香りを嗅ぐだけで脂肪が燃焼する....そんなことが実際にあり得ると思いますか?



大手化粧品会社の研究によると、グレープフルーツの香りの成分の中には、 交感神経を活発化させて、中性脂肪を燃焼させる働きがあることが明らかになったそうです。 では、どのようなメカニズムでそのような身体の変化が起きるのでしょうか?



植物の香りのメッセージは、吸入することによって、脳、肺、そしてアロマセラピーマッサージなどによって皮膚から体内に伝わり、身体のなかで有効に働いて くれます。 今回は、香りのメッセージが脳から伝えられるメカニズムについてお話したいと思います。



さて、人間の持つ五感の中でも、嗅覚は、脳に直結している感覚であ るといわれています。植物の芳香成分は、揮発しやすい性質を持っています。 揮発(きはつ)して、鼻から吸入された芳香成分は、嗅神経を通して直接的に大脳辺縁系に伝わります。大脳辺縁系とは、感情や食欲、性欲など、人間の本能を 司る部分です。 美味しそうな香りを嗅いで急におなかが空いてきたり、良い香りを嗅いでほっとしたりするのはこのためです。



次に、この香りのメッセージは、記憶を司る海馬(かいば)という部分や、視床下部(ししょうかぶ)の脳下垂体(のうかすいたい)に伝わります。脳下垂体と は、自律神経系、ホルモン系、免疫系を統括する場所なのです。グレープフルーツの香りの成分は、自律神経系に作用し、ノルアドレナリンの分泌を活発化させ て中性脂肪の燃焼を促進させるのです。



 私たちの身の周りには、香りのする様々な自然物、加工物があふれていますが、このような嗅覚のメカニズムを知ると、香りにもちょっとこだわって、普段から 自然の、心地よい香りをたくさん体に取り入れたいと思いませんか?