主婦の消費行動分析結果 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

主婦の消費行動分析結果 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« コザならではのオーケストラ | メイン | 家を選ぶなら~♪ »

2006年12月15日

主婦の消費行動分析結果

主婦マーケティング専門のハー・ストーリィ(広島市)が『いまどき主婦の買い物について』のアンケートを実施しました・すると! 主婦の買い物は、6つの心理クラスターに分類できることがわかったそうです。同社のニュースリリースから引用させていただきますね。

■1位 周りと自分を合わせようとする「クラスショップ」34%(266人)
■2位 買物でストレス発散や、気分転換をしたい「フリーダムショップ」31%(251人)
■3位 自分の買物のために様々なコストをカットする「カット&ペーストショップ」層16%(128人)
■4位 便利かつ楽しい買物を望む「コンジョイショップ」層12%(98人)
■5位 自分のこだわりやポリシーを持って買物をしたい「ポリシーショップ」層5%(40人)
■6位 最新トレンドを常にキャッチしていたい「トレンドショップ」層2%(17人)


うーむ。

自分と周りをあわせたい欲求を持つ人と、
買い物でストレス発散・気分転換派をあわせると60%……。


それと、「自分の欲しいもの」を手に入れるために家族をうまく活用しているという「カット&ペーストショップ層」も気になります。これって、家族のために我慢してきたニッポンの主婦像ではなくて、自分を中心にした消費行動をとる現代の主婦となりますよね。


ハー・ストーリィさんによる調査結果の分析は次の通りです。

欲しいモノ、サービスが満ち溢れている現代だからこそ、彼女たちに、何を売りたいか等モノについての思考ではなく、まず彼女たちが買い物で満たしたい気持ちがこんなにも多パターン存在するという事に気付く事が、マーケティングにおいても、今後は、最優先事項となるだろう。

女性は、欲しいものがあれば、夫のもの、子供のものを切り詰めてでも買うことができる。だから、”この商品は高いから売れない”は、売れない言い訳にはならないのである。


要は、集団の一員として安定を図りたいという気持ちが無意識に働くため、買い物でも「周りの人と一緒♪」がポイントになるそうです。

はて、沖縄は……、どうなんでしょ。

投稿者 masako : 2006年12月15日 16:26

コメント

コメントしてください




保存しますか?