11月19日は知事選挙 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

11月19日は知事選挙 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 敵を作らない社会 | メイン | 日本アルティスタアカデミー沖縄本校が開校 »

2006年10月19日

11月19日は知事選挙

郵便ポストに、沖縄県知事選の入場整理券が入ってました。


この間まで、一本化があーだこーだと新聞が言ってましたけど、
アッという間に選挙です。

保革対決と思ったら、あらら、「琉球独立党」の党首なる方も出馬するらしい。


選挙で気づいたんだけど、こういう時、本土から沖縄に移住した人たちの動向はどうなるんでしょ。保革対決の原因となる問題に関心のある人以外、移住者の棄権率はとても高いのではないかと推測しています。

住民票なし、保険証なし、選挙権なしで住民税を支払っていないという「居るのに居ない」人も多いけど、沖縄県民としての義務を果たしている人のほうが圧倒的に多いはず。

彼らの動きは浮動票というヤツに紛れ込んでいるのでしょうが、接戦の選挙ならば、その影響力はとてつもなく大きくなります。単なる浮動票として捉えるのではなくて戦略的に取り込めば、投票結果の趨勢を変えてしまいかねません。

好むと好まざるにかかわらず、移住した人たちが地域社会に影響を及ぼすようになっています。

投稿者 masako : 2006年10月19日 15:25

コメント

コメントしてください




保存しますか?