沖縄旅行・観光:トラベルアドバイザー沖縄旅行・沖縄観光:ゆくるTV
SIDE CONTENTS
沖縄旅行・沖縄観光:宿泊
沖縄旅行・観光:交通情報
沖縄旅行・観光:歴史・文化
沖縄旅行・観光:観光・行楽地
沖縄旅行・観光:体験
沖縄旅行・観光:たべる・のむ
沖縄旅行・観光:ショッピング

パグ太郎さん(女性@滋賀県)からの質問「再来週、初めての沖縄に旅行する予定の者です。沖縄の道路状況についてお聞きしたいことがあり、質問させていただきました!今度、レンタカーを借りて沖縄に旅行するのですが、実は免許を取ったばかりで、それほど運転に慣れていません・・・観光客の方も多く、きっとタクシーも多いんだろうな・・・と想像しているのですが、沖縄の方(タクシー含めて)の運転は穏やかなのでしょうか、それとも荒いのでしょうか?」
沖縄の道路自体は簡単で単純なので運転は問題なくできると思います。しかし、バグ太郎さんがご心配されている通り、車がとても多く観光客のレンタカー、タクシー、それから車社会の沖縄ですから、地元の人など大変、道は渋滞が多いです。沖縄の方の運転は穏やかな方ですが、タクシーやバスは荒いほうだと思います。那覇市内の運転は大変だと思いますが、高速やリゾート方面の道路は比較的穏やかに運転できますよ。
2004年09月13日
ringoさん(女性@四国)より質問「沖縄では標識がきっちり設置されていないので,レンタカーの移動で迷子になる人がかなり多いと聞きました。実際はどうなのでしょうか?また,車だと街中で駐車場がないなど困ることは多いでしょうか?私はできればレンタカーで自由に行動したいなと思っているのですが・・・。」
沖縄の道は比較的簡単に運転できると思います。メインの国道58号線を走れば大丈夫!現在レンタカーでカーナビがついてないものも少ないと思います。街中の駐車場もコインパーキングなども多いので駐車場も困ることはあまりないと思います。ただ、道路は那覇市内、中部の北谷町あたりは大変混みあっています。なかなか進まなくてイライラするということも多いと思います。
2004年09月13日
トラベルアドバイザーの方言教室第5回「〜しましょうね」
沖縄のまぎらわしい方言〜しましょうね。去年、沖縄ではしましょうねキャンペーンというのが行われていましたが、この”しましょうね”は一緒にしましょう!という意味ではないのです。例えば、「そろそろ行きましょうね」とは、一緒に行こうねではなく、自分がそろそろ行くという意味です。なので、誘われてるのか?最初戸惑うことが多かったです。しかし、これは沖縄の人のやさしい言葉なのですね。きっと沖縄に来たら、この”〜しましょうね”を色んなところで体験できると思いますよ。
2004年08月26日
トラベルアドバイザーの方言教室第4回「ないちゃー」
一昔はやりましたよね?アムラー、シノラー(古すぎますか??)そんな単語ができる前から沖縄では言われていました。”ナイチャー”。内地(本土)にerがついてナイチャーで沖縄県外の人という意味です。反対語は”うちなんちゅー(=沖縄県内の人)”です。両親が沖縄県外の人だったら”うちなんちゅー”と呼ばれることはないので、きっとその子は産まれた時から沖縄に住んでいても”ないちゃー”と呼ばれることでしょう。うちなんちゅーの人が”ないちゃー”と”うちなんちゅー”を見分ける判断は、名前・顔・話し方です。私の場合、いまだに観光客扱いです。市場に買い物に出かけても、「今日帰るね(今日内地に帰るの)??」と声をかけられます。いいのやら?悪いのやら??独特の生活文化のある沖縄では日常なのです。
2004年06月18日
トラベルアドバイザーの方言教室第3回「うみんちゅ」
ちょっと昔に流行った”海人”Tシャツ。さすがに最近、大阪の梅田で着てる人を見かけたとき、さすがに”ドキッ”としましたが・・・海人は”うみんちゅ”と読みます。漁師さんの意味です。発音がかわいいですよね。海人が有名になりましたが、他にはBEGINの歌詞にもでてくる島人で”しまんちゅ”や畑人で”はるさー”や旅人で”たびんちゅ”などがあります。これが本当の方言なのかどうなのかは疑問ですが、なんでも人とつければそれらしいのでやってみましょう!人は”ちゅ”と発音すれば大丈夫のようです。漢字を見る限るそのままの意味なので、きっとなんでもいいものと思われます。と、すると沖縄の人は芸人・新人・職人・商人は何て言うのだろうか?大人・小人までも違うかな???気になります。
2004年05月26日
トラベルアドバイザーのおすすめ「首里城の幻想的な夜」
首里城夜景私が今まで見たことあるお城といえば、地元富山の富山城、大阪城、姫路城、名古屋城。そして、東京ディズニーランドで見たシンデレラ城。シンデレラ城は物語でのお話ですので、ここでは置いとくとして・・・・
お城にはお堀があって、石垣があって、桜が舞ってて、城全体は黒い感じ。そんなイメージです。日本史に興味のある男の子なんかはよく、
「この城は攻めやすいな!」「俺ならこう攻めるな!」などととてもマニアックなお話をするところでしょうが、私は日本史が苦手…。でしたので
誰にでも簡単に楽しめるお城のお話をしたいと思います。
私のお城の固定観念をやぶったのが沖縄の首里城。あんなに鮮やかな色。そして刀を持った武士は似合わなさそうな建物。今まで見たことのあるお城とは大違いです。
それもそのはず。ここは元々琉球王朝として独立していたひとつの国で中国の影響が強いそうです。
さて、首里城といえば多くの人は昼間に訪れているようですが、私がおすすめしたいのは夜の首里城です。
シンデレラ城も夜になると美しくライトアップされディズニーランドのフィナーレをかざります。あまりの美しさにまた来たいな!と感動しますよね。
首里城も日没からきれいにライトアップされ神秘的な姿を見ることができます。
夜空に浮かび上がる首里城の姿は”さすが!沖縄のシンボル!”と感動させてくれます。
それから、首里というのは高台なのでおしゃれな夜景スポットになるんです。
首里城の外堀が芝生になってて、いつも若者たちがカップルや友達どおしでにぎわっています。三線片手に歌を歌ってる人もいました。
私は家から首里城まですぐ近くなので、夜の首里城には何度も行きました。
お友達と近くの売店で飲み物を買って、静かに語り合う夜もありました。そんなロマンチックに沖縄の夜のフィナーレを飾るのはいかがですか?

首里城のライトアップは
毎日、日没〜PM11:00頃までの予定です。
※ただし、機器の整備・点検等により点灯しない日もあるそうですので、詳しくは首里城へお問い合わせください。
(首里城閉館後の有料区域・無料区域への入場はできませんので、外より夜景をお楽しみください)
(財)海洋博覧会記念公園管理財団
首里城公園管理センター
【住所】〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2
【TEL】098-886-2020 【FAX】098-886-2022
2004年05月14日
トラベルアドバイザーの沖縄方言教室第2回「ゆくる」
そう!そう!大切なことを忘れていました。このサイトの名前の”ゆくる”も方言でした。
まずはこの”ゆくる”から説明しなければいけませんね。
響きがとてもかわいい言葉だと思いませんか?
実は私もこの言葉を知ったのは、このサイトの名前を決める会議だったのでとても最近なんです。
大阪に”くくる”というたこ焼屋さんがあり・・・”くるり”というバンドがいたり・・・
告白するということを”こくる”と言ってみたり・・・
全然関係ないのですが・・・響きもかわいいし、なんとなーく親しみやすい言葉かな?と思いました。
”ゆくる”とは”休む”という意味だそうで、このサイトには見た人が癒された気持ちになってゆくってほしい!
という意味をこめてゆくるTVという名前がつきました。
58号線沿いを那覇方面から名護方面に向かうと、恩納村に”なかゆくい”という休憩所があります。
ドライブに疲れたらそこで”ゆくって”行きましょう!
そして仕事や作業に疲れたらこのゆくるTVで”ゆくって”ください。
2004年05月13日
トラベルアドバイザーの沖縄方言教室第1回目は「まーさん」
私は出身が富山です。富山には富山弁があり、うちの父・母は流暢な富山弁をしゃべります。そんな流暢な富山弁を話す親を持つ娘の私は、高校卒業後大阪へ行ってしまったため、富山弁は話せませんが、関西イントネーションチックな標準語を話します。関西弁はかなりインパクトが強いのでうつってしまいそうですが、私は大阪の北摂地区とよばれるところに住んでいて、わりときれいな言葉を話す人が多かったのと、仕事柄色々な地域の方と話すことが多いのできれいな言葉になりました。
そんな私が沖縄に住んでもう5年目。話し方は相変わらず関西イントネーションチックな標準語です。沖縄の方言は単語で意味はわかりますが(英語みたいだな。この表現)話すことはできません。
そんな私が皆様に方言を教えることなんて!偉そうな話ですが・・・海外の旅行のガイドブックにのってるちょこっと会話集みたいなものと思っておつきあいください。
では・・・第1回目の今日は”まーさん”。
この言葉は私が沖縄に住んではじめておぼえた言葉です。ある日スーパーに行くと、お肉のパックに”まーさん”と書かれたシールが貼ってありました。お肉で”まーさん”といえば、”まー産=沖縄産”だと思った私。かしこい!と思ったのですが、だとすると”まー=沖縄”になってしまいます。違うな。と、思い店員さんにたずねると、「”おいしい”という意味ですよ」と教えてくれました。もしスーパーに行く機会があれば、ぜひ”まーさん”シールの貼ってあるお肉をご購入ください。おいしいですよ。ちなみに・・・とても無責任な話ですが、どう使うかは知りませんので、皆様ご自由に”まーさん”をお使いください。イタリア語の”ボーノ”みたいな感じでお使いいただければ大丈夫かと思います。
では、次回の方言教室をお楽しみに!!!!
2004年05月12日
ジロゾー(27歳女性@大阪府)さんよりご相談「シーサーはなんで屋根の上にいたり玄関の入り口にいたりバラバラなんですか?」
ジロゾーさんはとてもするどい視点ですね。そうなんです。シーサーは本来、赤瓦屋根の上におかれる守り神だそうですが、近年予算の問題や時代の変化でコンクリートの家が増えたために屋根の上だけでなく玄関の入り口など色んな場所から家を守るようになったそうです。
最近ではピースしたり仲良く寄り添うシーサーなどおちゃめなシーサーもたくさん登場してるので沖縄に来たらぜひ色んなシーサーを探してみてください。おもしろいですよ!
2004年04月30日
トラベルアドバイザーより提案2「友達の結婚式で三線を・・・」
私の友達の”ぢゅん”は東京から沖縄に住み始めて3年。すっかり沖縄色に染まっているこの頃なのです。今度東京の友達の結婚式があるそうで、「せっかくだから三線を弾こう!」と練習はじめました。曲はBEGINの「島人の宝」です。
♪僕が生まれた〜この島の空を〜僕〜はど〜れくらい知っているんだろう♪という、みんなの知っているもの以上に島の人々にとっては大切な宝物があると歌ったすばらしい歌なのです。その曲を結婚式というすばらしい舞台でプレゼントしよう!ということだそうです。なんとも粋なことをするなぁ〜と少々関心してしまいました。
日本中のどこかで三線の音色が流れて、誰かが沖縄や沖縄の情景を思い浮かべる。なんて素敵なことなのでしょう。
三線は楽器をやったことのない人でも簡単に始められる楽器です。
まずは手軽に三線を始めたい!という方には”かんから三線”があります。
沖縄県読谷村にある「むら咲き村」ではかんから三線作りが体験できます。料金も3,000円くらいなので完成したらまずは”チューリップ”からチャレンジしてみましょう。
http://www.murasakimura.com/
2004年04月28日

←前のページ    次のページ→