これから、数回にわたってアロマセラピーについてご紹介したいと思います。



今回は、アロマセラピーとは、一体なんだろうというお話です。 バラ、ラベンダー、ペパーミント、グレープフルーツ、レモン.... 植物にはそれぞれ特有の香りがあります。これらの香りを、みなさんは 意識したことがありますか? どんな植物の香りが好きですか?



沖縄には「月桃」(ゲットウ)という植物があります。「月の桃」と記す、そのロマンティックな名前にふさわしく、 その葉や実が放つなんとも言えない独特の芳香がします。



「アロマセラピー」とは、日本語では「芳香療法」と訳されており、 芳香を用いて行う植物療法、自然療法のことをいいます。ここでいう 芳香とは、植物から抽出した芳香成分(精油・エッセンシャルオイル) のことです。



アロマセラピーは、ある偶然的な出来事から生まれました。 20世紀はじめ、フランスの科学者ガットフォセは、実験中の事故で 手に重度の火傷を負いました。その時、偶然、近くにあったラベンダー の原液を患部に塗ったところ、すぐに痛みはおさまり回復も早く、 傷跡も残らなかったのです。 この出来事をきっかけに精油についての研究が始まり、精油には傷を 癒すだけでなく、免疫力を高めたり、精神的な病にも有効であることが 明らかになったのです。



みなさんは、何かよい香りを嗅いで元気が出たり、眠くなったり、 お腹がすいたり、遠い記憶がよみがえってきたことはありませんか? 逆に嫌いな匂いをかいで気分が悪くなったり、食欲が減退したことが あるかもしれません。これは、香りを嗅ぐことによって、私たちの身体 に何らかの変化が起こっているということです。 では、どうしてこのような変化が起こるのでしょうか。また、ハーブ の香りが本当に健康に役立つのでしょうか。次回はそのあたりのお話を していきたいと思います。