2007年04月 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

2007年04月 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月30日

サービス業はつらいのだ

TS371174.JPG

ゴールデンウィーク真っ最中! みんな、旅行やレジャーを楽しんでいるはず。

なのに、私の周囲には明日〈振り替え休日〉も仕事という人が……。

サービス業やIT管理などの人はつらいのだ! 

世の中が便利になるのに比例して、勤務体系は過酷になる。
誰かが楽をするためには、誰かが犠牲になる。

おーまいがっ。

そんな方は、私のへたっぴい撮影ですが沖縄の写真でも眺めて、
ホッと一息、コーヒーブレイクを♪

投稿者 masako : 04:07 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月27日

故郷とは何ぞや

いろいろと考えることがあって、このたび、引っ越しました!
といってもね、半分引越しです。ほとんど、現在地にいます。
せいぜい、週末の仕事の無い日にゴロゴロしに行く程度。

でも、たったそれだけのことでも、リフレッシュできますから
精神衛生上、よろしいはずよー♪


さて、話題一転。先日、カフェバーコザクラの話題で、
故郷はどこ、という内容になりました。

Fさんの両親は読谷出身。Fさん自身はただいまコザンチュ。
だけど彼、自分にとっての故郷は旧石川市。

多感な少年時代をすごした場所とのこと。そこでは、
家族問題も色々あって、辛い思いをしたといいます。
なのに、彼の心の故郷は、その場所……。


ふむ。

私はどうなんだろう。

故郷は無い!と言い切れるほど各地を転々、
だからいつも転校生扱い。

それぞれの地に対する思い出はあるものの、
ここは私の故郷だー!とは言い切れません。
いつも、自分が今いる場所しかない。

だから、心の故郷を持っている人はいいなぁと、
単純に思ってしまった。

一方、ずーっと故郷で暮らす人もいますよね。
こういう人に、故郷とは何ぞや、なんて、
聞いてもあまり意味がないです(爆)。

生まれ島で自然に生きているのですから。

投稿者 masako : 15:12 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月25日

沖縄移住の分岐点

沖縄に移住して5年目を迎えるというカップルがご来店。

5年目となれば、いろいろと変化があったはず。
聞いてみれば、私と同じコースを辿っていました。

つまり、移住当初は「ここがへんだ!」に悩み、怒り、呆れ、
3年を過ぎる頃には、ウチナーンチュよりウチナーらしくなり、
「いいさー、いいさー」となっているケースです。

こーなるとシメたもの。ただし、本土復帰は難しい……。

「沖縄のここがヘンだ」という考えに行き着いた人たちは本土に戻り、「いやいや東京のほうがヘンなのだ」と考えるようになった人たちが、沖縄に定住していくのではないかと推察しております。

その分岐点となる時期は、早くて2年、遅くとも3年といったところ。
どちらが良いとか悪いとかではなくて、考え方の差に過ぎない。

この2~3年というのは、新しいことを始めて
一通り覚えた頃と一致しているようです。
会社に勤める場合もほぼ同じですよね。

沖縄暮らし2~3年で本土に戻る人が多いのは、
要はこういうことなのでしょう。


投稿者 masako : 01:05 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月24日

豚トイレ~♪

TS371155.JPG

昔スタイルのトイレです。
豚小屋つき~♪

なぜトイレの横に豚小屋があるかは、皆様ご推察の通り!

循環型社会には、何一つ無駄がない。


衛生的になって、便利になって、豊かになって、
その代わりゴミが増えた! では、やっぱ困りますよね。

と言いつつ、毎日ゴミを排出している私……。


投稿者 masako : 15:03 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月21日

表の口と裏の口

はるか昔に住んでいた田舎でのこと。

女性が数人集まりゆんたくしていました。
子供の年が近い地元の主婦仲間たちです。みんな仲良しねぇと思ったら、

1人が先に帰ったとたん、その女性の旧悪暴露となった……。
独身の時にこんなことをしたとか、どーとか。

地元の人間でない私に、わざわざ教えてくれたのか、
それとも、その場に居ない人のことをあれこれ言う風習でもあるのか、
当時の私には理解不能な出来事でありました。

今も、やはり、それに近いことがあります。

表の口と、裏の口。

街だろうと田舎だろうと、何処に行っても人間は同じなのでしょう。

表の口を信じていたら、裏の口で全く反対のことを言うタイプもいます。
一度それを知ってしまったら、もうダメ。その人に対する見方が変わります。

いっぽうで、表の口しか使わない人もいます。一見、言いたいこといいの人。
摩擦が起きたり、時にはカドが立つ場合もあるけれど、裏の口が少ない分、
信頼できる人でもある。

自分はどっちかなぁと考えてみました。

うーん。

言いたいことを言いまくってるのは確実だなぁ。
表面は調子よく、裏でケナすという高等芸はできない。

世の中には、相手を心配してるフリして、優しさを演出しつつ、
実は相手を貶めてる、というよな難しい技を使う人もいます。

あれ? もしかして、表と裏を使い分ける人ってのは
生き物として複雑な行動をとってるわけだから、
より進化してる人???

投稿者 masako : 13:19 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月20日

嘉手納なのにコザ?

TS370726.JPG


福岡入管

那覇支局

嘉手納出張所

なのに、なぜか、コザにあります。

投稿者 masako : 12:13 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月19日

お土産にどうぞ

TS370777.JPG

これ、おみやげ店で発見しました。

いちおー、おみやげ、でしょうか……。

買う人がいるのでしょうか……。


ううむ、ううむ……。


投稿者 masako : 04:07 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月16日

シーミーの季節です

TS371114.JPG

沖縄はいま、シーミー(清明祭)の真っ盛り。
ご近所のお店も休みです。知人もお墓参りにいきました。

シーミー。詳しくはこちらをどうぞ。

いつものお惣菜屋さんも清明祭モード。

TAG 清明祭 市場

2007/04/09 12:46 posted by ぴらつか

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]

中国から伝わったようですが、本土でも、
春の彼岸にはお墓を掃除してお供えをしますよね。

さて、シーミーが終わると、
沖縄には本格的な夏がやってきます。

投稿者 masako : 14:04 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月14日

沖縄が消える

TS370844.JPG

観光整備がされればされるほど、ありのままの沖縄が消えていく。
そんな危惧をいだいています。

観光客の皆様向けにサービス、設備の行き届いた大規模なお店が増えるに比例して、沖縄の素朴な個人店がすみっこに追いやられてしまうのではないか。

そんな個人店を大事にしていくのが、住む者の役割かもしれない。
じゃないと、本当に! 沖縄らしさが失われてしまいます。

投稿者 masako : 10:19 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月12日

ニワトリ卵

P1010686.JPG

卵をゆでていたら、こんなんが出来てしまいました。
まるでニワトリのトサカだわぃ!

投稿者 masako : 13:11 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月09日

荒風ファミリー ミスターX

玉富士のぶちゃん号

荒風ファミリー ミスターX

ひよこ組 あやせちゃん号

ヒットマン友人会号

古堅モータース従業員号

伊良皆圧送 元気くん

ジグザグヒーゲー

山原パンダ


ふむ。なかなか、味わいのあるお名前ではないですか。
いずれも沖縄の闘牛さんたち~♪

もし、私が闘牛を持っていれば、どんな名前をつけるかなぁ。

昔、コザには超~強い闘牛がいたそうです。1960年代の頃です。
名前は「ゆかり」ちゃん、あ、「ゆかり号」です。
当時、女の子が生まれたら「ゆかり」と命名する人が相次いだとか。

さて、こちら↓は読谷村の闘牛場です。試合日じゃなくても、
牛さんたちの練習風景に出会えます。

yomitan4.JPG


投稿者 masako : 14:56 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月06日

出会いと別れ

最近、妙に元気が無くって、春の気候変動のせいかなぁ、とか
年のせいかもなぁ、なーんて思ってたのですが、やっと復活です。

あ~、やれやれ。

人には、その人それぞれのバイオリズムというのがあって、
低調なときもあれば、元気に動けるときもあります。
たぶん、それだったのでしょう。

復活のきっかけは実に単純でした。

自分というものを、見事なまでにさらけ出しているウチナー女性のおかげです。
彼女はただいま、フォーリンラブで大恋愛真っ最中。

もう、周囲が辟易するほど語るのでうるさいんだけど、
彼女の顔が輝いているので、ああ、いいなぁと……。

それで私の体調が復活、というのも実に単純で変な話でしょ?
実は、不調原因に気づいたのです。

ある男性に再会しました。奥様と2人で沖縄に引っ越して、
彼女のほうが沖縄とうまくなじめず、本土に引き上げた方でした。

大して親しくなかったのですが、離婚したとのことで、
男性のみが、再度沖縄にやってきました。移住です。

ああ、本土に戻ってもダメだったんだ。

これでした。彼以外にも同様のケースがあります。
それは私の友人です。
2人で沖縄にやってきた。だけど帰るときはバラバラ……。

カップルが別れる。これは2人の問題なんだけど、
周囲にも影響を及ぼしてしまうのだなぁということに
気づかされました。


だけど、その一方で出会いを見つける人もいる。
素直に良かったねと喜びたいもの。

ちなみに、このウチナー女性の彼氏は、本土の方です。

投稿者 masako : 01:30 | コメント (0) | トラックバック

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月02日

捨て魔の後悔

4月に入ったとたん、暑くなった沖縄。しかし私は、
半そでシャツはどこよーと探し回ってます。

よっく考えたら、去年、荷物の大整理を実行して、
大きなビニール袋4~5袋分の服を捨てたのを思い出しました。

あちゃー。

全部着れるものだったのに、邪魔だからで処分したんだった。
割と何でもポイポイ捨ててしまう性格なのですよ。
これで男も捨てたんだった(ウソでーす)。


夏になり、夏物を探しまくるものの見つからず……。

こうなりゃ、庶民の味方マルエーで買うのだ!
1枚500円程度のTシャツがあれば、
沖縄では生きていけるのだ!

投稿者 masako : 18:04 | コメント (0) | トラックバック