body_spray.jpg

材料

ミョウバン水原液 10cc

※ミョウバン水原液の作り方
焼ミョウバン(10g)に対して水道水(300g)を混ぜ、2,3日放置して焼ミョウバンが溶けたら出来上がり。
水道水 100cc
精油 10滴


作り方


スプレー容器にミョウバン水原液と好みの精油10滴を入れてよく混ぜたところに水道水を注ぎ、よく振って混ぜて出来上がりです。使用する前は必ずよく振って混ぜます。使用してみて、つっぱり感がある場合は、さらに水道水で薄めて調節してください。

ローションは2~3週間で使い切ります。冷蔵庫に保存しておくてと、使い心地がひんやりして気持ちがいいです。

◇ ミョウバンについて
灰汁抜きや漬け物の発色剤、ベーキングパウダーなどに利用される食品添加物で、薬局やスーパー等で安価で手に入ります。古代ローマ人は、制汗剤として日常的に使用していたといわれています。ミョウバンには、肌を引き締めて汗を押さえる作用や消臭作用、弱酸性の清潔な肌を保つ作用などがあるといわれています。