2005年08月 沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】

2005年08月 沖縄観光情報やコザの情報などディープなお話をお送りします!

.

沖縄情報ハイサイ満載通信【ゆくログ】

リンク集 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月30日

有名店、ですか?

観光情報誌の常連店、といった感じの有名店に行ってきました。テレビでも取り上げられています。

テンダーロインステーキ2500円は……、今まで食べたステーキの中でナンバー1のひどさ……。

でも、噛み切れないような肉を出されたのはコレがはじめての経験でしたから、かえって新鮮さを感じてしまった。

これだけ有名なのに、これほどひどい料理を出す店なんだぞぉーって、これはこれで「ウリ」になる話です。ジョークのネタとしてですが。

だけど、固い肉を前に悪戦苦闘している最中、観光の団体さんがドドーとご来店。

この人達は、さぞや驚くでしょう。「美味しいと評判の店の味はこの程度なのか」と。


有名店ではないけれど、その半額出せば美味しいステーキを食べさせてくれる地元ご用達のお店がたくさんあります。しかし、そーいう情報はなかなか外には出ないのであります。困ったもんだ。

投稿者 masako : 12:04 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月28日

とんがりサーターアンダギー

砂糖天ぷら?沖縄の代表的なお菓子の1つがサーターアンダギー。

サーター(砂糖) アンダ(油) アギー(揚げ)が語源のようです。別名「砂糖天ぷら」♪

あれ、サーターアンダギーはまん丸のはず。これはとんがってます。

しかも豪華に梅肉・小麦胚芽入り! 製造元はデーグスク(台城)。アーサー料理専門店だそうです♪

地元の方によると、形の違うやつには別名があるそうですが、これはサーターアンダギーとして売られていました。

けっこう美味しいです♪


 

投稿者 masako : 16:11 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月24日

とっくり椰子

とっくり椰子
本土では見かけないとっくり椰子は、かなりの大きさになるそうです。

インドネシアなどでは巨木のとっくり椰子がズラーっと並ぶ並木道がありますから、亜熱帯性気候の沖縄が北限なのでしょう。


この、とっくり椰子の植え替えを手伝ったことがあります。ちょうど私の背丈ほどのやつでした。


そのとき知ったのは、

とっくり椰子は激的に重い!ということ。

なんでかねぇ???

人の手だけで移し変えるのは無理。ジャッキを使って、数人がかりでやっと持ち上げたほどです。


投稿者 masako : 22:11 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月19日

旧盆の異常現象

先日の水曜日。17日のことなんですが、ヘンな現象に襲われました。

異常な食欲と異様な睡魔です。

もともと私は大食いできない体質です。


世の中には1日3食キッチリ食べないとダメ、という人もいれば、おなかが空いたらチョコチョコ食べるタイプもいますよね。私は後者♪ 大食いすると胃がパンパンになるんです。

なのに、フランスパン1本を丸ごと一気食い!

さらにカレーパンやら卵やら、大の男でも食べられないほどの量を1人で食べてしまいました。そのあと、ずーっと眠り続けました。寝ても寝ても、眠たい。仕事ほったらして一昼夜……。

翌日の18日も半分ボーッとしてました。仕事なんかできるような状態ではない。日が暮れたというのに、お酒を飲みたい気持ちにならない。


「疲れがたまってるせいなのかなぁ」

何気なく口に出したら、アフリカで長年暮らした経験を持つ女性から「お盆のせいですよ」と言われました。その女性はウチナーンチュではありません。


確かに沖縄はお盆です。

今年は新暦と旧暦が近いため、お盆は8月17日~19日となりました。その最中に発生した食欲魔人現象です。


戻ってきたご先祖さまが、私の身体を通して、食を求めたのでしょうか。前述の女性によると「とくに炭水化物にこだわるのがその証拠」だそうな。

ここでいうご先祖様とは、自分の身内を指すだけでなく、いろいろな霊も含めて言うようです。彼女いわく「パンばかり食べたのは、アメリカ人のご先祖様のせいかも知れない」……。

ベトナム戦争のときの霊っすかー? 酒嫌いのアメリカ兵でしょうか?


彼女は、アフリカでもいろいろなことを見聞きしてきたそうです。沖縄に限らず、大地(自然)に近い民族には、いろいろと不思議なことが起きるらしい…。

一方、別の方は「人間はInとOutでバランスが取れている。あんたは、Out(出ていく)の負担が大きくなりすぎたので、身体がIn(取り込む)を要求したんだよ」とおっしゃいました。

はて、どちらが正解?

投稿者 masako : 10:19 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月16日

コザの胎動

ありがとうコザ街角コンサート

ありがとうコザ街角コンサート

コザ(沖縄市)のゲート通りで、ストリート・コンサートが開かれました。題して「ありがとうコザ街角コンサート」。

この一角は、全て立ち退きとなりました。ステーキハウス四季、ミッキー食堂、タイガーエンブレム。そして、朝10時までやっていたディープなコザのバー「深海」、みーこネーネーのジャンクボックス、大人のバー「415(良い子)クラブ」などなど、広大な敷地から何十軒もの店が移転あるいは廃業しました。

これらの店はコザの歴史そのものであり、ゲート通りの生き証人ともいえる存在でした。

一抹の寂しさのなかで、コザの未来を賭けた巨大プロジェクト「ミュージックタウン」の建設が始まります。

今回の街角コンサートは、長年頑張ってきた個性あふれるお店たちに感謝するとともに、ミュージックタウンの成功を祈って開催されたものです。

この写真はスタート間近に撮影しました。色々なミュージシャンやバンドが出演して夜遅くまで大盛り上がりだったそうです。


全国的に見て、行政のハコモノが成功したためしはないと言われていますよね。この定説を覆すべく、コザではありとあらゆる分野の人達が喧々諤々、議論を重ねつつ、音楽の街コザの構築に取り組んでいます。

もちろん、ミュージックタウンという箱に反対する意見もたくさんあります。

が、賛成派も反対派も、コザに対する想いは同じ。ハコモノ建設を止められないのであれば、成功に導くしかない。つまり、賛成だの反対だのと喧嘩している場合じゃない♪

コザが胎動しています。

投稿者 masako : 11:07 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月11日

温故知新

ハードロックコットンクラブ


別のブログでも写真を1枚紹介したのですが、お気に入りバーの1つがココ。ハードロックコットンクラブです。最初、外観を見たときは「エー! 沖縄にもハードロックカフェがあるんだぁ~!」

ぜんぜん別物でした。ただし、雰囲気はかなり近い。

ハードロックコットンクラブはかなりの老舗です。似た名称の某カフェのように、意図して作ったものではない。なにしろ、「えー、まだやってたの?」という方もいるほど……。


温故知新。古きをたずねて新しきを知る、ではないけれど、大事されてきたモノたちに囲まれていると、単に、雰囲気的に落ち着くというのではなくて、色んなヒントを得ることもできます。

だから沖縄には、そんなヒントがテンコ盛り♪ 

そのせいか、ここんとこ本格的な一眼レフカメラを抱えてコザに来る人多し。ほんと、写真題材に事欠かない島です。

投稿者 masako : 13:47 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月07日

沖縄の年金通り探検

年金通り年金通りと呼ばれる通りがあります。

正式名称は「諸見・百軒通り」。

しかし誰もそう呼ばない。年金通りで通用します。長さ約800メートルにわたり、延々とBarの灯りがともる夜の街です。

しかし年金通りとは、ずいぶんディープな名称……。

どうも、お客さんが年金を持って遊びに行く年齢層であることから、いつのまにかそう呼ばれるようになったらしいです。

年金通りのバー昨夜、私たちは総勢7名で年金通りツアーに出発。

とあるBarに入り、島(泡盛)を注文してカラオケ歌いまくり♪ カラオケはレーザーディスクでした。

カウンターにいた常連さんは、ママさんに惚れて何年も通っているとか。ママさんのお年は85歳でした。きれいに化粧して身なりを整えていますから、とても85歳のおばぁには見えません。せいぜい60代後半といったところ。

ママさんと常連さん、最初はかなり用心していました。

「こんなに大勢の若い人が来たのは初めて」なので、何か悪さをするのではないかと思ったんですって。

あの、若いといっても、60代、50代、40代、30代なんですけど……。

年金世代が気楽に遊べるバー街があるなんて、考えようによってはとても贅沢。おうちの隅っこで若いモンに遠慮して小さくなって暮らす、なんてのよりずーっと健康的ですよね。

数十年前のステッカー?

年金通りのBarの入り口にステッカーが貼られていました。
たしか、海邦国体は、昭和62年???

ちなみに、昨夜の飲み代はカラオケ込みで1人千円♪

投稿者 masako : 12:51 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月06日

沖縄の盆祭り???

コザで盆祭り コザで盆祭り

コザで盆祭りコザで盆祭り

コザで盆祭りコザで盆祭り

7月末の土曜日、沖縄市でセンター自治会による「盆祭り」が行われました。

盆祭り???   あ、 本土でいうところの「盆踊り」ですね。


あれれ、お盆はまだよ。それに、沖縄市といえばエイサーの本場。お盆(旧盆)行事はエイサーの道ジュネーではないか!!!


なーんて、固いこと言ってはいけません。

地域の人たちを楽しませるための自治会行事です。やぐらを組んで盆踊りの雰囲気を演出し、子供から大人まで一緒になって楽しみましょう♪という目的で毎年開催されています。エイサーも登場しました。

運営する人たちはみ~んなボランティア。各通り会(商店会)も協力しています。なかには、テキヤのオッちゃんにしか見えない人もいますが、みんな地域商店の方々~♪

投稿者 masako : 13:44 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月04日

カメラ目線

カメラ目線?

なにも言いません。コザの子供たちです。

可愛い~!!!

投稿者 masako : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月03日

イラブチャーの顔♪

イラブチャー

沖縄の代表的な魚といわれるイラブチャー(ブダイ)です。

メスは赤っぽく、オスのほうは青いんですが、カラフルな魚を食べなれていない人はビックリですよね。那覇の公設市場に並んでいます。

白身の魚で、刺身に良し、酢味噌和えに良し、とっても美味しいお魚♪

だけど「お前の顔はイラブチャーみたいだな」と言われて、喜ぶ人は居ませんよね! 
(そーいうジョークをたまに聞きます) 

投稿者 masako : 22:16 | コメント (0) | トラックバック

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月02日

ブラスファンタジーの夜

ブラスファンタジー

ブラスファンタジーの店内

30年前から、何一つ変わっていない店があります。

オーナーは3代目。店の常連が受け継ぐ形で、いまも営業を続けています。


飲み疲れ、踊り疲れたあとのクールダウンに最適なせいか、ポツポツとながら深夜から明け方までお客さんがやってくる。いずれのお客さんも静か。騒ぐような人はいません。

コーヒーを頼んだら、手回しのミルが出てきました。未だにこれを使っているお店があるなんて……。


コザの中の町といえば、女の子がいるスナックが立ち並ぶ社交街。沖縄のスナックは、本土と違って客席に座って接待し、チークダンスを踊ったりします。厳密にはスナックというより、クラブ。

昔は千軒もの店があったそうです。今もその面影を濃厚に残しています。

深夜の中の町。

客引きのお兄さんや店前でタムロする女性たちが男性客に声かけてきます。厚化粧の女性のなかにはかなりの高齢者も混じっています。

ディープな夜の世界は、昼とは、まったく違った顔をしています。

そのど真ん中に、このお店はあります。

みんなに教えてあげたいけど、自分の隠れ家としてソッとしておきたい。

そんなお店です。


投稿者 masako : 09:05 | コメント (0) | トラックバック