沖縄旅行・観光:トラベルアドバイザー沖縄旅行・沖縄観光:ゆくるTV
SIDE CONTENTS
沖縄旅行・沖縄観光:宿泊
沖縄旅行・観光:交通情報
沖縄旅行・観光:歴史・文化
沖縄旅行・観光:観光・行楽地
沖縄旅行・観光:体験
沖縄旅行・観光:たべる・のむ
沖縄旅行・観光:ショッピング

トラベルアドバイザーおすすめビーチ2「今年はみんなでみんな島に行こう!」
沖縄県北部、本部の渡久地港よりフェリーで15分のみんな島。15分なので船酔いの心配もありません。
フェリーから降りればすぐビーチ。シュノーケルもOK。
マリンスポーツ・ダイビング・ボートシュノーケルツアーもあります。ボートシュノーケルツアーは、みんなが泳いでるところからちょっとボートで移動するだけでとてもきれいな、深い海が広がっていて色々な種類のお魚がたくさんいます。大人も子供も大興奮です!シュノーケルだと家族で楽しめるのでおすすめです。
ビーチでは浮き輪・パラソルの貸し出しもあり、ちょっとした食事をとるなら売店もあります。
船の待合所の休憩所もあるので疲れたらちょっと休憩するのもいいかも。
船の時間が決まっているので、最終の船に乗り遅れないように満喫してね。
2004年05月14日
クニオ(38歳男性@沖縄県)さんよりご相談「小さな子供5人います。沖縄で子供が楽しめそうな施設を教えてください」
5人もお子様がいらっしゃると入場料がかさみ大変ですよね。やはりそこは大人も子供もタダで遊べるのがいい!
と、いうことでこんなに遊んでタダでいいの?という施設をご紹介します。
●倉敷ダム
【住所】石川市楚南879-1 【TEL】098-938-9325
【駐車場】無料 【入場料】無料 
【開園時間】9:00〜21:00
【おすすめPOINT】展望タワー・ダム資料館・滝・川など自然大満喫!全施設無料といううれしさ。滝や川で水遊びができるので着替えが必要。芝生の広場もあるので、お弁当を持っていくのもいいかも。
私も行きましたが、カップルで行っても楽しい。
http://www8.ocn.ne.jp/~kurasiki/

●西崎親水公園
【住所】糸満市西崎3〜5丁目 【TEL】098-992-4527
【駐車場】無料 【入場料】無料
【開園時間】終日開放
【おすすめPOINT】アスレチックエリアと水遊びエリアの水遊びゾーンでは長いローラーすべり台やたーざんロープなど遊具がいっぱい。水遊びのできる池は殺菌循環方式でお水がきれいです。シャワーもあるのでおもいっきり遊んで泥んこになっても大丈夫!自然満喫のせせらきゾーンにはとんぼや昆虫がたくさん。ここでは子供も大人も冒険者!
西崎親水公園は年末年始にかけてイルミネーションのイベントが開催されます。平和の願いを光にたくす130万の光に囲まれる素敵なイベントです。
http://www.city.itoman.okinawa.jp/section/toshikeikaku/shinnsuikouen/newpage5.htm


●コンベンションエリア(トロピカルビーチ&宜野湾海浜公園)
【住所】宜野湾市真志喜4-2-1 【TEL】098-897-2751
【駐車場】無料 【入場料】無料
【開園時間】9:00〜22:00
【おすすめPOINT】トロピカルビーチで海水浴。飽きたら宜野湾海浜公園で遊具で遊びましょ。サッカー場・野球場・テニスコートがあるとても広い多目的広場もあります。
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/home.nsf/doc2/TownGuide
2004年05月07日
トラベルアドバイザーより提案1「雨の沖縄」
梅雨入りの沖縄です。沖縄は毎年このGWくらいになると梅雨にはいります。ただでさえ湿度が高い沖縄なのに・・・もう本当イヤな時期ですよね。こんな時期の旅行はせっかくのきれいな景色をみながらのランチもできないし、楽しみにしてた海水浴もできない!そんな時の沖縄は、観光&体験です。水族館やショッピングなど屋根のあるところで楽しんだり、ホテルのプールやスパで遊ぶのもいいですね。あとは沖縄に最近急に増えた温泉で遊ぶ。
●かんなタラソ(宜野座にある癒しの施設)
http://www.kanna-thalasso-okinawa.co.jp/index.html
●JA天然温泉アロマ(宜野湾にある温泉)
●ちゅらー湯(北谷に2004年5月OPENの天然温泉)
http://www.chula-u.com/index.html

あとは沖縄ならではの体験もいかがですか?
恩納村にある恩納商工会では料理・三線・琉球舞踊が体験ができます!
http://www.onnanavi.jp/taiken/ippanntaikenn/hyouji-gamen/ippantaiken.htm

どうしても海に入りたい方は、ちょっとの雨ならダイビングなら大丈夫です!でもあがると寒いです。かぜひかないように気をつけてくださいね。

沖縄の雨はスコールのような一気にザーーっと降って止む。というのが多く、終日雨が降っているということは少ないで雨が降っていてもあきらめずに外にでかけよう!!
2004年05月06日
O次郎(30歳男性@神戸市)さんよりご相談「基地に入ってみたい!!」
基地に入りたいということですが、基地内にお友達がいれば別ですが、普通に基地に入るのはムリです。
でも入れないこともないんです。週末は各基地の中でフリーマーケットが行われているので、基地内を自由に散策できるわけではありますがアメリカンな雰囲気を味わうことができるんです。出品者も外国人で、基地内の売店でも軽食がとれるので気分は海外旅行気分!それもそう。基地内はカリフォルニア州なのです。時間があれば朝食がてらのぞいてみてはいかがですか?フリーマーケットが行われている日程は下記です。

●キャンプシ−ルズ(沖縄市)
第1・第3土曜日と日曜日/AM7:30〜AM10:00

●キャンプコートニー(具志川市)
第2・第4・第5土曜日と日曜日/AM7:30〜AM10:00

●キャンプキンザー(浦添市)
第3土曜日と日曜日/PM12:00〜PM3:00

●キャンプフォスター(北谷)
第1土曜日と日曜日/PM12:00〜PM3:00
フリーマーケットは日程が変更されたり、中止になる場合がありますので、出かける前に電話で確認してください。
【問合せ先】 MCCS Special Events
電話 098-892-5111 内線 636-3567/3569
(パルス音のあと内線番号を押して下さい。日本語OK!)
2004年04月29日
トラベルアドバイザーのおすすめビーチ1「見つける喜び・・・」
最近色々な雑誌やインターネットでも紹介されているミッションビーチ。沖縄に来たときから「芸能人が来るらしいよ」とか「撮影で使われたらしいよ」などとよく噂にきくビーチでした。とてもとても気になるビーチだったのですが、ん〜ビーチで遊ぶだけなのに有料!?!と、いう理由からまだ一度も行ったことのないビーチでした。しかし先日ようやく初です。撮影で行った初ミッションビーチ。感動ーーーーーーーーーーーーーです。有料だから行かない!と、言ってたあたしがバカだった。。。300円であのビーチを体験できるなら行ったほうがいい!きれいな白い砂浜にきれいなエメラルドブルーの海。さすが天然ビーチ!ビーチ・施設含めてすべてがアメリカンチックでおしゃれです。そのまま外人さんが寝転び本を読む姿が想像できます。私が訪れたときはカップルが1組とファミリーが1組だけだったのですが・・・2組とも絵になる雰囲気でなぜかとてもうらやましかった。きっと私の興奮状態でのこの説明ではミッションビーチのよさは伝わらないと思うのでぜひ撮影した映像を見てみてくださいね。
今度はぜったいミッションビーチでのんびりするんだ!!!
場所はとてもわかりにくにいと思いますが、那覇から58号線を恩納村のリゾートをずーーーっとまっすぐ名護方面に向かうとみゆきビーチをすぎたあたりから左手に注目していると見えます。見つけた人だけが体験できるまさに穴場のプライベートビーチ。
2004年04月28日
トラベルアドバイザーおすすめドライブ2「海の中を走るの??」
「海の中を走るの??」
沖縄の地図を見ると与那城町と平安座島〜伊計島をつなぐ道で「海中道路」と表記してあります。何も知らなかった頃私は水中にトンネルがあってそこを通ると思っていました。私の妄想はかなりふくらみ透明のトンネルでお魚鑑賞もできると思ってたので、やるぅー!沖縄!と感激してました。(もしそうだったらいくら渋滞してても飽きない!)しかし実際は与那城町と平安座島をつなぐ橋で海中ではなく海上道路だったのですね。左右には海が広がっているので目の前は海を見ながらのドライブが楽しめます。
途中海中道路ロードパークがありあやはし館では海を見ながらランチバイキングが楽しめる旬鮮レストランやパーラーなどの休憩スポットがありドライブには最適!
2004年04月28日
トラベルアドバイザーおすすめドライブ1「R58」
先日久々に那覇から名護まで国道58号線をドライブしました。最近高速を使うことが多かったので久々に走る58号線は新鮮でした。58号線とは沖縄に来るとほとんどの方は利用すると思いますが、沖縄では、那覇から西海岸を通って沖縄の最北端国頭村奥まで北上できるメインの国道(本当は鹿児島鹿児島市が起点で終点は沖縄県那覇市だそうです。)で沖縄では”ゴッパチ”とよばれ親しまれています。
実はこの”ゴッパチ”に私の一番好きな景色があります。
琉球村からさらに北上するとリゾートの玄関”ルネッサンスリゾート沖縄”というホテルがあります。今までずっとお店や木を見ながら走ってきてここからは海が目の前に広がるのです。特に晴れた日は海がピカピカ光り、リゾートへ歓迎してくれます。
沖縄といえど那覇市に住んでいるとリゾート地沖縄に住んでいる感覚を忘れてしまいますが、やはりここに来るとリゾートにいると思わせてくれます。
今度は高速を使わず”ゴッパチドライブ”はいかがですか?
2004年04月28日

←前のページ    次のページ→