2009年06月 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

2009年06月 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月27日

40年前と同じ風景

TS374282.JPG

おいしいコーヒーとタコスのお店「ポレポレ」が、
開南の、農連市場のど真ん中にオープンしました。

知人を案内したところ、
「前に来た時と何も変わってないね」と感動。

「それっていつのこと?」

「40年前だったと思う」

40年たっても変わらない? 那覇は開南の、農連市場にめんそーれ♪
と言っても、ポレポレオープンで分かるように、人も店も常に変化中!


投稿者 masako : 15:18 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月25日

無敵のサンエー

けだるい水曜日の午後。どこに行っても人がいない。
みんな、どこにいるのかな? 気になって、車を走らせてみました。

TS374272.JPG  TS374273.JPG

商店街だけでなく、ビーチにもアメリカンビレッジにも人はいません。

TS374276.JPG  TS374276.JPG

実は……、
地元の人がたくさん居るのはサンエーメイクマンです。
平日だろうと週末だろうと、いつ行っても人でいっぱいなんです。
だから、駐車場整理も大変なのだ。
TS374279.JPG

同じ時間帯、本土系某ショッピングセンターは、閑古鳥……。
サンエー、強し!


   

投稿者 masako : 14:28 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月24日

カウンターの中から見えること

そうなんだよね。カウンターの中からじゃないと、
見えないものが世の中にはあるんだよね。

しかもそれが、カウンターの向こうにいらっしゃる方々の、
人間性を判断するモノサシにもなってしまうんだよね。
自分がお客だった時には見えなかったんだよね。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090621/198207/?P=1

お金を使うから良い客、ではなくて、お金を使うってのは、けっこう難しいもので、モテる(であろうと思われる)男を眺めていて気付いたんだけど、エエカッコしいはダメ、せこいのはもっとダメ、要は無理せず分相応、キレイに使える人が人間的にも魅力なのだなぁ。

本来、お金を払う人と、お金を受け取る人は、平等。

だけど「払う方がエラい!」と勘違いしたバカな消費者が世の中にはとっても多くて、また、その勘違いを商売に利用する勘違い経営者もまた多くて、その結果がさらに「日本のサービス世界一」という大勘違いにつながって、お金を払う人=お金を持ってる人は「エラいエラい」が、ニッポン中にはびこっているんじゃないかと思う次第。

マネーゲームなんてのも所詮はバクチ。

ギャンブルである以上「楽しく遊べよ」なんだけど、金に取りつかれた人たちが、人生賭けちゃったりすれば破綻もするさ~。

(カウンターの中からぶつぶつ…)

投稿者 masako : 12:12 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月23日

ジャンク?それともトレジャー?

沖縄はリサイクルやさんが大変多い。フリマ業者とも言うけれど、こうした業者さんはピンキリ。そんななかで、ずーっとお世話になっているのがバイゴンズさん。別名、開かずの骨とうや(???)
TS374258.JPG

店内は、店主が沖縄中から集めたレアものだらけ。んでもって店主は「買ってやるから負けろ」的な横暴客が大嫌い。「買ってもらわなくて結構!」だそうです。
TS374261.JPG

みすみす損をするとわかっていても、迎合してまで売りたくないというバイゴンズ店主のように、沖縄には、商売抜き、人間性重視の付き合いをする人が多い。

しかし、このバドワイザー三連シャンデリア、欲しい~!
TS374263.JPG

投稿者 masako : 11:42 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月21日

浴衣ワンピース

今年の浴衣は、コレでどーだ!

20090527_02.jpg

トリンプ・インターナショナル・ジャパンの直営店「アモスタイル」で売ってます。浴衣より簡単に着られるし、着崩れの心配もなし。巾着と帯がセットでついて希望小売価格は3045円。

正式商品名は『浴衣風ワンピース』らしいけど、
日本の夏アイテムとして面白し。

投稿者 masako : 15:34 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月20日

銀天街のハイカラおばぁ

毎月第三土曜日に、沖縄市のコザ十字路近くにある銀天街で地域のお祭りが開催されている。出し物はその時々によって変わり、高齢者グループの発表会やカラオケ大会、子供たちのストリートダンス、おじさんたちのフォーク、さになはエイサーなど、なんでもありの、手作りの祭りだ。

TS374242.JPG

早い時間に行ってみれば、アーケード内に並べられたテーブルに、大勢の年配者が座っていた。

「こんなに居るの?」と驚いたものの、年配者が楽しく集える場所が地域の中にあるってのは、大変素晴らしいこととと思っている。

TS374246.JPG

投稿者 masako : 16:53 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月19日

夢のみずうみ村

沖縄には、住環境を犠牲にして店舗優先で設計された古い建物が密集している商店街がけっこう残っている。1階は店舗、上は住宅となっているのだが、階段が異様に狭かったり、急だったりで危険極まりない代物だ。

高齢化の中で、そういう建物の上階に高齢者が住んでいることが多い。なかには、外の世界を知らないまま寝たきりになってしまった人もいる。

年をとると、畳の縁すらに躓いてしまうこともある。今まで普通に過ごしてきた空間が、高齢者にとっては凶器となる。

通常ならば、こうした環境を改善すべくバリアフリーが進められるのだが、あえてバリアを設けることで自立を促すやり方を取り入れているディケア施設があった。人生の現役養成道場をうたう「夢のみずうみ村」だ。山口と防府にある。

「夢のみずうみ村」では、通所者それぞれに自分のものを保管するタンスが用意されている。しかもこれらのタンスは伝い歩きの役に立つよう配置されていたりもする。通所者が血圧、体温などを自分で測って報告すると村独自の地域通貨「ユーメ」がもらえるようになっている。この「ユーメ」でお茶してもいいし、村内カジノで遊んでもいい。ワークショップメニューの材料費やプール代など、何にでも使えるのだ。

そして、施設内の数あるブログラムのなかから「今日は何をしよう」と決めるのはスタッフではなく通所者の自由意思である。要は、介護される存在であるけれども、実社会と同じ体験をすることで、ボケ防止に役立てている。

このやり方を肯定的に受け入れる人たちもいれば、あまりにも他の施設のやり方と違うため、批判する勢力も多い。さて、どっちが正しいとか、正しくないとかはどうでもよいことで、要は施設を利用する人たちが、そのサービスに納得しているかどうかだけの問題であろう。

考えてみれば、現役で生きている高齢者には、歩行困難もボケも見かけない。いやいや、そうなってしまったら現役でやってられないか。

ともかく人間、死ぬ寸前まで元気で過ごしたいもの。誰にも迷惑をかけず、眠るように去っていきたいもの。みんなそう考えつつも、予期せぬ事態に見舞われて、家族の重荷になってしまうことも多い。そうなると、人間としての尊厳すら損なわれてしまう。

「夢のみずうみ村」

もし、自分が年をとったならば、そして、施設を利用せざるを得なくなったとしたら、こんな施設を利用したいものである。

投稿者 masako : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月18日

ふつーの街のふつーじゃない公園

あれは、何? タコのようにも見えるけど……。
何だろう。

TS374239.JPG

やつぱりタコだ! しかも意味不明の。

TS374240.JPG

街の真ん中の公園に、なぜ! こんなにリアルなタコの造形物があるのだろう。

ここが美ら海水族館とか、残波岬だというならば、リアルタコは理解できる。

しかしここは那覇。しかももろろん、波の上ではない。ふつーのまちの、
ふつーの公園である。

その、ふつーの公園に存在するにしては、とってもふつーではない!
と思う私のほうが、ふつーではないのだろうか。

ちなみに、リアルタコの隣には、全然リアルじゃないキノコセットあり。
造形物はこの二つだけながら、両者の関係も意味不明。

投稿者 masako : 11:35 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月16日

雨の中、ジタバタと那覇の街

梅雨らしい雨が降り続く朝から、車を運転できない高齢者のアッシーとして
那覇を走りまわり、先ほど戻ってきました。それにしても、那覇の市役所って、
TS374223.JPG

年季が入っています。

TS374225.JPG

オジィが、柱の陰に隠れてタバコを吸ってました。

投稿者 masako : 14:13 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月15日

ジャズ ジャングル プレゼンツ

TS374217.JPG

コザを代表するジャズ・アーティスト、エツーさん。
思いっきり堪能してもらおうと企画されたのが、
6月26日のライブコンサートです。

沖縄小市民劇場あしびなーで開催されます。
ロビーではドリンクパーティもあるらしい。

前売りチケットは、沖縄市のジャズジャングルをはじめ、
各店で販売中。コザクラにもあります。

投稿者 masako : 11:21 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月13日

ガソリン価格ってどーよ

TS374167.JPG

やっと梅雨らしくなって、豪快な雨が続いています。
そんな日のことでした。ちょっとだけ雨があがったすきに、

私 「そーだ、ガソリン入れて来なきゃ!」

娘 「なんで? 今じゃないとダメなわけ?」

私 「ケータイメールがショップから届いているわけさー。119円が、会員価格112円! しかもキッチンタオル1個プレゼントだって!それが今日までなんだよね」

娘 「で、いくら得をする?」

私「えーと7円安くなって50リッターとして350円。あれ? たったそれだけ? キッチンタオル1個150円としても、〆て500円」

娘「そのためだけにわざわざ車を出して、ガソリン使って、時間使って元は取れるわけ?」

私「ふむ。そう考えると、あんましお得ではないな。どっかに行く途中に入れればいいか」

という結論になりました。


投稿者 masako : 17:29 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月11日

浦添市の住み心地

浦添城址公園からは、首里城まで見渡せます。
keshiki.JPG

復元工事が進む浦添グスクと浦添ようどれですが、浦添は
ゆいレールの延伸も予定されており、住む環境としては、
なかなかベスト。文化と教育に力を入れています。

南部、北部に行くにも便利で、緑が豊か。知人が、
浦添市から離れたがらない気持ちが理解できます。
朝と夕のラッシュさえ緩和されたら言うことなし!

投稿者 masako : 16:21 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

コザのパークアベニューにて

TS374193.JPG

日差しの強い午後。パークアベニューでちょっとお茶でも、
と思ったとき、どのお店が良いかなぁと悩んでしまいます。

タコスの有名店。
アメリカンピザのお店
ギャラリーを楽しめるカフェ。
黒糖カフェがおいしいカフェ。
トロピカルジュースのエスニックカフェ。
スポーツを楽しめるカフェ。

こーやって並べてみると、けっこうたくさんあります。

今日の私の選択は、インド屋さんでしたー♪
本場のラッシーとインディアンカレー、うまいっす。

投稿者 masako : 12:28 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月09日

真夏の夜の夢

TS374185sankaku.jpg

ナビィの恋、ホテル・ハイビスカスの中江裕司監督が、
シェイクスピアの名作「真夏の夜の夢」沖縄バージョン
さんかく山のマジルーを作っちゃいました。

沖縄方言映画ではあるけれど、日本語字幕つきだから、
安心さ~ね~。ウチナー芝居「大琉球王国由来記」もあり!

五穀豊穣 豊年満作 子孫繁栄の弥勒世界報(みるくゆがふ)!
以下の日程でロードショーが予定されています。

■桜坂劇場(那覇) 7月18日 
■リウボウホール(那覇) 7月18日~8月17日
■沖縄市民小劇場あしびなー 8月22日~8月30日

詳しい上映情報はこちらをどうぞ♪

投稿者 masako : 11:57 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

現代用語の基礎知識?

オリコン「今ドキOL白書」が、新社会人を迎えたOLたちに「新入社員の態度で気になるのは?」についてインターネットアンケートを実施した。それによると先輩達が嫌うのは「ため口」という答えが圧倒的だった。なんと、7割ものOLたちが、学生口調が抜けないタメ口会話を指摘している。続いて「自分を名前で呼ぶ」のも何とかしてほしいという意見が多かった。

確かにこれは、理解できる。スナックなどのねーね-が、自分のことを「〇〇ちゃんでーす」と紹介したり、職度の同僚が自分の名前を出して「〇〇はね、こー思うわけよ」と、やったりすると、口には出さずとも、内心では「キモい」と思うのである。

自立していない。自分を甘やかしている。いい女だと思い込んでいるといった数々の誤解の上に、自立できない女が、自分のことを、名前で呼ぶのではないかと、疑っている。

もうひとつ、社会人が「イラッとする言葉」は何かというアンケート結果もあった。それによると、圧倒的に嫌われるのが「~っす」と「ですよね~」である。

これらの言葉を使う人に対する印象は「なめられた気分になる」、「バカにされているように感じる」、「覇気がない」、「非常に軽い感じがする」など、非難集中だ。

言葉には、その人の生き方やモラルがあらわれてしまう。「たかが言葉ではないか」では済まされない。言葉によって人間性を判断されてしまうことだってあるのだ。

経験も知識もない若造が、先輩のちょっとしたミスに「まじっすかー?」などと突っ込みを入れたりしたら、「ぶん殴ってやろうか」という気分になることを、世の若者たちは理解しておいたほうがよいであろうなぁ。

      

投稿者 masako : 00:33 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月07日

死者の国から

TS374165.JPG

癒しの島には、かつて、たくさんの死体があった。それはほんの少し前の出来事だった。このガマでも、何百もの死体が積み重なり、相当の死臭が漂ったという。

しかしいまは、静かに静かに。

ML_TS374164.JPG

沖縄の聖地、ガマ、御獄、そして古墓。あるいは王墓。
対象がなんであろうと、無意識ながら手を合わせてしまう。
私にとってそれは宗教ではなく、死者に対する敬意。

未来と過去が、沖縄という島では濃密に交差している。

投稿者 masako : 23:25 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月06日

コザの酒だってよ~

TS374139.JPG

島旨、とは、島酒旨しの意味であるぞ。
こんなネーミングを真面目につけてしまう泡盛の酒造所って、
どーよ?! 新里酒造さんだってさ。

ま~、どーでもいいけど、こののぼりが欲しいさー!

投稿者 masako : 23:44 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

誰の土地?

TS374130.JPG

ふーん、なんか変だ。

ML_TS3741310001.JPG

投稿者 masako : 15:49 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月03日

桜坂にて

誰も信じないのですが、私は、基本的に引きこもり系でございます。ずーっとずーっと、口をきかず、本を読み続ける生活も平気。夢は、古書店の店主。これでは、まず間違いなく、生活できん……。

なにしろ社会では、人と人のコミュニケーションが必要。人は1人では生きられない。なかには「1人のほうが良い」と言う人もいますが、完全に孤立した独り、はありえません。人間は必ず誰かとかかわっています。そんなこと言う人に限って、周囲に甘えているだけのことです。

TS374074.JPG
桜坂にて

投稿者 masako : 18:18 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月02日

沖縄Tシャツ戦争

TS374072.JPG

ありとあらゆるデザインのTシャツが毎日のように生み出される沖縄。
高級路線もあれば、格安路線もありで、買う方はありがたいけれど、
過激な競争シーンは、あんまり見たくないなぁ。

ゆるゆる、のんびり、てーげーは、もうダメ?

投稿者 masako : 17:38 | コメント (0) | トラックバック

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月01日

太陽の下の緑のアーチ

ML_TS374087.JPG

再開発が進み、道路がどんどん広くなり、古い家屋が軒並み消えていく。そんな光景を見ることが多くなった最近の沖縄ではあるけれど、太陽をいっぱい浴びて生命のエネルギーを取り込み、空いっぱいに緑を茂らせている元気な古木たちもいます。


投稿者 masako : 12:35 | コメント (0) | トラックバック