沖縄の風は冷たい 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

沖縄の風は冷たい 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 本土の味と沖縄の味 | メイン | 母川回帰 »

2006年12月03日

沖縄の風は冷たい

TS370352.JPG日曜日の午後は、自分の店の入り口にある椅子にすわり、コーヒーを飲みながら本を読むのが、私は好きです。ほんとは、椅子に寝転がって読書をやりたいのだけど、道行く人から丸見えなので、仕方なしに我慢。

この店は、私的空間と公的空間が結ばれてしまっています。私自身は徹底的に私的な部分を見せてもかまわないのですが、往来する人からすれば「目障り」この上ないですよね。

今日は少し曇り。そのせいか、寒い。もちろん、本土の寒さとは質が違うので、凍えるとか、身を切られるような、といった形容詞はつきませんが、身体は着実に沖縄の冬を認識しています。

脱力した日曜日の午後。遠慮がちに通り過ぎる北風の中で、人はみな、違った心のありよう、つまりは違った思考のもとに生きているのだな、などとくだらぬことを考えています。

どうしてだか分からないけど、このように、いつもいつも何かを考えてしまうのですよ、私は。だから、「人とは」と考え始めようものならば、もう止まらない。自分の思考、社会のあり方、種の起源、ほんとにもう、頭の中はゴチャゴチャ。

で、今思っていることは、中身が見えない人は、単に中身(心)を見せたくない人なのか、それとも、本当に中身が無い人なのかってこと。

中身がない人なんて居ないんだけど、でも、思考停止に陥った人というのは居ます。「ああ、この人は自分の問題から逃げているな」というのが感じられます。

これは極端な一例ですが、でも、本人はそう思っていません。アル中になりかねないほど毎日お酒を飲んで、バカ話をして、笑って、明日のことを考えずに楽しく一日を過ごす。酔いが覚めれば現実が押し寄せてくるので、また飲む。

これでは解決できないし、私にはその人の中身が見えない。

うーん、こんなことを考え出すと、またまた思考が飛躍して、どっかに飛んでいきそうです。人の心のありようをアレコレ考えるより、そろそろお店のオープン準備を始めよう。

よっしゃー!


投稿者 masako : 2006年12月03日 16:29

コメント

コメントしてください




保存しますか?