沖縄サーフィンはサーフショップソース


沖縄サーフィン:カレンダー
2010年05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


沖縄サーフィン:最近の記事

沖縄サーフィン:カテゴリー

沖縄サーフィン:アーカイブ

沖縄サーフィン:リンク

« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

『ISLAND REEF OHANA CUP』を開催

P1121329.jpg

明日、予定通り『ISLAND REEF OHANA CUP』を開催いたします。
選手の方は靴を着用の上、8:00~9:00の間にエントリー確認を行ってください。

また、現在のエントリー状況は下記の通りです。
定員に達していないクラス及び、すでに定員に達しているクラスでも欠席が出た場合はエントリーを受け付けます。
8時よりエントリー受付後、抽選にて決定いたします。
再度、呼びかけをお願いいたします。

*ショート Aクラス 24人/24人中(受付終了)
       Bクラス 40人/40人中(受付終了)
       Cクラス 20人/20人中(受付終了)

*ウィメンズ     7人/10人中(残り3人)

*マスターズ    10人/10人中(受付終了)

*ロングボード   16人/20人中(残り4人)

*BBメンズ      7人/10人中(残り3人)
*BBレディース   6人/10人中(残り4人)


『ISLAND REEF OHANA CUP』

日時:1月28日(日) 予備日 2月11日(日) 
    
選手集合      8:00
エントリー確認   8:00~9:00
開会式       9:30~
ヒートスタート   開会式終了次第

場所:沖縄県北谷町宮城海岸・砂辺ポイント

エントリー費:3,500円(大会Tシャツ・弁当・パーティー代込み)

大会後の表彰式は美浜アメリカンビレッジ内 3Fスパイスアイランドカフェ(旧サードフロア)で行います。
エントリー選手は大会エントリー費に入場料・フード料も含まれています。
選手以外の方も¥1,500円で(入場料・フード料も含む)参加できます。

大会臨時駐車場:北谷漁協内に駐車スペースを設けておりますのでそちらをご利用下さい。
大会代表問い合わせ先:アイランドブレイク (11:00~21:00 無休 098-926-0717)

皆様、明日宜しくお願いします。

OSA事務局 川内泰彦


| コメント (0)

糸満店店長(ヤス)のおススメDVDその8

第8回目に私が選んだ作品はこちら↓

dvd006-l.jpg

~THE SEPTEMBER SESSIONS ~
(税込¥4,410)
作品名:「THE SEPTEMBER SESSIONS 」(セプテンバーセッションズ) 
監督:ジャック・ジョンソン
発売年:1999年 
分類:サーフドキュメンタリー
ロケーション:スマトラ島
サーファー:ケリー・スレーター、シェーン・ドリアン、ロブ・マチャド、ロス・ウィリアムズ、ルーク・イーガン、ブラッド・ガーラック。

作品内容:サーフミュージックと言えばジャックソンソン。ミュージシャンであり、現役のサーファー、ジャック・ジョンソンの監督作品。豪華メンバーがスマトラ島で過ごした夢のような時間。
完璧な波、素晴らしい仲間に囲まれ、リラックスサーフィン。
ジャックジョンソンのメローな音楽とパーフェクトな波、そしてフィルム映像があなたを心地よくしてくれます。サーファーならずともこの名作は必見です。

お勧めポイント
①パーフェクトな波で見せるフリーサーフィン。失敗を恐れずに次から次へと新しい技に挑戦する彼らのサーフィンには改めて驚きますよ。リラックスした彼らのサーフィンはヤバイ。

②シェーン・ドリアンのバックサイドリップ!!彼のサーフィンは見れば見るほどはまります。
男前のサーフィンって表現するのか?きれいで、力強い!!大胆!!!

③トリプルオーバーの波に6'1"のサーフボードでライドするケリー。
どうして板がぶれないの?不思議。

④ブラッド・ガーラックのライディングシーン。
オレンジ色のTシャツ、海パンを着たガーラック。ノリノリの音楽でスターとする映像。
私が実際に波乗りする時はこの音楽とテイクオフのシーンが蘇ります。
「行くぜぇ~」って感じでノリノリでテンションが上がります。

⑤ジャック・ジョンソンの映像と音楽が気持ちよくさせてくれます。
波乗りをやらない人もこの気持ちよさにはまると思います。


| コメント (0)

『ISLAND REEF OHANA CUP』開催決定

今年一発目のサーフィンコンテストが開催されます。

場所は砂辺ポイントのみ!!
毎年、この時期は冬型が強まりサイズアップしたコンディションの中、コンテストが行われてきました。
今年も最高のコンディションで開催される事を整期待しましょう。

皆さんのエントリーを待ってま~す!!

P1121329.JPG

『ISLAND REEF OHANA CUP』

日時:1月28日(日) 予備日 2月11日(日) 
    
選手集合      8:00
エントリー確認   8:00~9:00
開会式       9:30~
ヒートスタート   開会式終了次第

場所:沖縄県北谷町宮城海岸・砂辺ポイント

競技種目/参加定員(定員になり次第締め切り)

サーフィン  Aクラス     24名
         Bクラス    40名
         Cクラス    20名
         ウィメンズ  10名
         マスターズ  10名 

ロングボード オープン    10名
ボディーボード メン      10名  
         レディース  10名

受付締め切り 1月24日(水) 20:00まで

エントリー費:3,500円(大会Tシャツ・弁当・パーティー代込み)

エントリー受付ショップ

南部:サウスサイドライダーズ(水・木曜 定休日) 098-992-7363
那覇:ボーダーズスタイル(月曜定休日) 098-866-8508
中部:アイランドブレイク 098-926-0717
北部:クラッシュ(定休日)0980-53-0355

大会後の表彰式は美浜アメリカンビレッジ内 3Fスパイスアイランドカフェ(旧サードフロア)で行います。
エントリー選手は大会エントリー費に入場料・フード料も含まれています。
選手以外の方も¥1,500円で(入場料・フード料も含む)参加できます。

大会臨時駐車場:北谷漁協内に駐車スペースを設けておりますのでそちらをご利用下さい。

大会代表問い合わせ先:アイランドブレイク (11:00~21:00 無休 098-926-0717)


| コメント (0)

BIG SALEをプレゼント!!

またまた、ソースとサウスサイドライダーズから
皆様に日頃の感謝の気持を込めてBIG SALEをプレゼント!!

P1121327.JPG

①DVDがなんと¥1,980!!(1部の商品のみ)
②レインボーフィンも大幅値引きで販売いたします。
商品はこちらをチェック↓
DVD&レインボーフィンSALE

商品には限りがありますのでどうぞお早めにお越し下さい。


| コメント (0)

リプレービデオシステム導入

下記のような記事を見つけました。↓

『ASPは来年度より、サーフィン界における初の試みとして、
ジャッジが前の波にアクセスすることができ、ウェイブスコアを詳しく調べられるように、
それぞれのジャッジのために用意されたパーソナルモニターによってライディングをチェックできる
即時再生システムの導入を決定した。』

『このシステム導入は、2名のコンペティターが同時にライディングした時や、
何か局面を左右するような時の判断材料として、ジャッジを手助けし、また、自分がつけたスコアが
全体のスケールと一致しているかなど、ジャッジがいつでもチェックすることができる。』

素晴らしい試みだ~。

私も大会にジャッジとして参加していますが、長時間のジャッジングや上記に書いてあったように
複数がライディングした時、または基準となるライディングとの比較で困る事があります。

まして、トップサーファーのジャッジングには少しのミスも許されないでしょうから、このようなシステムの導入はジャッジを助けるのはもちろん、選手のレベルの向上にも繋がるのでは・・・

2007年、WCTには新人選手が多数参加します。

ワールドタイトルは誰の手に?





| コメント (0)

おすすめDVD「スプラウト」

第7回目に私が選んだ作品はこちら↓
move_1928_1131600.jpg
~SPROUT ~
(税込¥4,935)
作品名:「SPROUT 」(スプラウト) 
監督:トーマス・キャンベル
発売年:2006年 (2005年 映画上映)
分類:サーフドキュメンタリー
ロケーション:オーストラリア/ヌーサヘッズ
ハワイ、カリフォルニア、モロッコ、コスタリカ、インドネシア
サーファー:ジェリー・ロペス、ジョエル・チューダー、ロブ・マチャド、クリス・マロイ、ダン・マロイ、スキップ・フライ、トム・ウェグナー、タイラー、CJ・ネルソン、デビッド・ラスタビッチ。

作品内容:スリランカ、モロッコ、コスタリカ、インドネシア、ハワイなど世界中の海で実に4年以上の歳月をかけてサーファー達のライフスタイルを撮影したサーフ・ドキュメンタリーの傑作!
監督/製作は、ペインティングや写真、音楽レーベルの運営など多方面の活動を続ける天才アーティスト、トーマス・キャンベル
ジャック・ジョンソン、トミー・ゲレロ、マニー・マーク、トータスほか超豪華ミュージシャンが楽曲を提供!!

お勧めポイント
①「これは波に乗る人々の冒険を描いた作品だ。人々はいろいろな方法で波とたわむれる。ボードの形や大きさも人それぞれだ。彼らの共通点、それは満面の笑顔!!」というナレーション。
そのバックの映像では4フィンのフィッシュでスタイリッシュに波に乗るダン・マロイ、パーフェクトな腰サイズの波で見事なハングテンを決めるベリンダ・バックス、浮き輪で波に乗るラスタ、車で道路の壁を使ってリッピングのマネをする者、パイプラインでボディーサーフィンをするマーク・カニングハムが波とたわむれる映像。
スタートから一気にこの作品に引き込まれていきます。

②スリランカでは心地よい音楽をバックに腰から胸サイズでロングボーダーが登場、後ろ向きで乗ったり、ハングテンを決めます。
思わず、「気持よさそう・・・」と独り言。

③桐をシェイプするトム・ウェグナー。
オーストラリアに移住後、『シンプルに生きたい』と週に1本のみシェイプして家族と波乗りをしながら生活。
パーフェクトな波・家族・環境。サーファーが憧れる生活!!!

④ツインフィン、シングルフィン、4フィンなどのサーフボードにスポットを当てて物語が進行。
ダン・マロイ、ラスタがみせるツインフィンのライディング。彼らの躍動感あふれるライディングにはびっくり。スピードがすごい!!必見。

⑤映画の中に登場する美しい数々のボード。

2006年大ヒット作品です。
おすすめ!!!!!!!!!!


| コメント (0)

サーフィンテクニックブログ!!!?

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

早速ですが、私のブログ「波乗り人生」で時々書いているサーフィンテクニックブログ!!!?

今年からこのページでも掲載していきますので、どうぞ気長に読んでください。

それでは一発目はこちら↓

先日、沖縄のビッグウェーバーの仲地悟さんといっしょにスーサイドポイントに入っていた時です。
その日のコンディションは頭から頭オーバーサイズ。

潮が引き始めると、ピークはがっぽり掘れ始めました。(テイクオフは一歩間違えると非常に危険)

そんなコンディションでも悟さんは余裕のテイクオフ!!

「ふむ?どうして?どうしてテイクオフできるの?・・・・」

その状況を見ていた、先輩が悟さんに聞いて私に教えてくれました。

「レイルを波にかませるんだって。」

レイルを波にかませる

低い姿勢から、しっかりと最後まで波を見てレイルを波に入れるそうです。

こんな感じかな↓

slater_k5960qpf05tostee_t.jpg


| コメント (0)