2005年09月 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

2005年09月 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月28日

ニューオリンズとコザ

「想いでの夏」をリリースしたREINAさんから差し入れをいただきました。彼女、うちのお店が水曜日は「ラ・ミューズ・ジャズオーケストラ」の練習日とは知らずにおいでになったんでビックリしたようです。

このとき私はご近所のカフェバーSidewaysにおりました。


ちょうどここでは、コザを揺るがすような陰謀が持ち上がっておりまして、ハリケーン被害に遭ったニューオリンズを支援するチャリティコンサートを大々的に開催するぞー!という計画が進行中。コザのお歴々による秘密会議(?)が開かれておりました。

今年のゲート2フェスタ(11月27日)にあわせて、11月26日、27日にド派手に行われる予定です。

ニューオリンズといえばジャズ。当然、このイベントのテーマもジャズ♪ 

コザをニューオリンズみたいな街にしようぜぃ、というのがコザの皆さんの目的ですから、コザでチャリティーをやらずして「どーする」ということらしい。

みんなで色々話し合っているのを眺めてて、ほんと!に沖縄人はお祭り好きだなぁ~って思ってしまった。おじさんたちみんなが、とってもイキイキした顔でイベントをどーする、あーすると熱くなってます。


以前、コザに遊びに来た方が「時間が止まった街」と評したことがありました。

とんでもない! みんなとっても元気です。(とくにおじさんが……)

投稿者 masako : 23:47 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月27日

ドラムとポテト

ドラムとポテトドラムの前に転がるポテト……。

すみません。深い意味は何もありません。

このあいだ、アメリカ人のお客さんで盛り上がる私の店のバーカウンターのそばで、つまりはこのドラムの前で、北海道から到着したばかりのトウモロコシを剥いていたら、「オバァがモヤシのヒゲ取りに精出す姿と同じー!」と言われてしまいました。

うーむ、うーむ。

市場かバーの差はあっても、モヤシもとうもろこしも、たいした変わりはない。

ここは、オバァのバーです。

目指せ、年金通り!


投稿者 masako : 16:56 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月23日

ドリームショップの変遷

沖縄市中心市街地の胡屋地区(通称コザ)を対象にしたTMOのドリームショップ1号店 「サンバ居酒屋オ・ペイシ」が、5周年を迎えました。

本日、もうすぐ、盛大な5周年イベントが開催されます。FMコザでも午後6時から生中継♪ 「76.1」です。

1つの店舗を5年維持する……。決して楽ではありませんよね。5年の間にはいろんなことがあったと思います。今では地元のお祭りにサンバチームを派遣するなど、地域に密着した個性的なお店として地元で愛される存在になっています。

ドリームシッョプは、この5年間で約18店舗がオープンしました。そのうち6店舗が閉店していますから、確率的には3分の2が成功組。あとの3分の1は、夢をかばんに詰め込んでコザにやってきたものの、あえなく撤退したわけです。なかには、わずか3カ月でやめたお店もあります。


そんな状況のなかで行われるオ・ペイシの5周年。大変価値のあるイベントだと実感しています。


たけど……、

昨夜、3年を経た「ゆゆや」さんが閉店しました。もちろん、ドリームショップです。イラストレーターでもあるオーナーは、今後本業のイラストに専念するそうです。

3年というのは1つの転機にあたるようです。「ゆゆや」さんの選択は「閉店」でした。

昨日と今日、このように嬉しいことと悲しいことが重なりました。

投稿者 masako : 15:10 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月21日

直訳すると……

あるバーでの出来事。

みんなで盛り上がっているテーブルに、かなり大酔っ払い状態のおじさんが突入。

本土から来た女性の顔をジーッと見て「ナイチャーか」

さらに、大声で「くされないちゃー」うんぬんかんぬん。

こういう状態に慣れている我々一同は軽く受け流して気にもせずだったのですが、同席していた地元の方が「えー、いまの沖縄弁を通訳しますと、私の敬愛する日本の皆様となりますが、さらに直訳すると……」で大爆笑となりました。

結局、このおじさんも入り混じっての日本語・沖縄語による大宴会~♪


しかし、最初の段階で「何をー!」と怒ったらそれでおしまい。歴史的経緯を鑑みれば、日本に対して複雑な感情を未だに持つ方がいても当たり前なのですから。

そうしたことを分かった上で付き合っていくと、とてもステキな関係が結べたり、新たな縁が生まれたりするんですよね。

で、冒頭の「くされないちゃー」ですが、直訳しなくても……、分かりますよね?


投稿者 masako : 01:25 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月13日

魔物除け

沖縄のひんぷん

古い家の入り口を隠すようにしつらえてある屏風状の壁の「ひんぷん」は、沖縄だけでなく鹿児島の武家屋敷などでも見られます。

目隠し、敵の攻撃を防ぐ、魔よけなど、いろいろな理由がありますが、沖縄の場合は「魔よけ」の意味合いが強いみたい。中国の影響でしょう。

中国では、魔物はまっすぐにしか進めないんですって。

「ひんぷん」は魔物(まじむん)が家に侵入するのを防ぐ役割を果たしているんですね。

ところでこの「ひんぷん」。右側を回って玄関に入るのはお客様、あるいは一家の男性たち。左側に回って入るのは家人、あるいは女性たちとも言われています。

家の構造自体も、玄関から右側に仏間とか客間、左側に勝手口・台所というのをよく見かけます。風水的な意味合いがあるのでしょうか。


もうひとつ、「石敢當」も「ひんぷん」と同じ役割を果たしています。交差点や三叉路の突き当たり、袋小路などに設置してあるヤツですね。これも突進してくる魔物除け♪ 曲がるのが苦手な魔物が「石敢當」にぶつかって砕け散るのだそうです。

ふーむ。中国の魔物って、いのししと同じなのねぇ~。

投稿者 masako : 13:24 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月08日

沖縄のお菓子

SATOUGASHI.jpg本土でいうところの落雁(らくがん)をいただきました。コーグヮーシ(砂糖菓子)と言います。こういうお菓子は、祭事や法事の時ぐらいしかお目にかかりませんよね。

久しぶりに食べてみたら、かなり素朴な味でした。砂糖菓子というわりには、あっさりしていて優しい甘さです。

子供の頃食べたのは、もっと甘~い感じがするのですが、多分、自分の舌が刺激的で濃い工場製品の味に慣れてしまっているせいでしょう。

ANDAGASHI.jpgこちらも一応お菓子♪ ただし材料は豚!

確か、アンダグヮーシ(油菓子)という名前ではないかと思います。

これ、お肉やさんでよく売られています。豚の脂身を揚げたもの。カリカリしてて意外にイケます。庶民のおやつって感じ。

いずれにしても、これらの昔からある素朴なお菓子は、今風のオシャレな大量生産品に押されて、若い人たちはあまり食べなくなっているようです。

こうした現象はいずこも同じなのでしょう。

投稿者 masako : 12:06 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月06日

某旅行社のちょっとイイ話

沖縄リピーターのMさんから、ちょっと、いえいえ、かなりステキなお話を聞かせていただきました。暴露しちゃいますね。

彼女は、那覇のホテル1泊つきの沖縄旅行を申し込みました。実際の滞在期間は1週間♪ メインの滞在先はコザ。某ツアー会社にお願いしました。

すると……、

女性のひとり旅だと知った某旅行社の担当者は、1泊する那覇のホテルの立地場所が繁華街のど真ん中であるため、「不安でしたら別のホテルに変更しましょうか」と配慮してくれたそうです。それも、ホテルの周辺環境を知らない人に、その事実をきちんと伝えて、です。

彼女は、那覇を全く知りません。当然、ホテルの場所についての知識も皆無。

ホテルとは、規模や設備、サービスの良し悪しだけでなく、どんな場所にあるかも重要なポイントとなりますよね。便利な繁華街の都心型ホテル、オーシャンビューのリゾートホテルなど、お客様はそれぞれの好みで選びます。

繁華街のど真ん中に立つホテルは、男性客にとっては大変便利。だって、歩いて夜遊びできますもん!

だけど、女性1人となれば……。

心配した某旅行社の担当者さんは別のステキなホテル、しかもアップグレード版を割増料金無し!で紹介してくれたんです。

某旅行社の魅力とウリは格安ツアーなんだけど、今回の出来事で「それだけじゃないぞー!」という会社のポリシーを痛切に感じました。お客様1人ひとりにキチンと対応してくれるんですから。

「○○○ツアー」はいい会社だなぁ~。

投稿者 masako : 16:19 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月02日

コザ街角ライブスタート

週末のコザ街角ライブ

音楽の街コザ(沖縄市)で、街角ライブがスタートします。基本的には毎週土曜日の夕方から。このイベントは9月から12月まで、ずーっと繰り広げられます。とりあえず9月のイベントは次のようになりました。

■2005年9月3日(土)午後6時~/一番街商店街
・オープンニングイベントとして沖縄市内各学校の吹奏楽が出演。

■2005年9月10日(土)午後6時~/パークアベニュー
・アコースティックM・ナンクルスなど、ムーディな大人の音楽がテーマ。

■2005年9月17日(土)午後3時~/パルミラ通り
・シマガイズなどが出演。通り会との共催によるムーンライトフェスタ(観月会)のため、音楽だけでなくダンスや屋台、ビアガーデンも。

■2005年9月23日(金)/パークアベニュー
・オ・ペイシ5周年イベントとの共催のため、サンバをメインにしたラテンな一日を楽しめます。


また、戦後の沖縄をテーマにした沖縄市の資料館「ヒストリート」が9月7日にいよいよオープンします。ヒストリーとストリートをかけあわせたオシャレなネーミング♪

米軍統治下のコザや戦後の芸能文化など、コザらしいユニークな展示内容となっています。場所はコザ・パルミラ通り♪

投稿者 masako : 06:47 | コメント (0) | トラックバック