herbrinsu.jpg

材料


リンゴ酢 300ml
ドライハーブ 大さじ3程度
(ジャーマンカモミールやローズマリー、ラベンダー、ペパーミント、ローズなど好みのハーブで可。
 生のローズマリーを使用する場合は1~2枝)
グリセリン 小さじ1(なくても可。保湿剤の役割をします。)
エッセンシャルオイル 5~10滴


作り方


密閉容器にドライハーブとリンゴ酢を入れて、冷暗所で1~2週間位置きます。
1~2週間後、漬け込んだハーブを漉して取り除き、グリセリンとエッセンシャルオイルを加え、よく混ぜればできあがりです。
グリセリンの代わりに椿オイルやココナッツオイル、ホホバオイルなどの植物オイルを加えても可。
使用する前は必ずよく混ぜましょう。

使い方

ぬるま湯を洗面器に半分程度入れたところに、ハーブビネガーリンスを大さじ1程度入れてよく混ぜ、シャンプー後の髪全体をリンス液に浸します。 よく髪になじませたら軽くすすぎます。


kousui.jpg


香水とは、植物香料、動物香料などの天然香料や合成香料など、数十種類の香料を調合してできる香製品で、あるイメージに沿って調合が行われます。

香水は、香料の濃度によって、パフューム、オードトワレ、オーデコロンなど5種類に分かれます。濃度が高い程香りが強く、香りの持続時間も長くなります。強い香りほど良いわけではなく、人によって香りの好みは異なり、また、体調によっても変わりますので、いろいろと試してみて、自分の好みのタイプを見つけ、時と場をわきまえて、上手に香水を使い分けたいものです。

香水は、身体や衣服に付けるだけでなく、部屋に香らせたり、おしぼりに少量を含ませたり、クローゼットを香らるなど、工夫しだいで様々な利用法があります。

香水を植物香料で作れば、精油成分の効果で気分がリフレッシュするだけでなく、殺菌や防虫など様々な効果を期待できます。植物香料だけを利用した自然な香りのオリジナル香水を作ってみませんか?


蜜ろうクリームは、蜜ろうの効果で保湿力に優れ、それぞれの精油によって殺菌、消炎、老化防止効果なども得られ、ハンドクリームとしてだけでなく、リップクリーム、軽い火傷や傷への軟膏、洗顔後の美容クリームなどとして幅広く利用することができる万能クリームです。

「蜜ろう」とは、ハチミツの副産物で、蜜を採取した後に残った蜂の巣を精製し、固めたものです。蜂の巣は、蜜蜂が体内で合成した分泌物によって作られるもので、保湿効果や抗菌効果があり、化粧品や軟膏、ろうけつ染めなどに利用されています。


body_spray.jpg

材料

ミョウバン水原液 10cc

※ミョウバン水原液の作り方
焼ミョウバン(10g)に対して水道水(300g)を混ぜ、2,3日放置して焼ミョウバンが溶けたら出来上がり。
水道水 100cc
精油 10滴


作り方


スプレー容器にミョウバン水原液と好みの精油10滴を入れてよく混ぜたところに水道水を注ぎ、よく振って混ぜて出来上がりです。使用する前は必ずよく振って混ぜます。使用してみて、つっぱり感がある場合は、さらに水道水で薄めて調節してください。

ローションは2~3週間で使い切ります。冷蔵庫に保存しておくてと、使い心地がひんやりして気持ちがいいです。

◇ ミョウバンについて
灰汁抜きや漬け物の発色剤、ベーキングパウダーなどに利用される食品添加物で、薬局やスーパー等で安価で手に入ります。古代ローマ人は、制汗剤として日常的に使用していたといわれています。ミョウバンには、肌を引き締めて汗を押さえる作用や消臭作用、弱酸性の清潔な肌を保つ作用などがあるといわれています。


face_powder.jpg

材料


コーンスターチ 大さじ2

※ミョウバン水原液の作り方
焼ミョウバン(10g)に対して水道水(300g)を混ぜ、2,3日放置して焼ミョウバンが溶けたら出来上がり。

ハーブの粉末 小さじ1
二酸化チタン 小さじ1
精油 3滴

作り方


材料を合わせてよく混ぜて出来上がりです。

◇コーンスターチについて
コーンスターチとは、とうもろこしから作られる澱粉(=スターチ)のことです。用途は、調理用やビールの原料の他、製紙用のコーティング剤、ベビーパウダーの原料、医療業界では、錠剤をかたまりやすくするものなどとして用いられています。コーンスターチには、湿気を吸収し、肌をさらさらに保つ効果や消臭効果があります。

◇ 二酸化チタンについて
二酸化チタンはミネラル(鉱物)の一種で、塗料、顔料、化粧品、繊維、食品添加物などに利用されており、安全で無害な物質です。紫外線反射作用があることから、ファンデーションや日焼止めクリームの基材として広く利用されています。二酸化チタンが全体量の1%でSPF3~5 、5%でSPF15~25位になります。


skinlotion.jpg

材料


グリセリン 小さじ1(5cc) 精油 5滴 ミネラルウォーター 50cc


作り方


グリセリンを入れた容器に好みの精油を入れて混ぜ、さらにミネラルウォーターを入れ、よく振って混ぜます。 必ずよく振って混ぜてから使用し2〜3週間で使い切ります。


※グリセリンとは 動植物油脂が分解された成分(脂肪酸+グリセリン)。人間の体内にも存在する物質で、無害で、保湿性・吸水性に優れています。


※グリセリンの代わりに、無水エタノールや、ウォッカ、りんご酢などを利用することもできます。これらを利用した場合、すっきりとした使用感になります。 保湿感が欲しい場合は、これらにグリセリンを加えることも可能です。