人口減少の実感 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

人口減少の実感 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】
リンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 移住の達人 | メイン | 伝説のミッキー食堂 »

2006年02月08日

人口減少の実感

みずほ総研のリポートを読んでいて、かなり考えさせられました。

現在、全国の住宅の約12%、660万戸が「空き家」だということ。急激な人口減少時代に突入したいま、更に空家率が上昇するのは間違いなく、東京などの大都市圏を除けば今後の宅地価格は下落の一途を辿るはずです。

沖縄は、どうなんだろう……。

移住人口の流入もあって、東京と並んで人口減少を抑えられているとはいえ、沖縄もまた少子化の傾向が見てとれます。

経済産業省の地域経済研究会報告によれば、「これから2030年にかけて東京以外のすべの都市で人口が減少する」そうです。

これまで日本は、郊外を開発しての社会インフラ整備政策を進めてきました。言い換えれば旧市街地放置。その結果、家屋が密集した古い街から人が逃げ出し、商店街の衰退にもつながりました。その反省もあって、国は「中心市街地活性化」に力を入れています。

だけど、さらに人口が減れば……。

広々とした郊外の住宅地、再開発されたオシャレな新しい街でも、虫食いのように空き家が増えていくでしょう。しかも、人口密度が低くなるであろう地域に、社会インフラを投入することは予算の無駄遣いにもなってしまう。

過剰ストック、つまりは莫大な余剰在庫を抱えるわけで、今はオシャレで綺麗な郊外の街であっても、人口減少に伴って、放置された家屋やビルなどが廃墟化していく危険性につながります。

効率の良いコンパクトシティに人口集中を図るためには、これまで見捨ててきた中心市街地の活用が、とても重要になる気がします。

いってみれば、ヨーロッパ型の都市整備。

車がないと買い物にも行けない広い街ではなくて、歩いて暮らせる街づくりを早急に進めないと、日本中にスラム都市が出来てしまう。そんな怖さを感じています。

さて、沖縄はどうなんだろう……。


投稿者 masako : 2006年02月08日 18:23

コメント

コメントしてください




保存しますか?