家具(モノ)が欲しくない理由 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

家具(モノ)が欲しくない理由 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 愛車は錆び車 | メイン | 沖縄のイメージ »

2006年12月25日

家具(モノ)が欲しくない理由

知人が、模様変えのため、不要となった立派なソファセットを譲ると言ってくれました。

確かに私の自宅は殺風景。まともな家具は一切無く、テレビ・ラジオすらもない。要は家庭の匂いが全くしない空間です。ニューヨーク・ソーホースタイルといえば聞こえは良いけれど、くつろぐためのモノはない。

キッチンには簡易流し台。カセットコンロ。冷蔵庫。食器棚の代わりの韓国螺鈿茶棚。テーブルと椅子。ベトナム製の竹暖簾。それと、ごろ寝兼読書用のソファ。一部屋をクローゼットルームにした以外、あとは、家具らしきものはゼロ。土足で暮らしています。

入り口の広い空間にソファセットを設置すればナイスな雰囲気になるんだけど、なぜ私は貰わなかったのかな? あったほうが良いのに……。

それで、自分の心理を自分なりに分析してみました。
深層意識にあったのは……、

根が生えるのがイヤ、ということ。

いつでも飛べる体制を維持したい。そのためには、ドシっと安定した家具は邪魔になる。だから、使い捨てできるタイプのものならば、きっと貰っていたはず。


自分は、定住できないタイプなのかなぁ。農耕民族型ではないぞ。これって、かなりおかしいぞ。なぜならば、どんな人でもある程度の年になれば定住志向・安定志向となるはず。

ずっと、「仮の宿」意識を持ったまま、私は暮らすのだろうか。


釈迦の言葉に「何かを得れば必ず失う時が来る」とあります。その苦しみに耐えられず、彼は出家したようなもの。

人と出会えば、必ず別れる時が来る。人を愛せば愛すほど、別離は辛くなる。人間の生は「苦しみ」だと…。そこから彼のたどり着いた結論は「中庸」だったはず。

人だけでなく、金銭などに換算できる財産だって同じこと。たくさんの財産を得ても、永遠に持ち続けることはできません。財産が減れば「減った」と悩み、近づいてくる人を疑い、疑心暗鬼に陥る。これは精神的にきつい。じゃあ頑張って、自分が得た財産全部を守りきったとしても、今度は自分に死がやってくる。

もしかしたら

私は、何かを失うことに耐えられないほど弱いのかもしれない。だから、何かを得ることを無意識に拒否してしまうのかも知れないなぁ。


たかがソファセットで、あれこれ考えさせられた一日でした。
あ、クリスマスだというのにお釈迦さまを持ち出しちゃった。

投稿者 masako : 2006年12月25日 16:08

コメント

コメントしてください




保存しますか?