ヒストリートの存在意義 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

ヒストリートの存在意義 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 哀しいパンダ…… | メイン | 月桃の花が咲きました »

2007年05月14日

ヒストリートの存在意義

TS371144.JPG

コザのヒストリートにてオレンジレンジのサイン色紙を発見。

ヒストリート。正式名称は沖縄市戦後歴史資料館(だったっけ?)
この街角資料館は、沖縄市が運営しているのですが、
実に面白いです。

なにしろ切り口がユニーク。シーズンごとにテーマを決めて
特別展も開催しています。

沖縄市では、ありとあらゆる歴史資料を収集しており、
このヒストリートにはぜーんぜん収まりきれないほどの
お宝グッズがあります。(噂によると)

大きな箱に入れて、仰々しく展示するのではなくて、
誰もが触れることのできる環境に展示する、
その意義はかなり大きいと思ってます。

つまり
ヒストリートは、コザの財産です♪


投稿者 masako : 2007年05月14日 15:49

コメント

コメントしてください




保存しますか?