kousui.jpg


香水とは、植物香料、動物香料などの天然香料や合成香料など、数十種類の香料を調合してできる香製品で、あるイメージに沿って調合が行われます。

香水は、香料の濃度によって、パフューム、オードトワレ、オーデコロンなど5種類に分かれます。濃度が高い程香りが強く、香りの持続時間も長くなります。強い香りほど良いわけではなく、人によって香りの好みは異なり、また、体調によっても変わりますので、いろいろと試してみて、自分の好みのタイプを見つけ、時と場をわきまえて、上手に香水を使い分けたいものです。

香水は、身体や衣服に付けるだけでなく、部屋に香らせたり、おしぼりに少量を含ませたり、クローゼットを香らるなど、工夫しだいで様々な利用法があります。

香水を植物香料で作れば、精油成分の効果で気分がリフレッシュするだけでなく、殺菌や防虫など様々な効果を期待できます。植物香料だけを利用した自然な香りのオリジナル香水を作ってみませんか?