられるか、離島で教えられること多し。

だけど……、24時間コンビニや本屋さん、レンタルビデオショップが無いと生きられないかも知れない私……。

投稿者 masako : 13:38 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月13日

魔物除け

沖縄のひんぷん

古い家の入り口を隠すようにしつらえてある屏風状の壁の「ひんぷん」は、沖縄だけでなく鹿児島の武家屋敷などでも見られます。

目隠し、敵の攻撃を防ぐ、魔よけなど、いろいろな理由がありますが、沖縄の場合は「魔よけ」の意味合いが強いみたい。中国の影響でしょう。

中国では、魔物はまっすぐにしか進めないんですって。

「ひんぷん」は魔物(まじむん)が家に侵入するのを防ぐ役割を果たしているんですね。

ところでこの「ひんぷん」。右側を回って玄関に入るのはお客様、あるいは一家の男性たち。左側に回って入るのは家人、あるいは女性たちとも言われています。

家の構造自体も、玄関から右側に仏間とか客間、左側に勝手口・台所というのをよく見かけます。風水的な意味合いがあるのでしょうか。


もうひとつ、「石敢當」も「ひんぷん」と同じ役割を果たしています。交差点や三叉路の突き当たり、袋小路などに設置してあるヤツですね。これも突進してくる魔物除け♪ 曲がるのが苦手な魔物が「石敢當」にぶつかって砕け散るのだそうです。

ふーむ。中国の魔物って、いのししと同じなのねぇ~。

投稿者 masako : 13:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月24日

とっくり椰子

とっくり椰子
本土では見かけないとっくり椰子は、かなりの大きさになるそうです。

インドネシアなどでは巨木のとっくり椰子がズラーっと並ぶ並木道がありますから、亜熱帯性気候の沖縄が北限なのでしょう。


この、とっくり椰子の植え替えを手伝ったことがあります。ちょうど私の背丈ほどのやつでした。


そのとき知ったのは、

とっくり椰子は激的に重い!ということ。

なんでかねぇ???

人の手だけで移し変えるのは無理。ジャッキを使って、数人がかりでやっと持ち上げたほどです。


投稿者 masako : 22:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月04日

カメラ目線

カメラ目線?

なにも言いません。コザの子供たちです。

可愛い~!!!

投稿者 masako : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月03日

イラブチャーの顔♪

イラブチャー

沖縄の代表的な魚といわれるイラブチャー(ブダイ)です。

メスは赤っぽく、オスのほうは青いんですが、カラフルな魚を食べなれていない人はビックリですよね。那覇の公設市場に並んでいます。

白身の魚で、刺身に良し、酢味噌和えに良し、とっても美味しいお魚♪

だけど「お前の顔はイラブチャーみたいだな」と言われて、喜ぶ人は居ませんよね! 
(そーいうジョークをたまに聞きます) 

投稿者 masako : 22:16 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月12日

古宇利島の新名所

kouri1-250.jpgこりゃなんじゃー?

ここは、古宇利島です。

沖縄本島・今帰仁村。離島架橋が完成して、本島から手軽にいけるようになったため、大人気のドライブスポットとなっていますよね。

その島で見つけた不思議なシロモノ。

これ、何の意味があるのかな。何かの祭りかな。


kouri2-400.jpg

へへーん。何も意味はありませんでした。

古宇利島に人が来る。せっかく来てくれたのに、何も見てもらえるものがない。なんとかしなきゃいかんぞーと、島の人が個人的に 作った名所?らしいです。

絶句……。

でも、なんておチャメなんでしょ! 善意の賜物でありました。

何もなくても十分ステキなのにねぇ。
本島ではなかなか見られなくなった虹色に輝く美しい海があるんですから。

しかし、
これが、ウケを狙った戦略だとしたら、その巧みさに脱帽♪

投稿者 : 00:48 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月11日

糸満ハーレー

糸満ハーレー
沖縄各地でハーリーが一斉に行われました。こちらの写真は糸満のハーレーです。

ん? ハーリーとハーレー???。

地域によって言い方が違います。どうも、発音的にはハーレーとハーリーの中間らしいです。最適な日本語がないため、「レ」と表記したり、「リ」と表記するところが混在するみたい。

感覚的には「ハリーアップ」(急げ)なので「ハーリーが良いのである」と、主張したのはコザの酔っ払いであります♪

糸満ハーレー

糸満ハーレー

糸満ハーレーの会場では、カモ(だと思う)も競走してました。

harii-5.jpg

投稿者 : 11:33 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月07日

おばぁのアジサイ園

 よへなあじさい園の写真  

FMコザのパーソナリティーMo-mo!morningの宮島さんから花満開の写真と以下のメッセージをいただきました♪


本部(沖縄本島北部)・伊豆味の「よへなあじさい園」

なんと六千株!
今週いっぱいがピークだそうです。

88歳のよへなウトオバーが30年前から植えたものです。
この迫力ったら!

入場料:大人200円 中高生:100円 小学生以下は無料。
オススメよ。是非!

宮島でした。


今週末がピークですが、6月中旬頃までは見ごろとのこと。
お時間のある方はぜひどうぞ♪

投稿者 : 02:12 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月03日

島(沖縄)の原風景

沖縄の島にて

台風よけの石垣が積まれた砂地の路地道。

はるか昔、といっても子どもの頃ですが、同じような道で遊んだ記憶があります。鹿児島の、桜島のふもとにある小さな集落。親戚のおうちがここにあったんです。いとこたちと一緒でした。

鬼ごっこで走り回ったあげくに転び、ヒザに擦り傷。砂なのでズルッと剥けて、かなり痛い思いをしました。

いま、そのいとこ達がどこにいるのかは知らない。それぞれの親が都会で暮らしていたため、親戚づきあいも途絶えてしまっています。

沖縄の離島にいくと、なぜか、子どもの頃を思い出すことが多い。

沖縄と鹿児島、距離は離れていますが海辺の集落では台風をよけるため、沖縄と同じような造りになっていましたから、そのせいでしょう。同時にそれは、一緒に遊んだいとこ達の記憶につながります。

自分と血のつながる人たち。この空の下の、どこかで生きている。不思議です。


「あんたは海さーねー」

昨日、ウチナーンチュに言われました。人は、山の民・海の民のどちらかを祖先に持つそうですが、私は絶対に「海」で、「見ただけで分かる」とのことでした。

あたり~♪

投稿者 : 16:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月27日

沖縄そばの道

ukuru.jpg

沖縄そばは、「ここのがいちばん美味しい!」という人もいれば、「たいしたことない」という人もいますから、お店の評価はとても難しい(というのが本音)。

「沖縄そばの道をきわめるぞー」と、観光で来られた方がそば食べ歩きにチャレンジしました。結果、あえなく1日でギブアップ。「もう結構」となったらしいです。

一方、ウチナーンチュのなかには、毎日沖縄そばを食べ続けても平気な方がいます。というか、1日1回食べないと「落ちつかない」らしい……。うーむ。

そば食べ歩きにチャレンジしたい方は沖縄そば博物館(美ら島物語)をどうぞ。私は、中部のなーざと屋によく行きます♪

沖縄の食べる・飲む情報を動画でじっくり確認したい方はゆくるTVをどうぞ♪


写真は、常に上位ランキングされている首里そばです。この写真はちょいと加工したものですが、なかなか風情があってステキ♪

投稿者 : 13:47 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月10日

沖縄エイサーの新潮流

沖縄のエイサーには、地域青年会による旧盆エイサーと、女性も派手に演舞する創作エイサーの、2つの流れがあります。

今回紹介した写真は「MIXハマヤーDAIKO」の皆さん。空手から発展したエイサーの太鼓舞踊です。演舞している人たちが、とてもいい顔をしていますよね。

このように、沖縄の地域芸能「エイサー」は、国内外で幅広く発展しつつあります。

 
MIXハマヤー太鼓

MIXハマヤー太鼓

MIXハマヤー太鼓

MIXハマヤー太鼓

MIXハマヤー太鼓


投稿者 : 14:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月04日

沖縄の魚

沖縄の魚

沖縄の海では、ダイビングじゃなくてスノーケルだけでも、いろいろな魚たちを見ることができます。

潮が満ちるとともに、浅瀬に魚たちがどどーっとやってきます。透明感のある魚体は実に美しいですよね。

しかし、徹底的リアリストの私は「これ、食べられる?」が先にくるのでヒンシュク買いまくり……。

凶暴魚?ダツを食べた経験のある人います? 細身でとんがった歯を持ってるヤツ。

そのままバーベキュー網に乗っけて、食べました! 


劇的にまずかったです……。

投稿者 : 10:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月30日

沖縄の貝テーブル

沖縄の貝のギャラリーテーブル

海人大工・宮城さんのギャラリーテーブルがほぼ完成しました。世界で1つの逸品モノ♪ 沖縄の海で採取した貝のみを飾っています。購入したものではありません。

沖縄の貝のギャラリーテーブルは、繊細な家具を作れる大工さんと潜り漁のできる海人、その道のプロが2人いないと作れません。

宮城さんは潜り漁師。一晩にタンク6本というハードな仕事をしています。夜の海専門という海人のなかの海人であります。

「夜のサメが怖くて沖縄の漁師はできんさー」という宮城さん。彼は、サメもふくめて海の生き物たちの邪魔をしているのが自分たち人間(漁師)であると言いました。

現在は海人ながら、漁師になる前は本土で長年家具・内装職人として働いてきた経歴を持っています。

すなわち! 貝の採取からテーブル作りまで、すべてを1人でこなしてしまえるのだ!

そんな宮城さんに「貝のテーブル作ってよぉ~♪」と気軽にお願いしたものの、まさか、本当に作っていただけるとは思いませんでした。

「この貝は40メートル潜ったところで見つけたさー」

「ぴゅんぴゅん飛んでるのをヒョイと捕まえた」(姫貝?)

テーブルの中に、沖縄の海があります。


ところで、さきほど「ほぼ」完成と説明したのにはワケがあります。磨きの作業がまだ残っているんですよ。

「素人が、自分の家具を塗ったり磨いたり出来る経験は無いぞー」

………。必死で塗りましたが、よく見るとムラが……。

「ふん」

宮城さんには、鼻で笑われてしまいました。


テーブルの材質は青森ヒバです。「杉はゆがむからダメ!」とのこと。コザのカフェ&バー「コザクラ」に設置しております♪

投稿者 Melody : 09:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月20日

沖縄の夏

嘉手納マリーナ
今日の沖縄本島中部地方は少し薄曇り。先ほどまでは晴れていました。

……、暑い。汗ばむ季節の到来です。

ついに来たか、本格的な沖縄の夏!

観光客の方が肌をさらして海辺を闊歩するシーズン到来~、なんだけど、なにも真昼間に海に行かなくてもいいと思うぞ。

国際通りを歩くタンクトップの女性が、肌を真っ赤にしているのをよく見かけます。チョンと触ったら「ぎゃーっ!」と叫ぶよな、きっと……。

焼きすぎは良くないです。

海に行くのは夕方以降がよろしい。沖縄の日没は遅いので、午後7時でも十分明るいのです。午後4時頃から日没まで海で遊ぶというのが、沖縄海遊びのセオリー(?)です。

絶対焼きたくない!という方は、2種類の日焼け止めを重ね付けにして泳いでください。これ、けっこう効きます。海遊びしながらも、肌は真っ白、という方もいます♪


急激に日焼けすると皮が剥けますよね。それって見た目はけっこう「キチャない」んだけど、肌の色は元に戻ります。

私は、沖縄で暮らしながら、一度も皮が剥けたことがない。

地黒化の道まっしぐら……。


※ 写真は嘉手納マリーナです。お気に入りの小さなビーチ♪


投稿者 Melody : 12:53 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月09日

金武町社交街

沖縄でもっとも異国的な雰囲気を漂わせているのが金武町社交街。タコライス発祥地としても有名ですよね。


金武町社交外金武町社交外

金武町社交外金武町社交外

金武町社交外金武町社交外

金武町社交街は、キャンプ・ハンセンの門前町。一言でいうと夜の街です。店々に明かりが灯れば、町の風景が一変します。

金武町というと、どうしても、エキゾティックかつアジア的イメージが先に来るんですが、なかなかに奥深い町であり、県内の水どころとしても知られており、ターンム(田芋)料理も有名です。金武鍾乳洞での古酒づくりも味わいあり♪

投稿者 Melody : 09:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月07日

好みの問題

街の風景の何を見て「ステキ」とか「いいなぁ~」と思うのは人それぞれ違います。私の場合は……、

こういうのに感動してしまいます。(あほかとよく言われる……)

ずーっとずーっと、そのまま。なぜか、居心地がいい。

普通は「お店のシャッターをここまで放置するか!」ですよね。
自分でペンキを塗れば、すぐにきれいになる。なのに、やらない……。

うーん、いいなぁ。

こーいうのもお気に入り。



投稿者 Melody : 10:13 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月04日

やんばる・春の息吹

やんばるに詳しい大谷勉さん(高田爬虫類研究所沖縄分室長)から、春のやんばるの写真をご提供いただきました。

沖縄に、赤い新芽の植物が多いのは、虫に食べられないための擬態らしいです。紅葉に見せかけて「枯れてるから美味しくないよー」とアピールしているんですって。

亜熱帯性気候の沖縄に大勢の人がやってくるのは、過ごしやすい気候ゆえ。となると、虫だってご同様。新芽の緑が青々していれば、柔らかくて美味しそうな葉っぱだぞーとバレてしまいますよね。

以下の解説も大谷さんです♪

【アカメガシラ】

方言名・ヤマユーナ

日当たりのよい道端などでよく見られます。新芽の色が紅色をしていることから、赤芽ガシワと名づけられています。この新芽は天ぷらにして食べられます。

【クワノハエノキ】

方言名・ビンギ

雑木林によく見られる植物です。8月頃、オレンジ色の小さな実がつきます。

首里からの距離を示す一里塚に植えたようです。

【ホソバタブ】

方言名・コーガーギー

新芽がひときわきれいな植物で、やんばるの道端でよく見られます。タブノキより葉が長いので、この名がついています。

投稿者 Melody : 12:03 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月02日

美しき南国ガーデン

本土の方がこの写真を見たら、南国沖縄らくしていいなぁ~、とか、心地よさそうな庭~、といったイメージを持たれるはず。

亜熱帯性のシダ植物が生い茂る、南国的な美しい庭園でいただくランチ♪ あら、素敵~って感じなんだけど、

夏は! しにぃ暑そうだ。(風が止まったら、死ぬなぁ~)

住んでると、こう思うようになります……。エアコンの効いた室内から出なくなります!

投稿者 Melody : 10:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月26日

浜比嘉島

沖縄のドライブコースとしてピカ一の人気を誇るのが海中道路。

「へぇ~、海の中に道路? トンネル?」ではありません(私は最初そう思った)。島と島をつなぐ離島架橋です。

伊計島に行くことが多いと思うのですが、浜比嘉島にもぜひ立ち寄ってください。神の島と言われるだけあって、静けさと神秘さが漂っています。この写真は、島の高台から撮影したもの♪

投稿者 Melody : 10:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月06日

■街の夕暮れ

街の夕暮れです。場所は沖縄市。

胡屋十字路からまっすぐ伸びるのは空港通り。
嘉手納空軍基地の第2ゲートまで続きます。

かつてはGate2 streetという名前でした。
今でも、地域の人たちはゲート通りと呼びます。

去年の大晦日、ここでオレンジレンジの紅白中継が行われました。

投稿者 : 13:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月02日

■孤高のシーサー

はじめて沖縄に来たとき、いちばん感動したのが屋根の上のシーサー♪

古いかわら屋根の真ん中でにらみをきかすその姿に、沖縄文化の独自性を感じました。

家屋のたたずまい、生息する生き物や植物、人の暮らしや食生活など、あらゆる面で独自性を発揮している沖縄ですが、私にとっては、沖縄といえばシーサー♪

現在、沖縄のシーサーは雄と雌1対となり、おうちの門に飾られるようになっています。

そのため、シーサーは雄雌2匹を飾るべし、と思っている方も多いはず。本土の神社に鎮座する狛犬のようです。それはそれで素敵なんだけど。

迫力の点で言えば、やはり屋根の上のシーサーにはかなわないと思うぞ。

クワッ!とにらみを利かしてあたりを睥睨するその姿を見れば、どんな魔物だってUターンしてしまいそうです。

瓦職人が自在に作り上げたせいか、一つひとつが個性的。歳月にもまれた貫禄も加わって、えもいわれぬ風情をかもし出しています。

言葉で表現するとしたら「孤高のシーサー」だなぁ……。

投稿者 : 09:34 | コメント (0) | トラックバック