2010年01月 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

2010年01月 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月29日

高齢者賃貸住宅よかつの家がオープン

TS375387.JPG

2月から、うるま市で、高齢者用の賃貸住宅「よかつの家」と、「よかつデイサービス」がオープンする。海中道路に至る県道10号線名沿いだ。

高齢者のためのディサービス、そして賃貸住宅は、都市部に住む人たちのニーズが高いと思われていた。お年寄りが集う場所がなく、自宅に引きこもりがちな環境は、身体機能の劣化を早めてしまうのではないか。そうした人たちにとってディサービスは、健康維持と機能回復の強い味方である。

通勤時間帯の那覇。

路線バスや出勤を急ぐ車のなかに、デイサービス事業所の送迎車が、相当数含まれている。各事業所の車が、那覇中を走り回っているといってもよい。ディサービス利用者の多さを実感する。

そして中部。那覇と同じような状況となってきた。

夫婦共稼ぎで成り立つ家計では、お年寄りの介護が必要となっても、家族が面倒をみることができない。その代わりにディサービスが家族の負担を補ってくれる。

しかも昨今は、高齢者の1人住まいが増えている。ディサービスだけではカバーできない人も多い。となると、高齢者住宅に住むというのも選択肢の一つだろう。

ちなみに、24時間スタッフが対応する高齢者賃貸住宅「よかつの家」は、家賃、管理費、朝夕の食費、水道光熱費含んで月額9万円で利用できる。

■高齢者賃貸住宅よかつの家
〒904-2312 うるま市勝連平安名1655-1
問合せ電話 098-978-0801

■よかつディサービス
問合せ電話 098-978-0801

投稿者 masako : 12:41 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月28日

浦添は芸術のまち

カタツムリの胎内にいる気分のらせん階段を、ひーこら、ひーこら登っていくと、

ほら、絶景なり~の、浦添美術館の展望台に到着です。

芸術の街をうたう浦添市だけあって、デザインセンス抜群ですよね。しかも、
企画展の内容が実に素晴らしいのです。

美術館で発見したのが、うらそえアートマップでした♪

投稿者 masako : 12:00 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月26日

街なかのフェデックス(米版宅急便)

TS375373.JPG

コザを散歩してて、ふと、思ったこと。

街の上を戦闘機や軍用ヘリが飛んでたり、
スーパーマーケットやショップでドルが使えたり、
こんな看板があることを、見過ごしていたり、

それらは、沖縄で暮らす私たちにとって当たり前の光景だけど、
よーく考えると、おかしなことであるよ、うん。

ということで、gooニュースでは
名護市長選の結果について、アメリカ人の意見が紹介されています。

投稿者 masako : 15:40 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月25日

地域文化力

那覇市開南のミラクル、なかなか風情があります。
DSCN0917.jpg

先日、本土からのお客様とともに、那覇の街をふらふら歩きました。
開南と農連市場、そして栄町です。お客様は、那覇=国際通りであり、
もはや那覇には魅力なし!と思っていたようですが、びっくり那覇!

地域文化力のある場所とは、人の暮しが伺える場所ですよね。

投稿者 masako : 11:32 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月23日

300円弁当と豪華ランチ

今週は休めるの? 良かったわね。あら、来週はまた、お祭りなの。
なんだか、コザは、いつもいつもお祭りをやってるのね。
大変ねぇ~。

那覇のとし子さんに言われてしまった。

コザは、地域イベントが特別多いのかなぁと悩んだが、他の地域でもチェックしてみると、バラエティにとんだ様々なイベントが行われている。那覇なんか、探せば毎日、いくつもの楽しいイベントがある。決してコザが、突出しているわけではないのだ。中心市街地として集約されているから目立つのであろう。

さて、少し肌寒くなり始めた沖縄。

今日のランチは沖縄市中央の老舗レストラン「フランドル」にて
牛カツ定食750円なり。沖縄らしくボリュームたっぷりだ。
furandl.jpg

午後2時前という暇な時間帯を狙ったのだが、あにはからんや、のんびりと食事する女性たちでけっこう混んでいた。

時間に制約のあるシャカシャカお急ぎ系のランチは相場的に500~600円。時間に余裕がある女性たちのランチはフランドルのように700~1200円といったところか。

奥さんが1000円のランチ、旦那は300円の弁当、というケースも多いが、その代わり男たちは飲み代を使っているので、奥さんに文句は言えないはずだ。

とはいえ、女性たちもけっこう飲む沖縄である。


投稿者 masako : 16:11 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月22日

人工は自然に勝てない

まったく、どこに行っても人工ビーチばっかりで、面白くないば~よ~。

白い砂浜

遊歩道となった護岸堤

潮に強いアダンの木

海流や波を和らげる突堤

東屋

売店・トイレ・シャワールーム

駐車場

そんなものは整ってなくてもいいと思うのです。だって、一度行ったら飽きるんです。どこのビーチも、おんなじなんですもん。同行した本土のお客さまも、私と同じような感想をもらしました。

やっぱり、

人工のモンが、自然に勝つことはあり得ない! だから、
自然をいじるならば、もとの環境を生かしてやるべきさ~。

読谷村の渡口の浜とか、嘉手納マリーナが良い雰囲気なのは、
そのせいだと思うのさ~。
to19.jpg

投稿者 masako : 12:27 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月21日

中高年を若返らすば~???

栄町市場にて。

「うーん、どうやって? 若返らすば~?」
DSCN2464.jpg

味わい深い栄町。島酒1杯200円の気さくな屋台。
地元の人もいれば旅人もいて、もちろん若い人もやってくる。
那覇に残された、数少ない「沖縄」の一つ、かもしれない。
DSCN2466.jpg

那覇といえば、農連市場の立ち退きと再開発が確定しているようだ。

新しくて、きれいな市場にしたいというのが行政の意向だと思うけど、コテコテの下町感覚。人と人のつながりといった対面商売の良さを消さないで、つまりは那覇の市場文化を継承出来る形での再開発は可能だと思うのだが、行政的には、なかなかそうはならない。

またひとつ、古いものが、消えていくのかなぁ。

投稿者 masako : 13:28 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月18日

オキナワンロックは今も燃えている

コザのロックを久しぶりに聞いた。別名・還暦ロッカーのカッちゃんは66歳だという。
健在である。まだまだ熱い魂を持っている。

koza-1.jpg

コザに住んでいると、音楽はとても身近な存在だ。
空気を吸うように、音楽は、私たちの身体に染みついている。

koza-2.jpg

しかし私は、ミュージシャンたちがコザに居ることを当たり前と感じ、
実はそれが、どんなにスゴイかを忘れてしまっていた。

koza-3.jpg

だからつい、「いつでも聞ける」「いつでも行ける」とばかりに、
こうしたコンサートライプにも、足が遠のいていた。

否。

日々の雑事に追い回されて、音楽を楽しむ心の余裕を
失っていたのかもしれない。

koza-4.jpg

戦後のコザで生まれて、兵士たちを慰めてきたオキナワンロックは、
いまもその神髄を失ってはおらず、熱い鼓動が胸に響いてくる。

ロック人口が減少し「いまさらロックなど」という若者たちも多いけれど、
沖縄のロックミュージャンたちは、ホームグラウンドたるこのコザで、
音本来の持つ肉感的な楽しみを自らの肉体と楽器で表現している。

koza-5.jpg

多くのものを捨てながら60年代、70年代を駆け抜けてきた世代にとって、
当時と変わらぬ、いや、それ以上に今も熱く音楽に酔いしれるロッカーたちと、
再会できる場所は、日本ではもはや、コザだけになってしまったのだろうか。

コザロックとは、時代遅れではない。

時代に迎合しなかった者たちの生き様が、この街で刻まれているだけなのだ。

【沖縄国際アジア音楽祭musix2010】

未来へのメッセージ~オキナワンロックの軌跡~

場所:ミュージックタウン音市場(3Fホール)
時間:【開場】18:00 【開演】18:30
料金:【前売】3,000円【当日】3,500円

出演:紫(MURASAKI)、かっちゃん、マリー、and more・・

チケット一般発売日:近日発売開始
プレイガイド:チケットぴあ(Pコード:347-286)、ミュージックタウン音市場、普久原楽器、照屋楽器店、キャンパスレコード

主催:沖縄国際アジア音楽祭沖縄市実行委員会、ミュージックタウン音市場
お問い合わせ:ミュージックウタン音市場 tel 098-932-1949


投稿者 masako : 15:47 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月14日

豪華ランチを完食しました

たまには、豪華ランチだー! 確か9百何円でしたっけ。
完食だ! あ、どんな内容か分かりませんよね。
TS375329.JPG

食べる前の写真はこちら。豪華でしょ?
TS375328.JPG

普通は夕食がいちばん豪華なんだけど、私の場合、
豪華ランチのあとは、カップラ~メン♪

投稿者 masako : 12:43 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月12日

やっぱユニオンですから~

ショッピングセンターは商店街の敵である! という対立関係が生まれて久しいのですが、以前はそうではありませんでした。

大阪に住んでいたころ。相当昔です。たぶんダイエーが急激に伸び出した時期だったと思います。中学1年でした。ばぁちゃんのお気に入りだったのが阪急塚口駅の商店街。そして、ダイエーです。わざわざ電車に乗って買い物に行きました。

ばあちゃんは、商店街のウィンドウショッピングを楽しみ値段をチェックしてからダイエーに向かいます。アレコレ買い物をした帰路も、さらに商店街でお買い物したり甘味処に立ち寄ったりと、孫の私を荷物番にして日曜日の買い物を楽しんでいました。

その頃、SCと商店街は敵味方ではなく、共存関係だったと思います。SCの存在は、商店街にとってプラスだったのです。それどころか商店街の核として、集客において相乗効果を発揮していました。

電車や徒歩、自転車で買い物をする中心市街地型から、車で行動する郊外型が主流になってから、SCは商店街と対立する存在となってしまいました。

さて、沖縄市の中心部。

沖縄市のテレワークセンター駐車場として使われている保険所跡地に、新しくユニオンがオープンするという話があります。これについて、疲弊している既存商店街がさらに疲弊し、痛手を被るのではないかと、心配する声も聞きます。

正直、分からないなぁというのが、私の個人的感想。商店街とSCが街なかで共存していた塚口商店街の活気ある光景がぐるぐると頭を駆け巡ってます。しかもこの商店街、いまもダイエーがいます。ポイントカードや駐車場など、商店街との共通サービスもあるようです。

塚口さんさんタウン
http://www.sunsuntown.com/contents01/daiei.html

地域の商店街には、集客力のある核が必要ですよね。東京・巣鴨「オバァの原宿」だってトゲ抜き地蔵が居なけりゃ、あそこまで人は集まりませんよね。

コザには、ミュージックタウンという立派な核があるではないか、という意見もありましょうが、あれは生活街・暮しの場としての商店街のランドマークにはなりません。別の次元の建物です。

さて、

ユニオンが来ることで痛手を被る店舗が必ず発生しますよね。その痛手を、痛手ではなくメリットに変えられないのでしょうか。ユニオンと商店街が話し合い、協力しながら互いの繁栄を目指すような、面としての地域づくりを進めていけないのでしょうか。

ユニオンのオープンを防げないのであれば、積極的に活用する方法を考えるしかないし、商店街も変化せざるを得ない。

そんなことを、つらつら考えている今日この頃です。

投稿者 masako : 17:52 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月10日

沖縄の成人式

DSCN2339.jpg

今日は、可愛い七五三に会いました~♪

あ、ちがった、成人式です。


みんなお揃い。

かっこいいねー。

投稿者 masako : 18:03 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月08日

南風原文化センターは必見です

個人的に、超~おすすめの施設が南風原文化センターです。
一度は見に行っていただきたい!と思うのでありました♪

DSCN1605.jpg

DSCN1599.jpg

DSCN1608.jpg

〒901-1113  沖縄県南風原町 喜屋武 257
お問合せ電話 098-889-7399 FAX 098-889-0529
メール bunka-c@town.haebaru.okinawa.jp
URL http://www.town.haebaru.okinawa.jp/

投稿者 masako : 16:17 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月05日

がっつり沖縄そばで迎春です

2010年、新春。

沖縄も、旅行客減で厳しい状況ですが、がんばるっきゃないさ~♪
ビンボーでも楽しく生きていく方法は、ちゃんとあるさ~♪
自分の足元をしつかり見つめてみるさ~♪

DSCN2230.JPG

今年もよろしくお願いいたします。

投稿者 masako : 16:23 | コメント (0) | トラックバック