2010年02月 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

2010年02月 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月27日

沖縄の緊急防災対応ってどーよ?!

今朝の地震は、ビビったなぁ~。縦横揺れで、そこそこ大きかったのです。
本土にいたとき、ほぼ毎日揺れるような関東地方だったけど、沖縄では、
これほどの地震を味わったことがないぞ。

おかげさまで、ほとんどの自治体で、危機管理の対応は出来ていない、
という事実に気付いてしまった。NHKからの電話を受けたのは、
警備のおっちゃんばっかりで、市民対応なしというのがバレてしまった。
南城、与那原など一部の自治体では、職員対応ができていたが、
読谷や宜野湾は、どうも、全国に恥をさらしてしまったらしい。

本土のように、24時間365日、何が起きても対応できる防災システムは、
地震被害に慣れていない沖縄には無さそうだ。

DSCN2618.jpg
(大阪・豊中市役所にて)

投稿者 masako : 11:38 | コメント (0) | トラックバック

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月23日

和菓子よりケーキ♪

沖縄では、「和菓子」よりも「ケーキ」強し!

TS375512.JPG

沖縄のケーキは、美味しいのだ! 特に最近は、洗練されたあっさり風味の、軽~いケーキが増えてきた。ブラックコーヒー、あるいは紅茶と一緒に午後のひとときを楽しむのにぴったりである。

ただし、こうしたケーキは、アメリカからの方には、不満が残るかも知れぬ。「甘くないではないかー」という苦情が来るかもしれぬな~。

アメリカンケーキは、砂糖がコテコテと、色合いも派手で、日米の文化差を感じるのではあるが、たまにはアメリカンケーキも食べたくなる沖縄……。

投稿者 masako : 17:30 | コメント (0) | トラックバック

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月22日

伐採屋さん

DSCN2890.jpg

沖縄にしか、無い、と思う。


本土だと、植木屋になるか、はたまた、便利屋さんか。

投稿者 masako : 13:32 | コメント (0) | トラックバック

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月20日

まちづくりって何だろう

まちづくりという言葉をよく聞きます。

コレに対して、「なにそれ?」という人も多い。まちなんてものは、意図的に作るんじゃなくて、自然と、勝手に発生していくもんだという考えなんだろう。

何か、核になるものがあって、近隣から人が集まり、モノが集まり、中心が生まれる。そうして発生したまちが、郊外型の進展により打撃を受けて、空洞化をおこし、寂れていく。

それのどごが悪いわけ? 車がすぐ停められる便利な場所がイイに決まってるでしょ。商店街よりショッピングセンターか便利。時代遅れの商店街が消えていくのは当たり前。中心市外地が壊れても、私には関係ないわ。

こう考える人も多い。

単に、利便性で考えれば、まさにその通りといわざるを得ない。商売(ビジネス)という観点で見れば、より便利な場所にまちの中心が移っていくだけのこと。

ただし、人が集まり、交流し、つながり、文化を生み、暮らしを支え、助け合う場所として考えると、後発の「より便利な場所」がその機能を果たすとは思えない。

※築60年の民家をリノベーションしたカフェにて。
DSCN2810.jpg

現在、未婚の人が増えています。結婚しないまま人生の最後を迎えるであろう人は、このままでいくと、おそらく日本人の半分近くになるのではないかと思われます。

人と暮らすのは難儀。誰かに、自分を合わせるのは疲れる。だったら、一人かいいさー。

たしかに、そうだね。

年老いて、体にガタが来て、なかなか自由に動けなくなって、車の運転もできなくなって、買い物にもいけなくなって、話し相手もいなくて、誰かと話すこともなくて、ずーっと一人。誰にも気づかれずに死んでいく。

そーいう人生が良い、という人はともかく、人間ってのは、けっこう寂しがりやで、本当は人同士つながっていたくて、なのに、それができない結果として、一人で生きる選択となってしまうたんだけど、もし、コミュニティがしっかりした地域に住んでいれば、確実に話し相手がいるし、何かあれば誰かが助けてくれる。お金が無くても、なんくるないさーだったりする。

そこは、決して、ショッピングセンターではない。

高齢化にともない人口が減少します。人の住む環境も、郊外からまちへの回帰現象が見て取れます。拡大主義、大量生産、大量消費とは正反対の、時代がやってきています。私たちの時代の幸せとは何だろう。

ところで、
DSCN2811.jpg
昨今のレトロブームにより、この手のカフェや雑貨店が人気であるが、
中身の伴っていない店も多いのが、気にかかる……。

投稿者 masako : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月15日

ステキな与儀公園

鉄道のない沖縄県に、なぜかD51が鎮座しております。

九州~列車で行こう~下町親父の珍道中 に、
その経緯が詳しく紹介されていますので参考にしてください。

送信者 なは桜祭り

与儀公園は、近所のおっちゃんたちが三々五々集まって、囲碁などを日がな一日楽しんでおりますが、散策スポットとしても、大変秀逸な、那覇の穴場でございます。

緑が濃いので、落ち着くなぁ~。

送信者 なは桜祭り

投稿者 masako : 17:37 | コメント (0) | トラックバック

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月13日

沖縄の修学旅行で地域交流しよう

QAB 琉球朝日放送 で 神奈川県栄光学園の修学旅行生が地域の祭りに取り組んだ模様が放送されました。インターネットでも見られます。

修学旅行生が銀天街で祭り

この祭りの企画内容は、子供たちが自ら考え出したものです。そして、祭り運営の実行委員13名とともに、エイサー体験、沖縄芝居体験、三線体験の生徒たちが、祭りの舞台に立ちました。また、地元の高校生と軽音楽でコラボもしましたし、工芸体験の生徒たちは祭り参加者として、同級生たちががんばる姿に声援を送っていました。

このように最近は、単なる体験ではなく、ストーリー性のあるドラマというか、想像力を高めたり、コミュニケーション能力の向上につながるような、子供たちの成長を促進する地域体験のニーズが高まっています。それは単なる旅行ではなく、地域社会との出会いであり、子供たちを大きく成長させるカギとなります。

なお、沖縄市における地域体験ブログラムは沖縄市観光協会が運営するコザインフォメーションセンターが提案しています。同センターでは、こうした教育旅行だけでなく、人材育成などの研修プログラムも提案しているので、興味のある方はお問い合わせください。

詳しくはコザインフォへ。修学旅行の相談も受け付けています。

住所 沖縄市中央1-17-16
電話 098-939-4845

投稿者 masako : 10:58 | コメント (0) | トラックバック

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月10日

映画館は魚屋さんになる

TS375449.JPG


日本中探しても、かつて、映画館だった建物が、
今は魚屋になっているなんて、めったにないだろうなぁ~。

投稿者 masako : 17:02 | コメント (0) | トラックバック

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月06日

桜咲く2月の沖縄の子供たち

DSCN2650.jpg

二月ともなれば、桜は花満開、そろそろ散ろうかなという風情を見せつつも、どんよりと曇った空の下、美しい桃色で、目をなごませてくれる。

そんな二月、沖縄市の城前自治会は地域の子供たちのために新春もちつき大会を開催した。琉球王国時代の越来城址をいだく古い街に、こんにたくさんの子供たちがいたのかと、驚くほどの歓声に包まれたひとときだった。

沖縄市は、日本で一番若い自治体である。15歳以下の子供比率が日本一高いのだ。同時に、離婚率も高いので、母子家庭率もまた高いのかもしれないが、それでも、子供がたくさんいる街は、元気である。

子供たちを育てるのは親の仕事だけど、地域もまた、色んな形でかかわっています。大人になっても、きっと、子供たちの心の片隅には、地域で出会ったニィニィやネーネー、そしておっさん、おばさんたちが存在しているのではないかなぁ。

DSCN2644.jpg

投稿者 masako : 13:43 | コメント (0) | トラックバック

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月02日

ホントにホントの手作りラー油

沖縄市産業祭りで、沖縄市の観光協会に所属するエイサー売り込みのプロジェクトチームが作ったのは「エイサーラー油」です。

石垣発のラー油とおなじような感じでしょ。ところが! 

送信者 第33回沖縄市産業まつり

エイサーラー油は、容器のステッカーが手作りなんです。それも、
手貼りなんです。一枚、一枚、ノリ付けして貼ったのが、この方です。
エイサーラー油をデザインした、エイサープロジェクトの花城さんだ!

送信者 第33回沖縄市産業まつり

手貼り作業で作ったエイサーラー油、おひとついかが?
こちら http://www.zentoeisa.com/ で販売しているはずー♪

投稿者 masako : 16:12 | コメント (0) | トラックバック