地域の観光資源 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

地域の観光資源 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« ムカッ!とくるビジネススタイル | メイン | ウニの子作り »

2006年05月29日

地域の観光資源

観光王国沖縄。

経済の動きが、観光シーズンと、オフシーズンとでは大違い。ホテルにしても、フル稼働90%突破の時期があれば、30%ラインをよたよたと低空飛行、という時期もあります。

観光で飯を食うならば、ジッと我慢で耐えなきゃいけないんでしょうが、近頃、ホテルの動きに変化が見られます。

それは、如何にしてお客様に楽しみを提供するか、です。

かつては、日本中どこの観光地でも、お客さんを外に出さないのが大型観光ホテルの暗黙の了解でしたよね。ホテル内で飲食・宴会・買い物と全てを完結させるやり方です。

本土の、ある有名観光ホテルで、出入りのコンパニオンさんが、宿泊客の要望に応じて、外の、つまりは街のスナック街にお客様を案内したら、それがバレて一切出入り禁止……。こーいうのが当たり前でまかり通ってました。

お土産品の掛け率もすごくて、売れたら支払う方式なのに、マージン50%。ただで商品を入れさせて、1000円のものならば、500円はホテルに、というワケ。

このやり方が、今は通用しなくなっています。


観光ホテルは、地域の自然や景観を利用して商売しています。それなのに、地域にお客さんを出さない。結果、地域がさびれて、ホテルの集客にも影響が出る。だから、自分とこだけ良ければ式は絶対成り立たない。

現在、沖縄のホテルの多くは、地域の資産を活用して、お客さまに楽しんでもらうことを積極的に進めています。ラグナガーデンホテルのレーベル立ち上げもその1つ。同ホテルでは、芸能沖縄をテーマに、街のライブハウスや民謡酒場などにお客様を送り出しています。

それは、ホテルの付加価値アップに繋がり、リピーター率の向上、結果として、大きなプラスにつながります。こうしたことから伺えるのは、沖縄の観光業界が大きな転換期を迎えていることです。いまや、お客様を囲い込み、全てをムシり取るやり方が通用しない時代です。


私自身、コザの真ん中で、カフェバーとともに、10人で満杯になってしまう小さな民宿を運営しているのですが、宿泊された方をカフェバーに誘導してお金を遣わせるやり方は、一切行っていません。

折角のコザ滞在。ライブハウス、アメリカンバー、民謡酒場など、色んな夜のお店があります。バラエティに富んだコザを楽しんでもらうことで、コザファンを作る。結果として、民宿の経営も成り立っていく、そう確信しています。

当然ですが、他のホテル・民宿にお泊りの方、あるいは他の地域から遊びに来られた方に対しても、同様です。コザは、初めの第1歩を踏み出すのが大変、というイメージがありますので、その第1歩を踏み出すためのお手伝いをさせていただくことが結構あります。

「じゃあ、一緒に行く?」

1人じゃ入れないと思っていた国際色豊かなお店が、実は、とっても気さくで1人旅でも楽しく遊べることに気付いてもらえればОK。そうすれば、

コザファン、1人GET~♪


投稿者 masako : 2006年05月29日 12:29

コメント

コメントしてください




保存しますか?