ムカッ!とくるビジネススタイル 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

ムカッ!とくるビジネススタイル 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 旧海軍司令部壕 | メイン | 地域の観光資源 »

2006年05月25日

ムカッ!とくるビジネススタイル

日本は、景気がよろしいようです。その恩恵をこうむってか、
私のようなところにも、依頼が来ます。
しかし、その依頼の仕方がねぇ~。

正直いうと、イヤラシイやり方をする会社とか代理店が多い。
たぶん、時間に追われているせいでしょう。
相手を人間と思っていないみたい。

沖縄の何かの分野を取り上げると決まった。さぁ、手配だ。
沖縄にいる人材を探せ。あそこにいる。こっちにもいる。

ピックアップした何人もの人に、同時に依頼。いちばん早く返事が来た人に仕事を出す。他の人へのフォローはなし。最初に返事を返したその人が、最適な人材かどうかはどうでもいいんです。要はパッパと進行したいだけ。


沖縄では、ありえないです。本土系の企業でも、私のお付き合いしている範囲には、こういうふうに人を使い棄てるようなトコはありません。


私の場合なんですが、例えば、ある仕事が発生したとします。自分でこなせない分野だとすると「この仕事には、あの人がピッタリだわー」という方が、自然と頭の中に浮びあがってきます。当然、その方だけに依頼の連絡を入れます。すると、断られることは、まず100%!ありません。

マッチングする業務内容と、日頃のお付き合いによる信頼感、そして「縁」だと思ってます。


先日、知人から、ホテルのライブに出演してくれる女性ボーカリストを紹介してと頼まれました。条件は英語が謳える人。

即座に「彼女だー!」が浮かびました。幸いな事にその日、私のところにマネージャーの女性が来ることになっていましたので、すぐにつなげました。

不思議な一致ですけど、良い縁は、ごく自然に生まれてくるものです。


また、あまり親しくない方とか、会ったことのない方であっても、発生した仕事に最適の人材であれば、その方に礼をつくしてお願いします。アレもコレも同時に声をかける、なんて失礼な事は絶対にしません。


このように沖縄では、人をちゃんと見て、仕事が進みます。
だから、本土サイド、いや、日本のイヤラシイやり方が気に障る私……。

投稿者 masako : 2006年05月25日 15:19

コメント

コメントしてください




保存しますか?