2006年04月 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

2006年04月 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月30日

読谷のライム君

読谷のライム君lime.jpg

彼の趣味は、布団の中にもぐること。

好みのタイプは、お姉さんタイプ。

特技は、鼻パクと、バーン(死んだフリ)。

読谷で、僕と会ったらヨロシクね♪


投稿者 masako : 23:44 | コメント (0)

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

沖縄の空

沖縄の空

ゴールデンウィーク突入の日曜日。好天に恵まれた沖縄です。

沖縄の空は、青一色に染まることは滅多になく、今日のように快晴であっても、空には必ず雲が浮いています。

まるで、壁紙みたいな空ですよね♪

投稿者 masako : 18:25 | コメント (0)

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月28日

私はなぜ、ジャン松元にこだわるのか

ジャン松元のギャラリー


コザクラの店内が、カメラマン・ジャン松元さんの常設ギャラリーとなりました。

まずは、コザをテーマにした写真を右側に展示しました。これらの写真は時々入れ替わるはず~♪ そして左側の壁は、沖縄をテーマにしたギャラリーになる予定です。

これまでの1年間、コザクラの壁を飾っていたのは、旧い映画ポスターでした。
これからは、ジャンさんの写真が店内を彩ってくれます。


ジャンさんに出会ったのはだいぶ前です。本の取材でした。そのときにカメラマンとして同行されたのが彼でした。

私は、ジャンさんのオフィシャルサイトにあるフォトエッセィがとっても好きです。

なぜならば、ジャンさんから見た沖縄は、ウチナーンチュの語る沖縄とは違うから。そしてまた、私達のような移住者とも……。


沖縄とアメリカ。
確たるアイデンティティを持てない、狭間に生まれた子供たち。
自分は何者かという悩みを抱えつつ大人になっていく。
だけど、自身の力で、壁を乗り越えた時、彼らの視線は、
他者にとても優しくなる……、と思う。

人間ってなんだろうね。
何人だっていいじゃない。
自分は自分。ただそれだけの存在。

そんなことを気付かせてくれるのがジャンさんの写真であり、エッセーです。
観にきていただけたら幸いです。

投稿者 masako : 02:23 | コメント (0)

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月27日

オリオン缶立てゲーム

オリオン缶立てゲーム酔っ払いの皆さんが、オリオンビールの缶立てに挑戦。


見事!


成功!!!


「それがどーした」と言われればそれまでなんだけど、出来るようで出来ない芸当ですよね?

挑戦してみませんか。


投稿者 masako : 15:06 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月25日

沖縄の店名

最強食堂

最強食堂は、安い、早い、うまい、ボリュームタップリ、しかも24時間オープン! なので「最強」と名づけられたようです。

すごいネーミング。インパクトが強いせいか、近頃は大食い処の関心が「ドカメン」から「最強食堂」に移ってる気がします。

このように、沖縄には面白い名前のお店が多いです。

ご近所に「スナック親父」というのがあります。とうぜん、親父さんが経営している店、ですよね? 

「次男食堂」というのもあります。ふんふん。家は長男が継いで、次男さんがお店をやってるのね。

あ、私んちのお隣は「渋谷発」という香水ショップ。沖縄なのに渋谷発~♪

車で走っている時に見かけたのは、「ヴイトン」、「ブルガリ」という名前の喫茶店。こんなん、本家にバレたら大変ですよね。 

沖縄の店名は、系統的にみて「沖縄」と「日本」、そして「英語」の3つに分類されます。例を挙げると……、

【沖縄系】琉球居酒屋・シーサーや/カマドそば/北谷食堂

【日本系】小料理・金沢/京都観光ホテル/CLUB FUJIYAMA

【英語系】ニューヨークレストラン/ビッグボー(BIG BULL)

中には、自分の名前をつけてしまう「外し系」の店もあります。これはね、スナックに多し。

【外し系】アツコです!(!マーク付です)/スナック真樹(今のママさんは違う名前…)

店名というのは、書店に並ぶ本の題名と同じで、とても重要ですよね。店名をみて「う、ちょっと入ってみたいな」と思わせたらしめたもの。その店名が、一度で覚えられるフレーズならば、尚良し♪

何度も通っているのに、どーいうわけか覚えられない「懲りすぎた店名」というのがたまにあります。たいていは、いつの間にか無くなってます。

投稿者 masako : 13:46 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月24日

沖縄初の女性市長誕生

沖縄市長選挙に東門さんという方が当選しました。
沖縄県初の女性市長とのこと。

構図的には保革逆転ですから、今後の沖縄市政だけでなく、普天間移設問題を抱える県政にも影響が及ぶかも知れません。

全国的に見ると、同時期行われた千葉7区補選で、自民系が民主系候補に敗北を喫しています。また、東広島市長選でも、自民党の政調会長さんの二男になる方が敗れました。

相次ぐ自民系候補の敗北は、小泉さんにとっては頭の痛いことでしょうが、各地の有権者が下した決断ですから、尊重すべきでしょう。

いずれにしろ沖縄市長選挙の場合は、保革対立という単純な構図ではなかったようです。なにしろ、地域が胎動している時期のデリケートな問題、それが選挙でしたから。

だから今後は、コレはYESだけど、アレはNO、という具合に、新市長さんは、微妙な舵取りを強いられるかも知れないなぁ……。

投稿者 masako : 02:28 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月21日

海からの贈り物

海からの贈り物

沖縄の海で拾ってきたものたちが、とてもステキな作品になりました。

サンゴのかけら、貝殻、シーグラスなどで作ったものです。

素材は、沖縄旅行の際に、ビーチで探してみましょう。
おうちに戻ってから、旅を思い出しながら、
好きなようにアレンジしてみるといいですよね。

海から遠い地域に住んでいる人にはとくにおすすめ。
お部屋の中に沖縄の海からの贈り物があれば、
少々いやなことがあった日でもリラックスできるはず~♪


投稿者 masako : 12:29 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月19日

白いゴキブリではありません

砂亀 カッパエビセンです

あなたは、コレを食べる勇気がありますか?

親指ほどの大きさです。砂浜に居ます。

まるで……、白いゴキブリ……。

ゆがいて食べた人はうちのスタッフさんですが、彼女によると

「味は、カッパエビセン!」だそうです。

やめられない、とまらないなのかしら???

地域では「砂ガメ」と呼んでいるようです。

昨夜分かったのですが、コレ、アメリカにもいるそうです。

サンド・ビートル、と言う名前。

「アメリカでも食べてるよ。味はシュリンプだよー」

ふーむ。見慣れると、カワイイかもしれません。

重ねて、皆様にお聞きします。
あなたは、コレを食べられますか? それとも、
食べたことがありますか!!!


投稿者 masako : 16:06 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

ホットなホテル?

ホットなホテル?

このネタ、Yさんからの頂き物です!

ホットなホテルです。

何がホット???

ん? よーく見たら、HOTELがHOTになってるワケね♪

沖縄では、よくあることさ~。


投稿者 masako : 15:43 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月17日

私の作ったネックレスです

滅多に私は、ブログに登場しません。というか、
ぶちゃいくな顔をさらしたらアクセス激減間違いなし!

だけど今回は、自然を利用してとてもステキな作品を作ったので、
思わずご紹介♪

ネックレスづくり自然素材でペンダント

一心不乱に励んでます。
ネックレス作りです。

自分の性格に相応しい大作です。

これが、私の作ったネックレス(ペンダントか?)です!

これが私です


投稿者 masako : 17:03 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月15日

選挙で悩む

私の住む沖縄市では、ただいま市長選挙の真っ盛り。よく分からないけど、保革対決、というのかな? 街宣車がにぎやかです。

暴露しますと……、

沖縄に住んでいながら、これまで一度も選挙に行ってません。有権者失格です。なんで投票していないかというと、「誰に入れていいかわからない」から……。

全然知らない人を判断しろ、と言われても判断できないですし、公約とか政党なんかもアテにならない。こっちとくっついたり離れたり、まぁ、忙しいこと。

立候補した人を知っていて、その方の性格をある程度理解していれば別ですが、悲しいことに私ら移住者には、誰が誰だかすらも分からない。何しろ、道で会っても分かりませんもん♪

噂とか口コミである程度、知識を得ることはできても、果たしてそれが本当かどうか……。

だってねぇ、

選挙ではなくて別のシーンでも、会ったことのない人を「噂」で判断するとエラい目に遭います。噂と本人は全然違うぞーというケースが多い。だから私は、自分で見聞きしたものしか信じません。

ということで選挙に行かないままで5年経過しています。

「えー! 私はちゃんと選挙に行ってますよ。有権者としての義務を果たしています」

こう言ったのは、移住歴1年のМさん。

「すごーい!」と思わず感心したら、

「誰に入れていいか分からないから、自分の名前を書きましたけどね」ですって。

移住者としての私の意識の中には、「地域の問題は地域の人が決めるべき」があります。

地元の方は「あんたはコザンチュなんだぞ」とおっしゃってくれますが、沖縄の複雑な歴史のなかで生き抜いてきた地域の方々と、歴史を共有していない身としては、単純に「そーか、そーか」と割り切ることができません。

まして移住者増加中の沖縄。

地域の問題が、移住した側の多数勢力によって先導されたりするのを見るにつけ、そう思ってしまう。


投稿者 masako : 15:27 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月13日

Aサインの刺繍を発見

エーサインの刺繍


沖縄市(コザ)は刺繍やさんのメッカ、というのをご存知ですか?

アメリカ軍から直接請け負っている老舗の刺繍やさんもあるほどです。好きなデザインを、あっという間に作ってくれますし、あるいはお好みのジーンズに、購入したワッペン刺繍を貼り付けたりと、かなり個性的なおしゃれが楽しめるはず。

さて、この不思議な物体は、Aサインのレプリカ刺繍です。
製作者はヤッシーさん。オリジナルにこだわっている刺繍やさんです。

Aサイン…。

かつてアメリカ時代に、コレがないとアメリカ人相手の営業が出来なかったという、水戸黄門の「この印籠が目に入らぬかー」的価値のあった営業許可証のことです。

今は関係ないのですが、Aサイン=アメリカを彷彿とさせるものであり、良くも悪くもコザを象徴しています。

ここで紹介したものは、ヤッシーさんのオリジナル♪ 
価格は1万円だそうです。

コザらしい商品です。


投稿者 masako : 18:16 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

雨漏りに要注意

新しいアパートを借りる人には関係ありませんが、古いアパートの場合、要注意なのが「雨漏り」

大雨のたびに、仕事を休んでいる知人がいます。
雨漏りのせいです。

そこでアパート全体を防水工事することになり、
ただいま、工事の時間調整中。
といっても、雨漏りが始まってから、すでに3週間経過。

状況を見に来られた工事の方が言うには、

「沖縄の古いアパートで雨漏りするのはよくある話
 ポタ、ポタ落ちる程度ならば、ガマンしてもらうしかない。
 でも、オタクのはザーザー!ですから、
 早く修理しましょうねー」

そうなんです。

ザーザー、滝のように流れ込む盛大な雨漏りであるため、
電化製品、カーペットなど、家財を守るために、
知人は寝ないで戦っています。

最近、大雨の日が続いたため、彼女は寝不足……。
家賃払わんぞー!とイカってます。


投稿者 masako : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月12日

夜の中央分離帯

突然 、ゴンッ!って音がするから何かと思ったら、
軽自動車が中央分離帯に乗ってました。

太めの分離帯なので軽自動車は完全に上に乗ってました。

夜だから見えなかったんだろうなぁ。

で、その車、何を思ったか分離帯の上をそのまま直進。
交差点から離れるにつれて徐々に細くなる分離帯……。

直進する軽自動車、
細くなる分離帯、
落ちました(当たり前ですが)。

が、その車、道に落ちたあと、そのまま直進 。

プシュプシュ言ってるので確実にパンクしてるはずなのに、
そのまま走り去る軽自動車なのでした。

という目撃情報をカズさんからいただきました。
沖縄ではよくある話なのだ。
(そんなことないですって)

投稿者 masako : 13:28 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月10日

噂の真相

初めて来られたお客さん。当然、その人が誰かを私は知らない。
自己紹介してくれない限り、名前も分かりません。
それは、移住者だろうが沖縄の人だろうが同じこと。

その人が自己紹介をしながら
「私とあなたの間でこんな噂があったのを知っていますか」
と、披露してくれた話です。

彼と私が、どっかの店で人前構わず大喧嘩をしていた! というもの。

思わず大爆笑。

面と向かって人様とケンカ、ですか。あまりにも幼稚な噂です。

しかも、もしかしたら、道ですれ違ったことはあったかも知れませんが、
直接話すらしたことのない人と???

不思議だわ~。

あ、以前、似たようなことがありました。
この時はね、原因が分かりました。

AさんとBさんは同業なのに仲が悪い。
2人は、年齢が近く、移住者という共通点があります。

私は、Aさんと殆ど付き合いがない。
Bさんとは、どっかで出会った時に挨拶する程度。

そのBさんが、Aさんのことを言う時に、自分の発言としてではなく、
私の発言として「鈴木がこー言っていた」とやらかした。

これ、Bさんがソレを言っているのを直接聞かされた人から教えてもらった話。
真偽は確かめていません。内容が、あまりにもバカらしいし、
自分にとっては関係ないことだしねぇ~。


でも、原因についてはシャーロックホームズばりに推測してみました。

同じ境遇の2人ながら、
Aさんの沖縄暮らしは順調で仕事もうまく行っているのに、
Bさんは正反対。2人とも独身でした。

しかもAさんは一回り以上も若いステキな伴侶を得て、
沖縄移住生活を満喫。

私は、Bさんの、Aさんに対する嫉妬心が形を変えて噴出したものではないかと思ってます。しかもその際、私の名前を使うことで、自分に矛先が向かないようガードしたのではないかと…。

世の中には、こーいうヤヤコしいテクニックを使う人間が居るのは事実です。

しかし、なんで私の名前??? 

出る杭は打たれる。少し目立つと色々取りざたされるのが世の習い。
ン? となると、私は目立っている存在なのかも♪(とイバリ!)

投稿者 masako : 04:08 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月08日

打倒!ミス・ハイビスカス?

沖縄市では、毎年ミス・ハイビスカスを選定しています。

色々な公式行事に参加して、沖縄市をアピールする美しい女性達のことですね。

そこで!!!

我々も、ミス・ハスビスカスを見習って、
ミス・コザクラ隊を結成いたしました!  
テーマはね、アジアンビューティー、だそうです(ほんとかなぁ~)

なんと、本日(4月8日・土曜日)がデビューです。合言葉は、
「呼ばれれば、いつでもどこでも駆けつけますコザクラ隊♪」

デビューを飾る舞台は、昨日のブログで紹介させていただいた「ちんどん屋」さん♪

沖縄市の市民会館で明日土曜日と、明後日に開催されるインディーズの祭典「音楽市」を盛り上げるために、私達もまた「ちんどん屋」ご一行とともに街を練り歩きます。

美しいモンローウォーク、
斜めに体をねじってのモデルポーズ、
口角をピキッと上げた優雅な微笑み、

この三点セットで、街行く皆様をきっとトリコにすることでありましょう。

あ、私はミス・コザクラ隊ではありませんので念のため。
ほんまもんの美女たちが勤めさせていただきます♪

ヒマしてる方は、沖縄市に来ませんか? 
ちんどん練り歩きは午後1時からです。
午後3時頃に会場周辺でパフォーマンス♪

そして、この夜、コザクラではMr.ダグのライブ~

怒涛の1日となりそうな予感……。

投稿者 masako : 02:30 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月06日

中の町恋唄

沖縄市観光協会のキンサトさん

沖縄ちんどん屋同好会の持ち歌に「中の町恋歌」というオリジナルがあります。作詞作曲は、沖縄市観光協会の金城さん。左の方ですね。通称キンサトさんです。

昨夜、歌っていただきました。


えーと、この歌は、中の町のスナックに通い続けた男の哀愁を歌っております。

スナックのお姉さんにバレンタインチョコをもらったかわり、欲しいと言われて高価な時計をプレゼント。そのお金は武富士などのサラ金を活用~♪

これだけガンバッたのにあえなく振られ、ハッと我に返れば自分は妻子持ち~♪という「どっちもどっち」の勝負歌。

えーと、この歌は、キンサトさんの実体験をもとにして作られた! と、もっぱらの評判です。

投稿者 masako : 17:42 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

本土からのゴミ


伊計島の海


伊計島にて。

今が、沖縄でいちばんイイ按配の時期ではないかと思ってます。

暑くもなく、寒くもなく、心地よい風が吹きぬけ、青空が広がり、海はどこまでも青く……。

こんな自然の中にいると、自分の心が柔らかくなっていくのが分かります。そして、いつの間にか人にも優しくなっていく。


けれど! 

こういう沖縄の県民性を利用して、利用しよう・騙そうというヤカラもまた沖縄にやってくる。「沖縄のために」と言いながら「自分の為」になることしか考えていない。そういう人たちは、ほぼ100%!口が達者です。

自慢話のたぐいをぺらぺらとまくしたて、追い討ちをかけるように、沖縄を利用したビジネスプランへの協力といった内容の話につなげていく。

この手の話にひっかかる人は、たいていは欲がある人。
あるいは困りごとを抱えている人。

欲がない人にとっては、どうでもいいこと。勝手にやればぁ~となる。
そんなことより大事なのは、美味しいお酒を飲み交わせるかどうか。


こんな内容をアップロードするのは、さっき立ち寄ってくれた読谷の方が、
「近頃、本土からゴミが増えてきたねぇ」と言ったから。

ゴミ……。意味するところは分かりますよね。


さーて、明日はドライブでも行って来るかなぁ~。

投稿者 masako : 13:04 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月04日

苦手なタイプ

会社も個人もいろんなところで、いろんな約束をしていて、多くの信頼の前借りをしている。そして、その前借りした信頼を返済しなかった場合、周囲の人たちはいつの間にかいなくなるのだと思う。

ある意味、返済しなかったら取立てに来てくれる金融機関は優しいのかもしれない。。。

サイボウズという会社のまるボウズ日記(企業ブログ)からの引用です。

うーん。確かにそう。さすがはサイボウズの役員さん。イイこと言いますね~♪ 

約束を破る=信頼できない。そんな人の縁は絶対に広がっていかない。だって、人間関係というのは相互の信頼で成り立ってます。


じゃあ、私の一番苦手なタイプはどんな人なんだろう。ちょっと考えてみた。

やっぱ。表と裏のある人かなぁ。そっちで言ってることと、あっちで言ってることが全く反対だったりするんで、どーやっても信頼できない。最初は騙されたりするけど、そういう人との縁はいつの間にか消えていく……。

信頼できない人とは、やっぱお付き合いしたくないぞ(^^;

幸い沖縄には、こーいうタイプが少ない。
本土時代は、このタイプってけっこう多かった気が……。


でも、思ってることを顔に出してしまう自分もダメだなぁと反省することがある。特にお店と宿を運営している身で、これはヤバい。

なんだけど! お客様は神様じゃないのだー、お店や宿だって選ぶ権利はあるのだー、と思うようになってから、自然と良いお客様が集まる場所になったような気がする……。

投稿者 masako : 14:12 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月03日

沖縄市の意外な横顔

goshinei.jpg

沖縄市には、天皇皇后の写真(御真影)を収めた泰安殿が、沖縄本島で唯一、完全な形で残っているのをご存知でしたか?

なーんて、えらそうに言ってる私も最近まで知らなかったんですが、あと1つは石垣にあるそうです。でも、石垣のものはかなり破壊されているので、キチンとした形で残っているのは正真正銘ココだけ。


戦前は日本中はおろか、アジア各地にもありました。戦後は日本をはじめ沖縄各地、アジア各地から消えてしまっているのに、なぜ、ココだけは残っのか。

沖縄市の忠魂碑
しかも、すぐそばには「忠魂碑」があります。こちらは天皇に忠義・忠誠を尽くした戦死者の魂を慰めるための碑です、日清・日露戦争を契機に全国各地で建立されたそうで、沖縄市には、キッチリと当時そのままに残っています。

ちなみに、忠魂碑は全て「武器」の形をしているとか。こちらのやつも、シルエットを見れば一目瞭然ですね。

どらちも沖縄市知花の美里児童公園内にあります。

さて、こうした戦跡が完璧な形で残っているのは、皮肉な事ですが実は米軍基地のおかげ…。

米軍上陸後、即座にこの地は接収されました。沖縄市の戦後歴史資料館ヒストリートの資料に、米軍が上陸した日(4月1日)から数日を経ずして、ここで野球を楽しんでいるアメリカ軍兵士たちの姿が写真に残されています。

その一方で、南部は大激戦。

のちに、基地として奪われた土地が戻ってきたとき、戦前の遺物である泰安殿・忠魂碑も綺麗な形で維持されているのが判明しました。

壊すかどうするかが議論されたこともありますが、正しい歴史を伝えるために残すことになったようです。

そういえば、嘉手納空軍基地を見学したときにも、日本軍の特攻機を隠していた壕が、綺麗に整備保存されてるのを知りました。

意外なことなんですが、沖縄市にはその他にも降伏調印の地(旧・越来村森根)や、倉敷陣地壕(倉敷ダム)、集団自決の地、収容所跡地、さらにはベトナム戦争当時にほんの僅かの期間だけ繁栄した八重島特飲街など、歴史を感じさせるスポットが数多く残っています。

投稿者 masako : 14:19 | コメント (0) | トラックバック

« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月01日

エイサーのかりゆし君

「かりゆし君」をご紹介♪ といっても、私が勝手につけた名前。
彼は沖縄市のかりゆし園に居ます。

エイサーのかりゆし君


夏になれば沖縄中がチムドンドン。エイサーのシーズン到来です。各地の公民館では、地域の青年達が毎晩遅くまで、エイサーの練習に励みます。


だけど「かりゆし君」は、1年365日、雨の日も風の日も、健気に演舞中……。

投稿者 masako : 12:34 | コメント (0) | トラックバック