沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】那覇とコザを中心にディープで楽しい沖縄をお届け

リアルな沖縄、ほんもの沖縄?

沖縄情報

沖縄情報ハイサイ満載通信ブログ【ゆくログ】


最近の記事
カレンダー
2010年09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索 カテゴリー 沖縄オススメリンク集

沖縄観光口コミみーぐる
沖縄観光の口コミサイト。沖縄県内で行われるイベントや、観光・旅行に役立つ情報が満載です。
沖縄旅行で訪れる観光施設や飲食店等の情報を発信しています。

過去の記事 [an error occurred while processing this directive]
沖縄観光地

ついに豚の解体ショーを敢行!

ついに、念願の、豚の解体ショー!

DSCN4388.JPG

なんだけどね。

DSCN4387.JPG

こんな感じで勘弁ねー。一応、解体したからさー。

DSCN4385.JPG

ほらほら、豚の内臓だぞー!

DSCN4389.JPG

正体は、沖縄市の、市民健康課の皆さんが制作した、
食育のための豚さんぬいぐるみでありました。(^^)v
DSCN4386.JPG

2010年08月15日

投稿者 masako : 12:38 | コメント (0)

夏休みのラジオ体操で思い出したこと

うちのばーちゃんは、今考えると、相当近所迷惑な人であった。

当時、ばーちゃんは鹿児島市の下荒田町に住んでおった。ここは、
大島紬の織場が多い地域で、ばーちゃんは紬を染め織りしていた。

家と家が密集した下町であった。甲突川が流れており桜島も見通せた
近所の寺に、西郷輝彦が墓参りにやってきたとき、子供心にも、
「カッコいいな~」と思ったことや、甲突川の土手でじーちゃんの自転車を
持ちだし、自転車の練習をした記憶がある。外国人の多い近くの観光ホテルの、
プールに潜り込んでいた記憶もある。

当時ばーちゃんは、夏休みのラジオ体操を仕切っていたのであるが、
子供たちを手っ取り早く呼び集めるのに、太鼓を使っておった。

ドーン、ドーン、ドーン!
 
朝もはよから、太鼓の音を聞かされる大人はたまったものではない。
かといって、子供のためのボランティア活動なので、文句を言えない。
しかも、自分ちの孫もよその子も全く同じ扱いで、サボるとポカリ!

今から考えると、正義感の強すぎる、難儀なばーちゃんであった。

さて、子供たちにとって、夏休みといえばラジオ体操!
沖縄では、まだ! ちゃんとラジオ体操を行っていると聞いて、
びっくりした。なにしろ全国、実施していない地域も多い。

今、気づいた! 
自分の年を逆算してバーちゃんの年を計算したら、
当時のばーちゃんは、今の私よりも、若かったのだ!

昔の人は、エラい!
 

2010年08月06日

投稿者 masako : 12:24 | コメント (0)

気になるのは、ごん太の居酒屋

DSCN4283.JPG

ごん太という名前の居酒屋を発見。なぜかカゴを背負った犬が、
トレードマークだ。ということは、きっと、この店の看板犬?
店にいけば、ごん太に会えるのだろうか。

気になる人は、安里交番へ。そのそばにあるはず。


2010年08月02日

投稿者 masako : 18:39 | コメント (0)

那覇のいろんな顔

昨夜は、栄町のお祭りで、とっても盛り上がってましたよ~。
どのお店もお客様がいっぱいです。毎日こうだと良いね~。

DSCN4255.JPG

DSCN4253.JPG

DSCN4261.JPG

一夜明けた栄町は、日曜日ということもあって、とても静かです。
国際通りの一万人エイサー踊り隊に、みんな行っちゃったかな?
DSCN4281.JPG

国際通り目指してトコトコ歩いてみると、にぎやかな街であっても、
いろんな顔がある事に気付きます。元気な通りと、衰退している通りの差が、
目につきます。
DSCN4275.JPG

DSCN4274.JPG

国際通りでは、子供たちの演技を観光客の皆さんが楽しんでいました。
DSCN4272.JPG


2010年08月01日

投稿者 masako : 18:54 | コメント (0)

コザはやっぱり不思議タウン

先日ヒストリートで、コザ暴動の講話会をやってました。
学びの場に興味を示すのは、どちらかというと女性が多い?
DSCN4125.JPG

そして中の町。食と音楽をこよなく愛する「オトラク」にて。
DSCN3403.JPG

こちらは、来年実施される沖縄チャンパク実行委員会のみなさん。
委員の皆さんは、なんと、オールレディースであった。
沖縄チャンプルー博覧会、それはジャパン・オンパク認定の、
地域の間お宝発掘プロジェクト! 
DSCN4128.JPG

さらに夜。週末のコザは、なんだかんだ言いながらも元気です。
コザにいると、音楽は「ナマ」が当たり前なのだなぁ~。
DSCN4129.JPG

昨夜は沖縄のブログポータル「てぃーだ」さんたちが、コザで夜遊び!
DSCN4134.JPG

このように、色んな顔をもつコザの夜……。
DSCN4133.JPG

2年前の、誰かのブログに、こう書かれていました。

カッコよさと寂しさと、間抜けさが同居しているコザ。

2010年07月24日

投稿者 masako : 12:49 | コメント (0)

大阪と福岡に南大東島が行くよ~

沖縄の離島のひとつでありながらも、南北2つの大東島はあまりにも遠い絶海の孤島……。沖縄県民の殆どが、行ったことのない島。

1900年に、八丈島からの開拓団が南大東島に渡りました。無人島から有人島となり、今年で110年です。サトウキビの開拓から始まった南大東島の歴史を作ったのは島民たちのフロンティアスピリットでした。

沖縄でありながらいまだに沖縄のテレビが映らないし、沖縄と日本がミックスされたかのような文化、独自の自然環境など、大きな魅力を持つ南大東島ですが、那覇─南大東島往復5万円という高い航空運賃のために、観光のお客様がなかなか来ないという厳しい現実があります。

そこで、開拓110年の今年、南大東島の子どもたちが、南大東観光大使の吉澤直美さんとともに、島の観光PRのために大阪と福岡に行きます! もしかしたら、子どもたちにとっては一生一度の出来ごとになるかもしれません。

子どもたちは、たくさんの人と出会って、たくさんの友達を作って、たくさん学ぶことができることを楽しみにしています。

大阪、福岡周辺にお住まいの皆様、どうか、南大東島の将来を担う子どもたちの島民謡や太鼓をきいてやってください!

以上、今回の公演で司会を担当する吉澤さんからのメッセージでした。


■2010年8月3日 19時開演 umeda AKASO (大阪梅田)

出演
日本3大浜ちゃんこと濱里保之(沖縄県離島フェアー島興し奨励賞受賞者)
島の歌姫・内里美香
伊礼哲(伊是名島出身・大阪在) &サンクルバーナー
登川流関西伊礼民謡研究所門下生
司会 吉澤直美(南大東島観光大使)

料金 前売 3,500yen/当日 4,000yen(自由席・1Drink付)
チケット ぴあ [P]111-649 / ローソン[L]52179

minamidaitoosa2010803.jpg

■福岡の無料イベント

 出演 島の子供たち(大東太鼓、ボロジノ娘)
 司会 南大東観光大使 吉澤直美

2010年8月21日 福岡キャナルシティ 午後4時~4時45分
 http://www.canalcity.co.jp/
2010年8月22日 福岡マリノアシティ 午後2時~午後3時
 http://www.marinoacity.com/

2010年07月22日

投稿者 masako : 11:51 | コメント (0)