プラザハウスというアイデンティティ 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

プラザハウスというアイデンティティ 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 早朝の那覇を歩いてみると | メイン | 神様は見ている »

2009年09月21日

プラザハウスというアイデンティティ

戦後の沖縄を思うとき、脳裏に浮かぶのは、度重なる世変わりをしたたかに切り抜けてきた先達の生き様であろうか。いまや、遠い過去となりつつあるが…。

DSCN0424.JPG

沖縄市に、55年の歴史をもつ、老舗のショッピングモールがある。
誰もがその名を知るプラザハウスだ。

DSCN0428.JPG

沖縄の55年を見つめ続けてきたロージャーズ&プラザハウスは、地域文化をはぐくみ、共有し、アイデンティティを守り続けている地域の財産だ。もはや単なるショッピングモールではない。

DSCN0426.JPG

大資本のショッピングセンターとは、利益が見込まれる間はよいが、会社自体の業績次第によっては、閉店閉鎖・移転統合などを模索しなければならない体質をもつ。

いわば使い捨てであり、そんな場所から地域文化は生まれてこないだろう。それどころか、全国の中心市街地を壊滅化させている犯人と目されている。

とはいえ、それらを非難しても始まらない。私たち自身が便利さを優先させた結果にすぎない。

一方、地域の中から生まれたプラザハウスは、地域とともに生きる運命をもつ。55年間の歴史の中で、いくつもの大波をかぶり、変遷を切り抜けてきたことだろう。

物事を生み出すエネルギー以上に、継続するエネルギーのほうが大きい。
世の中の、老舗と呼ばれる店には必ず、受け継ぐ人材がいる。

さて、

そんなプラザハウスで、シルバーウィーク期間中、
過去と今、そして未来をつなぐユニークな催しが開催されている。
子供たちのための縁日もあり!

DSCN0435.JPG

プラザハウス
 〒904-0023沖縄県沖縄市久保田3-1-12
  TEL 098-932-4480
  E-mai :contact@plazahouse.net

投稿者 masako : 2009年09月21日 18:15

コメント

コメントしてください




保存しますか?